FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

オカン発達障害疑惑

どうやら、オカンは発達障害らしい。

なるほど、そう考えると彼女の言動に説明がつく。

かと言ってこれまで特に違和感はなかったのだが。

それもそのはず、俺自身が発達障害なのだ。

数年前に新しい家族ができ、環境が激変した。

そのおかげもあってか、発達障害の症状が徐々に
薄らいできている。

今、冷静になってオカンや過去の自分を俯瞰するに、
明らかにクロだ。

遺伝と環境

まさにそこからの産物のように思える。

オカンの妹、つまり俺からするとおばちゃん。

この人も昔から相当変だった、今も変わらず変らしいが。

今思うと、明らかにあれは、性格ではなく病気のレベル。

そしてその息子である、俺からすると、いとこ。

彼もまた、当時、相当やられてた。

今はどうなっているのだろうか・・

そして友人の中にもいる。

何か変、何とも言えぬ違和感、それは性格ではなく障害だと
考えると、全てに説明がつく。

自分も含めオカンや疑わしい人間を診察してもらった訳ではないが、
個人的に思うのは、必ずしも正確な診断がされる訳じゃない。

ところが、障害と思えば、全てに納得がいく、説明がつく。

専門家ではないので、まったく未知の世界。

性格は形成されるもの、障害は克服するものだと、そう思う。

自分は発達障害ではないだろうか、自分自身を客観的に分析できる
俺は、障害ではない。

以前、とある専門家にそう言われたこともあった。

まぁ、俺の場合、カミさんが何とかしてくれるだろう。

彼女はまるで俺の主治医だな。
スポンサーサイト



  1. 2018/05/31(木) 13:05:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺達最強なんで

先日のライブは楽しかった。

いつもライブは楽しいのだが。

いいライブって、どんなライブ?

物販が売れたら、それでええんけ?

とか、思う。

楽しい以上に、最高に後味のいいライブだった。

個人的にミスはあったものの、演奏がかなり噛み合ってた。

いいノリが出てたとも思う。

楽屋で我等がラバーズのリーダー酒向君に問うてみた。

なかなかよかったじゃねぇ、今日のライブ?

彼は言った。

「よかったと思う」

「・・・よかったか否か分からないけど・・」

「俺が気持ちよかったから、よかった」

「いいライブだった」

実はね、彼の口からそんなことを聞くのは、これが初めて。

現状に満足したら、そこでおしまい。

みんなそんな気持ちで、これまでやってきた。

とは言いつつ、心の中で常に思っていた。

てか、たぶん態度に出ていた。

「俺達、最強なんで」何か?

みたいな(笑)
  1. 2018/05/30(水) 17:23:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それは障害

よく言えば、群れない生き方。

悪く言えば、ただの孤立。

よくも悪くも俺は、そういう生き方を選んでしまう傾向。

最近、こういう孤立している人を観察していてあることに
気がついた。

周りにものすごく気を遣わせちゃう人とまるで空気のように存在している人。

前者は、かまってオーラが出ているのか否か、周囲が気を遣う、周囲が疲れる。

後者は、ある意味超越してて、まるで空気のように何の害もなく存在している。

最近間近でこの両例を目にすることがあった。

自分と重ねて観ていた訳だけど、前者にだけはなりたくない。

あれはダメだ、その場にいない方がマシなレベル。

後者は凄い、孤立完全体!

もう透明人間か!のレベル(笑)

正直、感心したね、そこまでいけば大したもんだよ、孤立も。

孤立を極めた感。

ところが、後日、後者の孤立完全体の人を見た専門家は言い放った。

「あの子、発達障害だわ」と。

俺は専門家ではないので、発達障害の意味範囲がよく分かっていないが、
何となく分かる気がした。

なるほど、あの孤立感はいわば障害だったのか。

まぁ、確かに、今の世の中じゃ生きにくいだろうなぁ・・

俺は、てっきりその人が持ちえる才能だと感心していたが、障害だったとは。

俺の頭がおかしいのか・・・

才能とか障害とか、紙一重の世界じゃねぇかな。
  1. 2018/05/23(水) 09:20:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自慢

ちょうど夕方の眠くなる時間帯。

昨日は自慢話を聞かされ、さらに眠くなった。

いわゆる成功者の自慢話だったので、独りよがりではなく、
ちゃんと自慢になってる。

自慢のつもりで話していても、自慢話にならない人がいる中で、
ちゃんと自慢ができると言うのは、凄いことだ。

突然、そんな感覚になり、自慢話を聞いていて、「なるほど、立派な人なんだ」
と素直にそう思った。

以前ほど、自慢話にイライラしなくなった気がする。

よく考えてみれば、凄いことだよ、自慢することがあるんだから(笑)

自分を振り返ってみると、ないんだよ、何も。

自慢すること、できることなんて、何も。

ただ、未だに聞いてられないのは、人の自慢をする人達ね。

友達の自慢、先輩の自慢、親兄弟の自慢、こどもの自慢、先生の自慢・・・

で、あなたは、一体?

さらっと自慢してみたいな、いつの日か・・でも

脳アル鷹はツメ隠す

これは名言だ。

  1. 2018/05/22(火) 08:59:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脱食器洗剤

手アレがひどいので、食器洗いは手袋着用を自分に
義務付けている。

ところが何故かゴム手袋がよく破ける。

ゴム手袋の装着も煩わしいが、すぐに破ける手袋もムカつく。

ふと、なぜ手袋が必要なのかを考えてみた。

手が荒れるから。

じゃなぜ、手が荒れるのか。

洗剤だ!

そうだ、洗剤を使わなきゃいいんじゃねぇ?

食器を洗う時、食器洗剤を使うのは先入観。

喰ってすぐ洗うと意外とよく落ちるもんだ。

油でギトギトじゃなきゃ、水とスポンジで何とかなる。

そして洗いとすすぎを同時にできる分、早い、早い。

先入観と言うか、思い込みと言うか・・

そういう世界で我々は生きている気がしてならない。

  1. 2018/05/18(金) 12:51:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただじゃ帰らない

先日の記事に書いたように、タバコ復活からの封印劇。

ただ、何の制約もなしに吸い始めた訳ではなかった。

タバコを復活させるかわりに、間食を一切辞めようと。

口が寂しくなったり、空腹を感じたらタバコを吸うみたいな。

ところが、今またタバコを封印した。

ここで俺はこう考えた訳だ。

タバコを復活させたことは、ある種の後悔の念、意思の弱さ、
怒りの代償行為・・

間食を辞めさせる為にタバコを吸わせたのだとしたら、どうだろう?

結果、間食もタバコも辞めちゃった。

タバコ辞めたし、また間食復活!なんて言っていたらもったいない。

誘惑に負けてタバコを吸った結果、タバコも間食も辞めて帰ってきた。

そうなんだよ、強くなって進化して戻ってきた訳ね。

やっぱり俺は運がいいわ(笑)
  1. 2018/05/16(水) 08:48:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5/15ライン@掲載記事「俺達に何ができる」

やはりライン@用記事は、バンドネタで行こう!

我等がラバーズの曲作りがおもしろいことになっている。

伝えたいことがない。

曲作りの目的意識がない。

歌詞が書けない。

リフが出てこない。

だからと言って真似はしたくない。

カバーも乗り気じゃない。

さて、今の僕達に一体何ができるのでしょうか?

俺が思うにこういうの、スランプって言うんじゃねぇ?

個人的にあくまで個人的に思うのは、一回のリハで1曲作っちゃえば?

とか思う。

ところが、ラバーズというバンド、自分達の納得したものしか演奏しない。

プライド?過信?

自分達すら納得できないようなクソみたいな曲しかかけない、それを受け入れてみては?

センスもテクニックもない、だけどバンドが好き。

だから、クソみてぇな曲をバンドで作っている。

それじゃダメかな?

1回のリハとは言わない、2回のリハで1曲完成、おもしろそうじゃん。
  1. 2018/05/15(火) 06:47:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車中ハッカー

週末キャンパー。

キャンプというニュワンスはちょっと違う。

自分の場合、キャンプしている自覚はない。

テント張っている訳でも、オートキャンプ場を利用している訳でもなく。

週末車中泊をする人だから、週末車中ハッカー。

この呼び方気に入ったわ。

自称、週末車中ハッカー!

最近キャンプする人の動画とか観たりするけど、
テント設営に2時間かけて、キッチンブース設営して、飯の準備。

気がつくと日が暮れているみたいな。

まぁ、それが楽しいんだろうけど。

俺にはちょっと理解できないなぁ・・いろいろ。

自分の場合、ちょっと勝手が違う。

その日、その時で最も快適に過ごせる場所を探す。

次の日の予定や、天候によっても変わってくる。

そして一刻も早く「何もやる事がない」状況を作り出すか。

その場の空気を感じながら、ボーッと。

何もやる事がない状況になって始めて、やりたいことに集中できる。

何もやる事もない、金もない、酒もない、タバコもない・・となると・・

何がなくとも最後まで残るのは、この身と心。そこでだ・・

瞑想でもするか、スクワットでもするか、スティックでも握るか・・

河を眺めながら、森林の匂いをかぎながら、潮風に吹かれながら・・

となる。

場所が家だろうが、外だろうが、結局やることは同じ。

なんだかなぁ、寂しい気もするが、実に俺らしい。
  1. 2018/05/14(月) 12:12:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タバコ復活からの

肺が痛くなりタバコを辞めて、かれこれ3年近くになる。

3年間ずっとタバコを我慢していた訳で。

週末の半キャンプ生活をするにあたり、タバコを吸い始めた。

河原で単独のオートキャンプ、タバコが吸いたくてたまらない。

また肺が痛くなるだろうけど、ダメだ、我慢できない。

3年ぶりに吸ったタバコは至福すぎる。

しかし喜びも束の間。

そもそも3年前に肺が痛くなり、禁煙に追い込まれたのもサイン。

すでにサインだったのだ。

タバコを吸った当日、カミさんの体調が悪くなった。

どうやらタバコアレルギーのようだ。。

仕方ない、また辞めるしかない。

とまぁ、ここまでくると、もう完全なるサイン。

辞めておきなさい!ってことね。

さすがにもう自分でも気付いている。

サインだと言うことは。

ところが愚かだ、実に愚かなことにカミさんに隠れて
吸っていた訳だよ。

するとある日、昼飯後に一服していると、とてつもなく気持ち悪くなった。

何だよこれ、吐きそうじゃねぇか。

よく分からないが、しばらく横になった。

もうここまでくるとサインではなく、お告げのレベルだ。

残りは箱ごとゴミ箱へポイ。

神様、ごめんなさい、もう二度とタバコは吸いません。。
  1. 2018/05/11(金) 13:53:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遺伝子を超えて

自称息子が密林(amazon)でお買物をしている。

なんと、biffy clyroのCD。

今どきの高校生のくせに、CD買うことに驚き。

さらにbiffy clyroがそんなに好きだったことにも驚き。

俺なら分かるけど、自称息子がねぇ。

さらに先日、morohaのCDを買ってた。

これもしかり、俺なら分かるけど。

少ない小遣いの中でCDを選び、さらにbiffyとmorohaを選ぶとは。

まるで俺みたいな奴だ。

自称息子は、当たり前だけど見た目は俺に似てない。

でも、趣向は似てくるのかなぁ?

反面教師であるはずの俺に似てきちゃまずいぞ(笑)

でも、自称親父としては、こういう瞬間が何とも嬉しいもんだ。

俺と同じ音楽聴いてやがる、高校生のくせに可愛いらしいんだ、コイツ。

あっ、今月の小遣いまだあげてねぇな。

次は何のCD買うんだ?
  1. 2018/05/10(木) 13:33:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出でる旧友

GW前日、愛知の旧友にあった。

相変わらず、いい奴だった。

善人か否かは別(笑)

昔と何も変わっていない。

いや、変わってるよ、そりゃ、おじさんだもの。

でも気持ちのいい男であることに変わりはない。

彼も俺のことを「お前相変わらずクソだな」と。

うれしい評価してくれた。

今も昔も俺はクソだ、素晴らしいではないか!

GW中、富山の旧友に会った。

相変わらずいい奴だった。

彼はたぶん善人だ(笑)

ギャグを連発するような奴ではないが、とにかくおもしろい。

いつまでもしゃべっていられる、いちいち会話が楽しい。

しいて言うなら、彼の言語感覚が好きなのだ。

おしゃべりが上手とは違う、独特の言語感覚。

こういう奴、あまりいない。

生きる姿勢が昔のままだ。

常に攻めの姿勢を崩さない生き方。

そういうところが、カッコいいんだ。

ハーレー乗って、バンドやってりゃカッコいい訳じゃない。

男のカッコよさは、最終的に生き様だと思う。

カッコいいから安心したよ。

富山名産、ホタルイカ、白えび、ご馳走様。

あと、立山そば、白えびバーガーも最高!

GW明け、地元の旧友にバッタリ会った。

高校時代、初めて組んだバンドメンバー。

小中も同じだから、実家もすぐ近く。

隣街に引越した俺。

そのすぐ近くのマンションに住んでいた友人。

ただの偶然にしちゃ、出来すぎている。

そもそも立て続けに旧友に出会うこと自体、偶然とは思えない。

何かのサインなんだ、きっと。

それが知りたいんだよ、俺は。
  1. 2018/05/08(火) 18:01:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0