FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

傍観と表現の狭間で

ここんとこホントに受身を満喫している。

有り余る表現欲が影を潜めている。

我が、我が、我を見てくれ!的な。

ブログの投稿数が最近少ないのも、そのせいだろうか。

自分で文章を書くより人の作品を読んでいたい。

音楽も読書も、生活全般に言えるか・・どことなく受身だ。

今はそういう時期なんだろう、きっと。

素晴らしい作品を見たり聴いて感心すればする程、

自分も何かを表現しないといけない、そんなどこか強迫観念
じみたものにも苛まれてきた、ずっと。

人の表現にあれこれとケチをつけるくせに、自らは表現もろくに
できないような傍観者には絶対になりたくなかった。

それならば、ボロカスにこき落とされたとしても表現者でありたい。

その気持ちは今も変わらないが・・変わらないつもりでいるが・・

こればかりは、心境の変化ってやつなのかもしれないとか。

個人的に、表現とは搾り出すと言うより、溢れ出してくるもの、
滲み出すもの、そう認識している。

ほっておいても滲み出し、いずれ溢れだす、それくらいに強烈なもの
でなくてはならないし、意味がない。

そんなことを思いながら、我等がラバーズ明日のリハに備える。

酒向くん、インフルエンザは撃退したかね?
スポンサーサイト
  1. 2019/02/07(木) 17:08:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

演奏者である前にリスナーであれ

無性に音楽が聴きたい。

何かをしながら聴いたり、聴き流したりするのではなく。

ただ単純に何の目的もなく、音楽だけをゆっくり聴いていたい。

これまで表現することに躍起になるあまり、いいリスナーではなかtった
気がしている。

いい画家はその観察力が凄まじいように、いいバンドマンは
いいリスナーであるのかもしれない。

ということでとりあえず、何の脈略もなく

ブライアン・アダムスのアルバムを5回ほど繰り返して聴いた。

これまで彼の音源をここまで真剣にちゃんと聴いたことがなかったが、
持っているだけで満足していたが・・

いいわ。

後世のミュージシャンが彼の影響を受けまくっていることもよく分かる。

次はジミヘンを繰り返し聴いてみようと思う。

もちろん何の脈略もなくだ。

長野に俺の音楽の幅を広げてくれたヘビーリスナーの友人がいるが、
彼などは間違いなくいい表現者になるだろと思う。

いい加減、作品出せばいいのに。
  1. 2019/02/01(金) 17:09:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad