FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

騙されたと思って

騙されたと思って、やってみな。

この言い回し、好き。

言ってる方からすると、これほどのお勧めはない。

スティックを握る前の準備運動、スポーツで言うところの
ストレッチみたいなもんか。

スティックを握る前に、騙されたと思ってやってごらん、
スティックに羽が生えたみたいに動くから!

みたいなことを教わり、騙されたつもりでやってみた。

はじめは、何が羽だ、と文字通り騙されたつもりになっていたが。

スタジオリハ前に、何度か試していると、先日のこと。

羽が生えた(笑)スティックに。

騙されなかった、真実だったみたいだわ。

ホントに騙されちゃうことの方が多いけど、試さないと
何も始まらない。

どんなにバカげたことでも、とにかくやってみよう!

と自称息子に言ってやりたい。
スポンサーサイト
  1. 2018/03/28(水) 16:32:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

坊主丸儲け

ある意味初体験だった。

あまりに露骨だった。

数知れずの京都の寺社に訪れたが、こんなのは
初めて。

入口から順路に進むと、おばちゃんが説明してくれる。
この説明も、まぁやる気のねぇこと。

そして現和尚さんがいかに徳があり偉い人かを説く訳ね。

そして出口のとことまで来ると、その和尚さんが手を合わせて
座っている訳ですよ。

その和尚さんの前には、本やら数珠やら、掛け軸的なものが
並んでいる。

・・・嫌な予感しかしねぇ(笑)

すると案内係のおばちゃんが和尚の横に並び、金庫なるものを
開けだした。

・・・ほう、お釣を用意してるのかなぁ・・

修羅場というか、すごい空気だよね、これ。

和尚はひたすら俺に合掌してるし、おばちゃんは商品の
説明を繰り返している。

いや、買わないよ、俺は(笑)

仮にもここは京都では由緒ある寺だ、平和的にこの場を
くぐり抜けたい。

抹茶券を持っていたのを思い出した。

あのぉ・・お抹茶、どこでいただけます?

そう切り返すと、おばちゃんは金庫を置き茶室へ案内してくれた。

やれやれ。。

逃げ切ったと思ったのも束の間、これまた適当に入れたお抹茶を
いただいてみると・・

飲んだら分かる安いやつやん!

不味い抹茶をすすっている最中、今度は茶菓子を売りつける始末。

お菓子の次は、何故か、たくわんの試食。

嫌な予感するでしょ?

最後の商品は、和尚のメッセージ付きたくわん。

まぁ、何一つ買わずに、和尚に合掌して帰ってきましたが。

あるんだね、こういう寺、さすが京都って感じだ。

いい経験をさせてもらった。

ありがたや、ありがたや。。
  1. 2018/03/27(火) 11:32:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緩和的時間

ちょうど2週間ほど、まるで個人練習をしてない。

2週間、スタジオリハ以外でスティックを握っていないことになる。

まぁ、あり得ない、と言うかあってはいけない状況だ。

手帳を眺めるとあることに気付いた。

2週間ほど前、カミさんがヨガマスターとして認められた日以降、
俺の練習が途絶えた。

半年ほどヨガ漬けの生活を続けてきた彼女にとって代わり、家族
の家事全般を一挙に俺が担ってきた。

文字通り全てだ。

3月に入ってからは、そのピークに達していた。

はっきり言って、ドラムの練習どころではなかった。

分刻みは言いすぎだが、5分刻みくらいで雑用をこなしていた。

ところが不思議なもので、毎日平均1時間程は練習してたのよ。

ちゃんとスティック握ってた。

今考えると、どこにそんな時間があったの?と自分でも不思議。

ヨガマスターになり、家事の仕事に少しづつ戻ってきた彼女。

時間的な余裕は格段に増えたはず、いや実際に増えた。

にも関わらず、練習時間が減ったと言うより、まったく確保できてない。

切羽詰まったギリギリのところにいると、独特の緊張感のせいか、
潜在能力が開花するのだろうか。

それにしても極端だ。

もはや同じ時間軸で生活していると思えない。

晩飯食った後、ガキと一緒にゴロゴロとアベンジャーズやスパイダーマン
観てりゃ、そりゃ練習なんぞできねぇわな。

この心の動き、時間の使い方、緊張と緩和、全ては俺に何かを見せる為に
起こっている。

今日はキャプテンアメリカ観ようとか、言ってる場合じゃねぇ(笑)
  1. 2018/03/20(火) 12:49:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己陶酔

取り溜めたスタジオのセッションをまとめて聴いている。

目茶苦茶下手で嫌になるが、筋は悪くない。

我等がラバーズにしろ、三重のくれいぢにしろ、確実に
進化している。

イメージであったり、断片的であったり、聴いていてグッとくる
ところはたくさんある。

曲に出来ないのがもどかしい。

曲に仕上げていくセンスやテクニックがないのかもしれないけど、
そんなことはどうでもよい。

自分達の録音されたセッション聴いて、想像力が広がれば、
それで十分。

自分で自分の感性を刺激できている証拠。

スゲーことだと思わない?

自画自賛?

自己陶酔?

上等だよ。
  1. 2018/03/19(月) 17:21:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初図書館deブログ

初めてかもしれない、休日に図書館のパソコンを使って
この記事を書いている。

神社に手を合わせ、満開の桜を見て、図書館へ来た。

この時期の自転車は最高に気持ちいい。

数時間家を空けないといけない、カフェでも行って読書する
前に、図書館に立ち寄った。

そう、昨夜は新月。

新月のデクラレーション、つまり月に願い事をする日。

今月は何座で、どんな願いが適しているか調べる為に、
図書館へ来た。ついでにノートに願い事を書いていこう。

そのついでに、ブログを書く気になった。

特別に書くこともないか。

今からカフェ行って、コーヒー飲んでケーキ食いながら、
一人で読書タイム。

今日はいい日だ、以上。
  1. 2018/03/18(日) 16:41:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーストからラストまで

エドシーラン、ケンドリックラマー、トゥエンティーワンパイロッツ・・

などなど、いろいろ聴くものの、最終的に車の中のCDは
フーファイターズになってる。

そして未だにブランキージェットシティーのCDも顔を出す。

人の好みってなかなか変わらないものなのか。

昔から聴き続けている、いわゆるルーツ的な不動の地位を与えられた
バンドの音源・・自分にとってのね。

その音源をボックス版的に揃えておこうかな、なんて。

ファーストからラストアルバム、ライブ版に至るまで全てを
網羅しておきたい。

ベスト版なんてのは、好きなバンドにおいては、どうも感情移入できない。

全て持っているはずなのに、手元にない現状。

手元にあれば必ず聴く。

逆に全作品を持っているバンドがいくつかあれば、
他は聴かなくなるかもなぁ。

ラモーンズ、モーターヘッド、ニルバーナ、ギャミッツ、
レッドツェペリン、ビートルズ、サニーデーリアルエステイト・・etc

日本だと、ブランキージェットシティー、ブルーハーツくらいか・・

一生の内に熟聴できる音源の数なんて、たかがしれてる。

音楽を流す、とは違う。

意思を持って感じる、とするならば。

それにしても十代の頃に受けた影響、恐るべし。
  1. 2018/03/16(金) 17:35:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨガマスター

神(カミ)さんが、ヨガマスターに認定された。

また本来の神に一歩近づいたオーラ。

身体の動きとか、もう人間じゃねぇ。

柔らかいと言うより、それ折れてるだろ、レベル(笑)

まぁ、どの世界にも当然、上には上が山ほどいるらしく、本人曰く
「スタートはこれから」

そう考えると俺なんて、スタート地点にすら立ってない。

人から認められるって、やっぱりすげぇーと思う。

他人の評価なんてクソくらえ、そんなスタンスでこれまで
音楽を続けてきた俺には、簡単には真似できねぇ。

一時はうつ病を患い、それでもヨガのポーズや瞑想に明け暮れ、
いよいよマスターに認定されたカミさんを誇りに思う。

俺をヨガの弟子第1号にしてほしい。

一番弟子に。

レッスン中は、先生とお呼びしますので、なんて。

君には才能がある、それは絶対だ。

影ながら応援している、とかそんなヤワなことは言わない。

真髄を極めろ。

ヨガの真髄を。
  1. 2018/03/15(木) 07:51:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾物ラブ

家族が食う食料を2週間に一度買出しに行く。

業務用スーパー、ディスカウントスーパー、ドラッグストア、
生肉生魚スーパーを渡り歩き一日で仕留める。

2週間に一度の大仕事。

これはもう仕事に値するレベルだ。

必要なもの以外は買わないこと、これが鉄則。

生モノは新鮮であればあるほど、賞味期限のストレス?が伴う。

一方保存食品はノンストレスで買えるところがいい。

いつか喰えばいい安心感、とも言うべきか。

いわゆる乾物ってやつか。

この乾物を手に取り、いつも思う。

乾物を発明した人、すげぇなと。

人間は熊みたいに食いだめして冬眠とかできねぇから、
いかにして食品を保存するかが生死を分ける。

冷蔵庫などなかった時代などは尚更のこと。

毎回ディスカウントスーパーの乾物コーナーで
商品を手にとり、感心して、物思いにふけり、カゴに入れる。

なるほど、だから俺買物が異常に遅い訳だ。
  1. 2018/03/14(水) 07:13:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺に聞くな

いわゆる謝恩会的なパーティーに主席した。

出し物として学生さんたちがバンド演奏するという。

聴いてあげて、拍手してあげて、写真撮ってあげた。

周りの人達がしきりに俺に聞いてくる。

「音楽やっている人としては、今のはどうなの?」的な。

「いいんじゃないですか」としか答えようがない。

本人達が好きでやっていることなのだから。

それにコピーやっている人達をどう評価するというのだろう?

なぜ、俺にそんなことを聞く?

お前等、なめてんのか?バンドを。と言いたくなる。

このコピーバンドを前にして、何を思い、何を感じるか。

それは観ているお前等一人ひとり違うだろ。

責任もって、観てやれよ。

「君は出ないの?」とか本気で言ってくるおっさんども。

お前等、本気でぶちのめすぞ、コラ・・なんて(笑)

「ええ、僕には敷居が高すぎますわ」

「呼んでくれれば、ぜひ、喜んで」

この返しが俺の限界だな・・

呼んでくれてもいいけど、マジでお前等の鼓膜潰してやる!
  1. 2018/03/13(火) 07:27:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうでもいい

俺が大の相撲ファンと知ってか、よく聞かれる。

貴乃花親方や日馬富士やら、一連の暴力事件の真相について。

そんなこと俺が知る訳ねぇだろ。

てか、興味ねぇし。

俺は土俵の上で肉の塊同士がぶつかり合う、あの様が好きなのだ。

理事選がどうとか、政治じゃねぇんだからさ。

まぁ、聞かれればそれなりの答えを適当に答えるけど。

どうでもいいだろそんなこと。

春場所始まったぞ、、黙って大相撲観てろ!

その土俵を観て、まずどう感じるかだ。

まず感じてみろ、話はそれから聞いてやる。
  1. 2018/03/12(月) 16:25:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタジオ終了からの

コンスタントにセッションして、コンスタントに新曲を作る。

我等がラバーズの変わらぬスタジオの光景。

スタジオを出て機材を車に積んでからも、駐車場で
曲作りの話が収まらないこともしばしば。

先日なども23時にスタジオが終わり、クソ寒い中駐車場
で1時間半も話し込んでしまった。

何もそんな時間に野郎3人で世間話をしていた訳じゃない。

楽器を持たぬ曲作り。

個人的には、これはある意味理想のバンド像だと思う。

曲のクオリティーや各メンバーの技術より、遥かに重要。

これ、「情熱」と言ったりもしますので。

これがある内は、どんな形であれバンドは存続できると信じている。

それより、新曲すげぇーの出来ちゃいそうだよ!
  1. 2018/03/06(火) 14:07:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一から

今一度、一から自分のドラミングを見直す!

特にそんな風に意気込んだ訳ではなかった。

既存の20年近く使っている教則本に飽きたところ、
無性に新しいのがほしくなった。

すると丁度タイミングよく、ほしいものが現れ、手に入った。

それを手に取り眺めていると「一からやり直そう!」と、そういう
気持ちになった。

まずとりかかったのは、スティックの持ち方。

一応ドラム暦20年のもはやベテランの域・・

ところが、無駄に長くやっている感も否めない(涙)

何もそこからやり直さなくても、とか思うでしょ?

いや、もういちど初めてスティックを握った高校生の
ような気持ちでやり直したいのです。

自分のグリップをよーく観察してみると、やはり無茶苦茶。

まったくなってない。

ここ最近の練習は、自分のグリップや軌道やバランスを観察すること。

それが練習。

今だから言えるのかもしれない・・「楽しい!」

ドラムを始めた高校生の時、握り方などどうでもよかった。

とにかく、早く叩けるようになりたい、目立ちたい、モテたい。

それだけだったもんな。

試練は乗り越えられる奴の前にしか現れない。

それは絶対にそう!

導かれているのが分かる。

俺は間違いなくヤベぇドラマーになるだろう。
  1. 2018/03/03(土) 07:47:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイブル

不思議なことに、新しいドラムのバイブルが欲しくなって
すぐに、求めているものが見つかった。

すでに見つけていたかのように。

山村牧人(著)
「一生使えるドラム基礎トレ本ドラマーのためのハノン」


この方の記事をどこかで何度か読んだことがあった。

非常にロジカルな印象で分かりやすかった覚えがある。

ところが絶版しているのか、新品が見つからない。

出回っている中古品は驚くほど高けぇ。

困っていると、身内がメルカリで探してくれた。

高品質な中古品が格安ですぐ手に入った。

メルカリ、初体験、このシステムすげぇ!

相変わらず一人じゃ中古本一つ探せない俺・・トホホ。

タイトルが示す通り、まさに一生使える基礎トレ本だと思う。

たぶんこの手の教則本は、もう一生買うことはないだろう。

俺が死んだら、棺桶にこれをスティックと一緒に入れてくれ。

まさに、これぞバイブル!
  1. 2018/03/02(金) 07:09:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学ぶ姿勢

資格取得の為であったり、キャリアの為であったり。

社会人になっても社会人学生として大学や大学院へ
通ったりしている人をたくさん知っている。

彼等を見ても努力家だなぁ・・野心家だなぁ・・強欲だなぁ・・
くらいにしか思わないが。

俺にはそこまでの野心も欲もねぇなぁ・・てか、そもそもそこまで
努力できねぇけど(笑)

ごくたまに定年後、さらに歳を重ね80歳手前になっても図書館に
通ったり、大学の研究生になったりする人もいる。

そういう人は、知的好奇心とか、学ぶこと自体が目的になってる。

学ぶ為の学び。

こういう人に出会うとホント、頭が下がる。

いくつになっても学ぶ姿勢を持ち続け、自分の孫くらいの人を
先生と慕う。

ズーマという天然彫刻物を創作しているところだ。

自分自身、その存在自体を作品にできたらいいなと思う。

人生に起こる全ての出来事、学びはその為にある。
  1. 2018/03/01(木) 07:51:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad