FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

ライブでのミラクル

我等がラバーズ、先日のライブにて奇跡を起こす

長いバンド人生で初めて

ライブ中、3曲目にしてボーカル酒向君の様子がおかしい

それにつられて僕のドラムもおかしくなった

3人中、2人がおかしくなったら、まず元には戻らない

滅茶苦茶になっておしまい

ところが、この日は違った

酒向君につられておかしくなりかけた僕のドラムが
踏みとどまった

だけではなく、彼の様子を見計らい、あり得ないタイミングで
のフィルイン

カウントという名のフィルイン

これを合図に何と、元に戻った(笑)

奇跡的な呼吸、奇跡的なアドリブ

まぁ、たまたま、ホントたまたま出ただけ、無意識に

なぜあんなことができたのか、自分でも分からない

かっこよく言えば、同じメンバーでもう十年近くセッション
やってきた成果、とか・・

僕が注目したのは、難を奇跡的に免れたことよりもだ、他にある

酒向君がなぜ、おかしくなったのか?

それは、ゲロが口まで上がってきて、ごっくんしたせいらしい

そして、このゲロ話の酒向君のMCが過去最強にイケてたこと

さらに、僕が彼につられておかしくなったこと

本来、ドラマーはつられてはいけない、ちゃんと仕事をしないと

ところが、僕はそうは思はない

彼のボーカルやギターを自分の音以上に聴けている証拠

周囲の音がちゃんと聴けているからこそ、つられる訳で

つられておかしくなったことを、むしろ評価してあげたい

まぁ、バンドやってりゃ、こんなこともあるわな・・

僕は、これを奇跡と呼ぶ
スポンサーサイト



  1. 2019/11/19(火) 13:26:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

革命

スマホを手に入れ、アップルミュージックが友達になり、

次いでワイヤレスイヤホンが身体の一部になった。

すると、どうだ、常にお気に入りのナンバーが鳴りやまない。

このままいくと、じきに鼓膜がやられるんじゃねぇか・・

いや、耳穴から脳みそでも出てきやしねぇか・・

なんて、マジでそう思う。

でも、やめられない、止まらない・・音楽の、音楽の何か。

何よりも出かける時、ワイヤレスホン忘れることが一番
困る、てか、テンション下がる。

自分て、こんなに音楽聴くの好きだったけ?

そりゃバンドマン、音楽好きに決まってる

にしても狂ってる、狂ったように音楽を貪っている。

バンドの為に、ドラムの為に、とかそういうのじゃない。

純粋に聴きたくてたまらない、時間が足らない。

音楽を聴く時間が、まるで足りない。

イヤホン耳にぶっこんだまま寝落ちしてる俺、いよいよヤバい。

小学校のときに覚えたオナニー

中学、高校と狂ったかのように、こきまくったが、まだ飽きない。

音楽聴くこととマスを一緒にすんなって、わかるよ。

でも、俺は興奮してる。

スマホ、アップルミュージック、ワイヤレスホンで

人生に革命が起きた、マジで。

CD買っては、借りては、カセットテープにMDに音源をコレクションして、
中古のレコ屋をハシゴして、バンドを追いかけてきた世代なら分かるはず。

県外の中古レコ屋まわって、やっと見つけたマニアックな音源、

それこそ穴があくまで聴いた。

それが今では、検索したら、ほぼヒットしてダウンロードできちゃう。

これが、僕等の世代にとって革命と言わずして何だろう。。

いい革命か悪い革命か、それは僕には分からない、がしかし。

僕の生活は、革命的に豊かになった、これは事実。

人生には、幾度もの革命があるものだ、ひとそれぞれに。

この出来事は、僕の人生における間違いなく革命の一つに
なるだろう。
  1. 2019/11/15(金) 15:11:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スウェーデン、ブラボー

先日、久々に国外バンドと対バンした。

スウェーデンのバンド、The Bongo Club

アップルミュージックから音源は聴いていたし、動画も観た。

予習はバッチリ。

当日、生で見てビックリ、予習は無意味だった。

音源より動画より、ライブがカッコ良過ぎた。

カッコよくて、笑えてきた、そして身体が自然に動いた。

そんなライブ、いや存在感。

一々カッコいい、顔、髪型、ファッション、仕草・・

演奏能力は、それなりにって感じだけど、ステージから放つ彼等の
オーラときたら

色気なのかなぁ・・

自分達のライブそっちのけで、とにかく彼等のライブを楽しんだ。

感動とか、涙が、とか、そういうのとは違う。

カッコいいから笑える、そしてノレる、やっぱそれにつきる。

楽器の巧いヘタは別にして、日本人にはどうしても出せない何かがある

何なのだろうか?

もう真似しても仕方ないレベルで我々には出せない音の出し方?空気感?

僕は、彼等のジャパンツアーに1日だけでも名古屋で一緒にやれた
ことを誇りに思う。

日本人として、名古屋代表として、彼等に失礼のない演奏はしたつもりだ。

にしても、ありゃモテるだろうなぁ。。
  1. 2019/11/07(木) 13:22:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0