FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

単行本の重み

とにかく暇さえあれば読書する。

何を差し置いてもという訳ではないが。

暇というか隙間時間ができると、すぐさま本と手に取る。

ある時から、書籍は専ら文庫本派になっていた。

読書ノートをつける為に、本を折ったり、マーカー引いたり、
メモを書き込んだり。

読み終わる頃には、もうボロボロで、抜け落ちてくるページすらある。

しかし、最近になって、一冊一冊丁寧に扱い何度も読み返す楽しさが
勝ってきた。

こうなると俄然、文庫よりは単行本(ハードカバー)の方がいい。

綺麗なまま読み終えた本は売ることもなく、本棚に戻される。

綺麗な単行本は、本棚に戻された瞬間、いいオブジェになる。

単行本が本棚にぎっしり並んでいる様は、見ていて実に気持ちいい。

そしてまた気が向いたときに読み返す。

性格なのか、どうもボロボロになった文庫本は再読する気になれない。

文庫本より随分高くついてしまうが、最近は専ら単行本派だ。

文庫を待たず、新刊の単行本(ハードカバー)を読み漁るのは最高の贅沢
だとも思う。

ページをめくるときの感触、しっかりとした製本、しおり紐、ブックカバー
そして何より重みがいい。

持ち歩くには少々難儀だが、それもまたオツ。

ハードカバーの書物には、読物以上の重みを感じる
スポンサーサイト



  1. 2019/01/23(水) 14:07:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人のバイブル

あなたのバイブルは何ですか?

長時間世間話をする機会に遭遇すると、聞いてしまう質問。

つい先日も何時間も世間話をする機会に恵まれ、同年代の
男性に問うてみた。

彼は即答した。それはサミュエル・スマイルズの「自助論」だという。

この書物の素晴らしさを説かれたので、「僕も読んでおきますよ」と
答えておいた。

すると、たまたま貸出図書を見つけた。

これは、今読むしかないというので、さっと読んでみた。

なるほど、彼がこの書物から影響を受けているのがよく分かる。

倹約の大切さを説くこの書物同様、日頃の彼は実に倹約家だ。

この書物にかかれば、俺などちゃらんぽらんな人間は、確実に堕落しくという。

確かにそうだ、倹約や計画性どころか、もらった金はすぐに使い果たしてしまう。

こういう読んでいて頭が痛くなるような書物は、自分ではなかなか手にしない。

人のバイブルを読むと、改めて自分を見直すいい機会になる。

この書物が名著が否か、俺には分からないが、読めてよかった。
  1. 2019/01/22(火) 17:34:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バードマン

たまたま目茶苦茶いい映画に出会った。

「バードマン」

撮り方、キャスト、演技、メッセージ全てにおいて。

特に音楽。

シーンに合わせた音楽がドラムだけで構成されている。

また、そのドラミング自体がヤベぇ。

フレーズとか音作りとか明らかにジャズのそれだと分かる。

でも、スタンダードなそれとは違うし、手数やテクニックだけのそれ
とも違う。

映画の中で映像と相まって完全に「生きてる」音だ。

無性にドラムが叩きなる映画だった。

感性に問いかけてくる映画は、何度も観たくなる。

いやぁーよかった。

好きな洋画ランキングベスト5に入れようと思う。

プレデター

コンスタンティン

マトリックス

バードマン

・・・

ベスト5を選ぶことが酷だなぁ・・


  1. 2019/01/18(金) 09:53:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついに名言生まれる

昨年年末、今年年始とも、本当に有意義な独りの時間をもてた。

一日中、読書したり、足湯したり、焚火したりで。

いろいろと考えることはあったが、これまであまりに
窮屈に生き過ぎた。

自己啓発書の類を読み漁ったり、スピリチュアルに傾倒したり
いろいろなことを学び感じ取ってきた。

でも結局のところ、ストンと腑に落ちる感覚は、自分自身で見つけるしかない。

いろいろなことが頭をよぎる連休中、一つの言葉が降ってきた。

全ては暇潰しのつもりでやればいい。

そこでオリジナルの名言が生まれた。腑に落ちた。

人生、暇つぶし!
  1. 2019/01/16(水) 12:54:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/16(水)ライン@掲載記事「衝動的プロパガンダ」

去年、我等がラバーズのスタジオワークおさめは、
クリスマス前だった。

随分と早くにおさめて、ゆっくりと年末年始を迎えた。

そんなスタジオおさめの日から新年の宿題。

今年はどんな活動すんべ?

結局のことろプロパガンダ(布教)で行き詰る。

今年はどんなバンド活動しようか、このことをメンバー間
で議論して共有できること自体が超ハッピー!

年末年始、俺は独りいろいろと考えを巡らしたものの、
結果、やりたいことがやりたい、やりたかったことがやりたい。

と、まぁ、こうなった。

何の目的で、どんな意味があって、誰の為に・・・とか

そういうのは一旦棚上げした。

俺はバンドマンだ。

バンドマンとしてやりたいことをやる。

そんな俺の意見に我等がラバーズの二人は共感してくれた。

具体的に何がしたいの?という彼等の問いに俺はこう答えた。

曲作って、レコーディングして、ツアーして、ポスター作って貼りまくって・・

そう、そんな当たり前過ぎることを、何も考えずに、全力でやり切る。

クオリティーとか、結果とか、目的とか、意味とか、そんなことは無視だ。

とにかく衝動的に。

これまで培ってきた経験を総動員して、衝動的な活動にしたい。

俺は1月12日で39歳になった。

30代最後の今年、後悔しないように。

横浜、東京、大阪、京都、福井、四国、これまで
遠征した場所のみなさん、再会しましょう。

そして未開の地をも開拓するぜよ。

サンキューの歳、感謝を忘れるなかれ。

39
  1. 2019/01/15(火) 17:09:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレデター

昨年公開の映画「ザ・プレデター」

これまでのプレデターシリーズは全て観ている。

つまり好きな映画の一つなのだ。

今回のシリーズ最新作はぜひとも映画館で観たかったが、
何か嫌な予感がしたので辞めておいた。

ゲオで新作を早速レンタルしてワクワク気分で観たところ、
嫌な予感的中!

期待ハズレ感がパねぇ、思っていたのと違う!だ。

たぶん、普通によくないと思う、俺は。

というか、シリーズ最初の作品が良過ぎた。

最初で最期だ、まさに。

最初で全てが完結していたのだ。

口直し的に最初の作品を観たくなるほど、今回のはよくなかった。

CDでもよくある、俺は。

何だかんだで何枚も作品出しているけど、結局ファーストが一番って
いうバンド。

この映画を観て何を得たのか・・得に何も。

何も考えずに観たかったから観た。

これでいいのだ。
  1. 2019/01/11(金) 11:11:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偽りの感性

これまで散々、感性を大切にしているとかほざいてきた。

感性で生きているとも。

俺は年末年始、砂浜で焚火をしながら考えた。

それはどうやら思い込みだった。

これまで自分が感性だと思い込んでいたもの、行動や思考は
頭がでっちあげた代物だということに。

自分の中のルール、理想、憧れ、良心・・・プライド・・

などによってがんじがらめになっていたのだ。

未だに背伸びし続けている自分、身の程を知らない自分。

そんながんじがらめの中の感性、そして直感・・

それはもはや感性とも直感とも呼べないものなのではないか。

年末年始、ひたすらに直感に従って行動した。

恐ろしくどうでもいいようなことを、楽しんでいる自分がいた。

それやって何の意味があるん?

てなことが実は好きなんだな俺は。

焚火して、足湯してたら一日が過ぎていたり。

そんな感性、直感から生まれる俺の音楽だったり表現。

それでいいんじゃないかな、今更。
  1. 2019/01/10(木) 13:25:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アバラ骨折疑惑

年末の夜、近くの公園にて男のガチ賭け相撲。

相手は高校3の自称息子、行事は神(カミ)さん。

一本勝負、相撲で俺に勝ったら1万円。

同じくらいの体型の奴になら、負けない・・
とそう思い込んでいる。

ただ相撲が好きなだけで、勝てる訳がなかろうに。

俺が勝っても何も得しない、負けたら1万という
この企画自体がお年玉企画な訳で。

ところが相撲となれば、俺もガチだ。

ライブと同じくらい集中して、力を出し切った。

白星!勝った。

「あかんわ、ガチやもん」と不平を漏らすガキ。

大人気ないと言いたいのだろうか、何ムキになっていると
言いたいのか・・

当たり前だよね、負けたら1万だよ(笑)

君、負けたら1万だったらガチでかかってくるでしょ?ねぇ

ガキから泣きの2回戦「もう一回、頼む」

体力も集中力も使い果たした、気分は力士なのだ。

真剣勝負は一日一番と決まっている。

分かった、受けて立つ、でも次勝っても5千円だ。

気を取り直して、ガチでぶちかました。

白星、2連勝!

「え、またガチやん?」とガキ

バカじゃねぇのか、負けたら5千だぞ、こら!

「ラスト、三度目の正直で、もう一回頼む」とガキ

これが最後だ、勝ったら2千円。

もう集中力も体力も残ってねぇ、多分負けるだろうなぁ・・

負けた。

いよいよ高校3年生元バスケ部男子のガチを見た。

起き上がれない・・腕が脱臼したのか・・腕も挙がらない・・

ガチでやってんじゃねぇよ、おっさん相手に、・・イテテテ(泣)

翌日くらいから明らかに身体がおかしい。

息するだけで左アバラが痛い、くしゃみすると痛すぎて動けなくなる・・

これ、アバラ折れてねぇか?疑惑・・こんな暮によ・・

弱い、そしてダサい。

ガチでやってんじゃねぇよ、マジで。。

君の勝ちだ。



  1. 2019/01/04(金) 17:08:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0