FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

アイドルワイルド

かれこれ20年程前だろうか、中古CD屋で物色していると

風変わりなバンドを見つけた

「アイドルワイルド」

ジャケ買いしたのはいいが、当時あまり聴かず、また貸しの挙句

どこかへ消えたCD

最近、気になりアップルミュージックで検索してみると

出てくる出てくる

僕が当時持っていたのは、90年代の作品らしい

2002年のアルバムをダウンロードして聴いてみた

結論から言うと、目茶苦茶いい!

いわゆる良質なロックってやつ

アメリカでもない、イギリスでもない空気感

確か、スコットランド出身だったかなぁ、記憶曖昧・・

スマホ、アップルミュージック、こういう出会いがあるからたまらない

我等がラバーズのリーダー酒向君が言っていた気がする

アップルミュージックは、バカみたいにデカイCD屋で音源を
視聴しながら、物色しているようなもんだ、と

1日中いれるCD屋

当時を考えると、バージン、タワレコ、HMV辺りがワンフロアに集まったような?

スポンサーサイト



  1. 2019/10/30(水) 11:05:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

タイトル

タイトルって大事ね

曲を一言で言い表したものが、タイトル

言いたいことを一言にまとめる

意外とセンス問われるよ、これ

レコーディングを待つ、くれいぢの新曲たち

まず、1曲目のレックは1月になりそう

タイトルは

「はじまりの詩」

このタイトルから、どんな曲を想像しますか?

お楽しみに
  1. 2019/10/28(月) 17:54:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いちファンとして

我等がラバーズ、新曲がなかなかできない

ライブでできない

おそらく楽曲製作については、僕が一番ハードル低い

カッコいいじゃん、次ライブでしよ!

僕は大抵そうなる

ギターの安井君が、一番厳しいのかもしれない

なかなかオッケーが出ない

バンド内に彼のような存在は絶対に必要だとも思う

彼がバンド楽曲において、番人のような役割を果たしてる

楽曲の番人、だ

なかなかライブで披露できないもどかしさはあれど、

そんな彼が好きだ

我が地元バンド、三重のくれいぢ、こちらもレコーディングの
準備を着々と進めている

前作をリリースして何年が経っただろう、楽曲のクオリティーは格段
に上がっている

演奏技術がついていかない・・みたいな

曲もかなりストックが出来てきた、レコーディングは長丁場になりそう

集中力の持続、モチベーションの持続、体調管理、ライフスタイルのバランス・・

これらがキーになる

演奏に関して、やるべきことは分かっている、アイデアは枯渇してない

あとは、やるのみ

何より、ギターボーカルのきょうちゃんから届いたラインが、
出来上がりを予言している

あまり核心的なことは言わない彼にしては・・

「レック楽しみや、早く録りたい」

これが、僕の何よりのモチベーション

ライブハウスで、レコスタで、PAさんと、エンジニアさんと、
出合ってきたバンドマン達と

必要なことは、全て現場で学んできた

この経験値を今回のレックに全て詰め込む

くれいぢの作品を僕が一番楽しみにしていると思う

もはや、くれいぢのドラマーは僕ではない感覚

いちファン目線から、彼等の音源を渇望してる

頓挫せず、よくここまでこれた

だるまに目を入れる日も近い



  1. 2019/10/27(日) 09:06:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新曲の原点

我等がラバーズの新曲、今年に入ってようやく2曲目が見えてきた

練り上げた形跡ゼロ

売れる兆しゼロ

カッコよさマックス❗️

完全に三人のセッションから拾い上げた衝動と妥協と、手グセの集大成‼️

セッションを瞬間冷凍、

ライブのときに、温めて召し上がれ、みたいな

いい曲できそう

我等は、とてつもなく不器用なバンドだ

練り上げると、曲が死ぬ

生まれたまんまが一番カッコいい

  1. 2019/10/09(水) 21:48:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリムト

たまたま、暇?ができた

暇なんて、あるはずねぇのに

雨降りそうだ、散歩は諦めよう

そうだ美術館行こう

メナード美術館、閉館日

なんだよ

豊田市美術館へ、いざ

平日なのに、駐車場ですでにえらい混みよう

着いてビックリ、なんとクリムト展やってやんの

早く言えよ〜そりゃ混むわ

つうか、超ラッキー、たまたまクリムト見れるなんて

初クリムト

油絵と金箔使いのアレ

クリムトの自宅には、常時数人の女が素っ裸でうろついていたらしい

中には妊婦も、明らかにお前のガキだろ、みたいな

気が向くと、女にウインク、その女は静止し、デッサンが始まるというが

実にカオティックな空間

羨ましい、、なんて
  1. 2019/10/08(火) 21:28:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0