FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

朝まで踊る

僕が今棲んでいる三重県は桑名市。

ここにはユネスコ無形文化遺産にも登録されいている
伝統的な祭が存在する。

石取り祭、という。

何の因果か、僕の棲家はその祭の中心地。

ところが、元々の地元民ではない僕は参加していない。

町人同士が独特の絆みたいなもので結ばれているこの町では
所詮僕などはよそ者に過ぎない。

みんないい人達だ、僕がその気になれば仲間に入れてくれる。

問題は、プライドが高い僕にはハードルが高すぎる。

僕も仲間に入れてください、何か手伝わせてください!

そんなことを言うのは、僕にとっては簡単なことじゃない。

いずれにせよ、この祭は地元の主催者側と見物人とに分かれる。

性格上、主催者側でいたいが、今の僕はそのどちらにもなれない。

よって、僕にとって、祭の時期はただ騒がしいだけの憂鬱な時期だ。

このフラストレーションを晴らすべく、誰でも参加できる参加型の祭に
参加することにした。

郡上八幡の盆踊り。

そう、夜通し朝まで踊り狂うやつ。

この祭は、誰でも自由に参加できる、僕みたいに踊りに覚えがなくても
まったく問題ない。

地元の祭のうっぷんを晴らすべく、下駄を鳴らしながら朝まで踊り狂ってやった。

汗だくになり、ろくに振り付けも分からない中、とにかく踊る。

節も朝まで生演奏、伴奏も歌もずっと生演奏。

独特の節廻しやタメがあったり、自分の中の大和魂が呼び覚まされる。

覚醒するとか、高尚なことは分からない・・とにかく楽しい(笑)から仕方ない。

日本古来のクラブであり、トランスミュージック

僕はそう感じた。

来年はもう少し上手に踊りたいな。
スポンサーサイト



  1. 2019/09/02(月) 06:14:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

JAGATARA

「やっぱ自分の踊り方で踊ればいいんだよ。」
と言ったのは江戸アケミだった。 

 彼はこうも言っている。

「率直に言うとさ、救われたいんだよ。 けど、宗教は嫌なんだよ。だから、何に救われたいかって言ったら、リズムで救われたいんだよ。リズムで以って救われるって事が、音楽やる奴にとっても音楽聴く奴にとっても最高の事だと思うよ。」  

  1. 2019/09/04(水) 02:14:41 |
  2. URL |
  3. Shrimp #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zoomarhythm.blog.fc2.com/tb.php/1171-aac08ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)