FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

自分に飽きた

かれこれ同じ教則本を20年近く使っている。

ドラムの。

ハタチくらいに買った。

当時は冊子と一緒に映像が付いていた。

今はCDやDVDなどが附属しているが、当時はVHSの時代。

長方形でかさばるカセットのでかい版みたいなやつ。

今はもう見ない、ってか、再生できねぇ。

再生機器がねぇ上に頭出しできねぇ、使えねぇ。

よって、冊子だけを頼りに使ってきた訳だが。

ペラペラの小冊子。

基本的にスティックワークについて書かれたやつ。

楽譜だらけのつまらない代物。

未だに半分も習得できてない。

でもさすがに、もう飽きた。

また見返すこともあるだろうが、とにかく飽きた。

こういう無機質な書物とよく20年も向き合えたものだ。

上手になりたい一心で当時手にした教則本。

さほど上手にはなってない気がするが・・そりゃそうかもしれない
中身の半分も物にしていないのだから。

飽きてしまった俺が悪い訳でも、教則本の内容が悪い訳でもない。
20年もかけて習得できていない俺が悪い。

やり方が悪い、努力が足りない、そもそも練習が足りない・・

そんなことは、別にいいじゃないか、この際。

ところで、何に一番飽きたか?って、なかなか上達しない自分に
飽きた(笑)

新しいバイブルを探そう!

これでいいのだ。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/28(水) 07:19:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人の活躍、何が楽しい?

日本のメダルラッシュになったらしい、オリンピック。

韓国の平壌で開催されていたらしい。

閉会したらしい。

と、これくらいのことしか知らない。

スポーツに興味がないとか、愛国心がないとか、
あまのじゃくだとか、時事に興味がないとか・・

それもあるだろう。

でも、それだけじゃない気がする。

とある日本人のキレイなヨガの先生が言っていた。

「人の活躍を観戦して、応援して何が楽しい?」と。

ごもっともな意見だ。

俺も同じことを考えていたところだ。

もっと自分が活躍できるように、自分を観察して自分を
応援するべきだな、なんて。

大相撲は大好きなので、応援はしないにしても観戦してる。

ところが、あまりに熱っぽくなっている自分に気付くと急に冷める。

そんな自分もいたりする。

なりたい自分には、自分がなるんだ、誰でもなく自分自身が。

そう、力士に。

何の話だ、これ(笑)

俺は未だに応援される側を目指している・・・

そうやって歳を重ねればいいと思う。

  1. 2018/02/27(火) 16:19:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ悔しくない?

zepp名古屋の近くを通りかかった。

平日のまだ昼過ぎなのに、長蛇の列。

辺りを歩いていると、uver worldのTシャツ着た奴と
やたらすれ違う。

なるほど。

そんなに人気あんだね、uver worldって。

男女問わず、すげぇ列だ。

ちゃんと聴いたことがなかったから家帰って
utubeで検索してみた。

俺は好みじゃねぇけど、「カッコいい!」って言う人の気持ち
は分かる。

ちゃんとしてるし、イケテルし、上手だし。

彼等のようなバンドがまさに、バンドブーム以降の
つまり2000~2010年代の新世代ロックなのかも。

サカナクションとか。

今更ながら、腑に落ちた。

生演奏とプログラミングとあらゆるジャンルを融合させた
ような。

彼等の次世代のロックはどうなるのだろう?

次は何をすればニュータイプになるのだろ?

そんなことを考えながら・・ところで、uver worldのライブに
並ぶ長蛇の列を見ても何故か悔しくない俺。

そこそこな負けず嫌いであると自覚しているものの、何も
思わない、悔しくない。。

いつの間にか、傍観者に成り下がってしまったのか・・俺。

傍観者・・一番ダメな奴だぞ、それ。

これは、マズイ、問題だ、と考えるべきなのか・・

いい傾向なのか。

それは俺にしか分からないことだけど。

気になって調べてみると、uver worldのメンバー、ほぼ
俺と同級生。

これはたまたまの偶然なのか、メッセージと取るべきなのか・・

がんばれ、自分!!!!
  1. 2018/02/23(金) 06:02:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

180221ライン@掲載用「これからのラバーズ」

我等がラバーズにおいて毎月第三週目の水曜日は、
バンドのライン@に俺のブログがアップされる。

アップする記事は、近隣の日の中から適当に選ぶ。

ライン@の為に特別に記事を書いている訳ではない。

でも今回は、初めてライン@用に記事を書こうと思う。

テーマは「これからのラバーズ」

3人でがむしゃらに曲作って、レコーディングして、ライブしてきた。

ファースト作っている時なんて、何も考える余裕はなかった。

とにかく、カッコいいもん作ろう!と。

逆に何も考える必要がなかったのかもしれない。

自分達がカッコいいと思うもん作って、カッコいいと思うことを
やっていればよかった。

ずっと活動してきて、ここ来て最近思うのはバンド内で「カッコいい」の
共通言語が通じなくなっている気がする。

「カッコいいから仕方ない」これはロックンロールに脈々と受け継がれる
不文律だと信じている。少なくとも俺は。

バンド内でこれが通じなくなった時、ロックバンドはロックバンドではなくなる
、と言えば言い過ぎだろうか?

いや、すでに俺達はロックバンドではないのかもしれないし、
最初からロックバンドなんかではなかったのかもしれない。

ロックにこだわらないでいようとしても、俺の血に流れるロックに対する
憧れみたいなものが強すぎて、どうにもならない。

ガキの頃ロックに騙され、俺は未だ騙され続けている気がしてる。

バンド内で「カッコいい」にに取って代わり「新しい」とか「非日常」とか、
そんな言葉が台頭してきた。

伝えたいことなんてない、特にこだわりもない、敢えて言うなら
サウンドと目新しさ、非日常的な体験、だとリーダー酒向君はいう。

俺達はロックという杓子定規で自分達を測れないことは
もう気付いている。

それは良くも悪くもだ。

目新しさ、サウンド、非日常、これらを共通言語にして
新生ラバーズを目指そうと思う。

その目新しさは、カッコいいのか?

そのサウンドは、カッコいいのか?

その非日常感は、カッコいいのか?

そしてその表現自体は、カッコいいのか?

俺の判断基準は、結局そこになりそうだが・・

俺の中にいる「カッコいい」の絶対基準との折り合い
をつけていかないと、バンドは存続できなくなるだろう。
  1. 2018/02/21(水) 06:46:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輝きを見る

最近、自分がイラつく瞬間が客観的に分かる。

心の自分が教えてくれる。

イラつく手前では「くるよ、くるよ」と、イラつく寸前では
「もうすぐくるよ」と。

そしてイラつき始めると「来たよ、来たよ」と、
「いまイラついていますよ」と。

そう教えてくれる。

とりあえず俺は心の自分に礼を言うことにした。

そしてイラつきの対象が輝き始めるのを想像する。

皿洗い中にイラつきだしたら、皿洗いが面倒すぎてイラついて
いる訳なので、皿が輝きを放っているように想像する。

実際に輝いているように見る。

そうするとイラつきの思考を一時的に止めることができる。

これは物だといいが、人の場合、なかなか難しい。

クソ野郎は、輝けない(笑)

輝いているクソ野郎など想像できない。

実験を繰り返してみるとしよう。
  1. 2018/02/20(火) 06:53:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個性という趣

特別に青系が好きな訳でもないのだが、
気がつくとここ最近の持ち物が青系で統一され始めた。

手帳、筆箱、ペン、財布、下着・・・などなど。

ところが並べてみると、おもしろい。

青系ではあるが、紺やら水色やら、まったく違う色。

似て非なる色 なのだ。

さらにおもしろいのが、同じ色でも布にのる青と革にのる青、
プラスチックにのる青じゃ、色の出方がまるで違う。

個性とはそういうものだと思う。

青系の中にひとつ黄色があれば、個性爆発的な趣。

青でいい、どの程度の青さを、どのように出すか。

おそらく、俺のいうカッコよさとは、そういう趣のことだ。
  1. 2018/02/19(月) 06:35:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歴代ドラマー集う

前回の名古屋でのライブ。

実は奇跡的なことが起きていた。

まだ俺がラバーズに加入する前、二十代前半に
やっていたバンドがある。

俺がそのバンドを脱退した後も、新ドラマーを迎えそのバンドは
活動していた。

つまり、そのバンドにとって俺は初代ドラマー。

後任ドラマーは2代目ということになる。

のちにそのバンドは解散するも、ドラマーの彼だけは
音楽をドラムをずっと続けていた。

そして、先日のライブで奇跡は起こった。

mars violet love

そういう名前のバンドと対バンした。

なんと、そのバンドのドラマーはかつて俺がやっていたバンドの
2代目ドラマーの彼、ユウスケだったのだ。

若かった彼ももう35歳になっていた。

お互いにおっさんになって、別々のバンドのドラマーとして
共演を果たした。

当時の俺のバンド仲間なんて、後輩も含め続けている奴なんて
一人も残っていない。

今回の出来事がいかにレアか分かるだろうか?

音楽を続けている奴にすらなかなか出会えないのに。

継続の力、恐るべし。

この日は握手して普通に別れたが、すでに親しい友達に
なった感覚。

こんなバカな奴、まだいたんだな。

なぜか、ありがとう、そういいたくなったよ、俺は。

同志、必ずやまた会おう!
  1. 2018/02/18(日) 06:53:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和食最強

傷んだリンゴを何とかおいしく食べれないかと
アップルパイを作ることにした。

アップルパイを焼いている俺、自分でも想像できない。

ところが、出来てしまった。

傷んだリンゴもフィリングにすることでとびきり美味くなる。

必要に迫られ始めた家事ではあるが、やればできるもんだ。

先日なども鰹節をいただいたので、鰹と昆布から一番だしを
作った。

日本は、だしの文化、和食最強だよなぁ・・なんて言いながら(笑)

室町時代の日本食ほど健康的な食事はないらしいよ。

コックさんになりたい、そんなガキの頃の夢がこんな形で花開く
ことになろうとは・・

実際、スティック握っている時間より、包丁握っている時間の方が
たぶん長い。

これは、ありなのか、なしなのか・・・

いずれにせよ、楽しい内はありだろ。

楽しくなくなったら、何とかして楽しくする努力をする。

努力とは、そういう意味なんだ。

幸いにアップルパイ作りも、だし作りも楽しいよ。

今のところ(笑)
  1. 2018/02/17(土) 06:24:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空飛ぶ夢

最近、夢をよく見る。

先日も空飛ぶ夢を見た。

空と言っても、地上からせいぜい30メートル程度。

しかもピーターパンのように自在に飛び回る感じではない。

強い風に乗る感じ。

小さな竜巻が見えて、その中にうまく入れば一気に上昇できる。

手足でうまくバランスをとり、風をきりながら、進みたい方向へ向かう。

強い風が吹けば、スピードも出るが、たかがしれている。

一番不思議なのは、地面に叩きつけられることを一切恐れていない。

というか、ちゃんと着地できることが当たり前の感覚になっている。

たまにすごく上手に風に乗る奴と出会う。

するとそいつにやり方を教えてもらったりもする。

とにかくすごくリアルで気持ちいいんだ。

目が覚めると「あぁ~よく飛んだわ」みたいな(笑)

幽体離脱している説もあるが、たぶん違うと思う。

あくまでも夢だ。

ただ、何か強いメッセージのような気がする。

夢と言うより、別の世界にいる感覚。

次はいつ飛べるかなぁ・・・
  1. 2018/02/16(金) 06:50:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時期ハズレのプチ怪談

最近、死んだ祖母の夢を見た。

そう言えば、ここ最近墓参りに行ってない。

たまには顔出せや的な夢なのか。

そんな夢を見た数日後のこと、自称息子を車に乗せ学校まで
送ってあげた。

ちなみに学校までの道中、祖母の眠る墓場のすぐ近くを通る。

すると、墓場付近を通過したところで、自称息子がこんなことを言い出した。

「お墓参りには行かないの?」

次の瞬間、俺は夢のことを思い出し、鳥肌が立った。

「なぜ、そんなことを聞く?」そう聞くと、息子はこう言った。

「確か、この辺りに先祖の墓があったでしょ?」と。

一体、何が起こっているのだろうか?

いずれにせよ息子を学校まで送ると、すぐさま俺は墓へ直行した。

自称息子よ、不思議な奴だ、君は。

その日以来、祖母の夢は見ていない。

ちょっとした怪談じゃねぇ?(笑)
  1. 2018/02/15(木) 06:23:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華風猫飯

先日、家族で出掛けた。

帰りも遅くなり、中華料理屋へ立ち寄った。

おのおの種類の違う麺類を、あとショウロンポウ、
あんかけチャーハンの大盛り。

チャーハンは大盛りにしておけば、少しはあたるだろと。

甘かった。

自称息子がほぼ一人で平らげた。

一応、高2バスケ部男子。

ラーメンとチャーハン大盛りくらい、おやつみたいなもんか。

俺も自分のラーメンは平らげたものの、スープが特別に旨い、
そして辛い、さらに濃い。

残すの勿体無い・・これぞ貧乏性。

ライス追加、残ったスープへライス投入!

中華風ネコマンマ完成。

そして完食!

腹痛くなりそうだけど、俺まだこういう喰い方できるんだな。

いつまでもこういうおっさんでありたい。
  1. 2018/02/14(水) 06:55:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリプル成功

先日の名古屋でのライブは、よかった。

個人的によかった。全体的には、分からない。

バンドとして、何がいいライブかはいまいち分かってない。

たぶんメンバー誰も。

個人的というのは、ドラムはよかったという意味で。

じっくり調整できなかった割に、じゃなく普通によかった。

40分ノンストップのセットが短く感じるくらいだった。

特別何がよかったというより、トータルがナイス。

チェンジアップの定番練習は、よく行うが、ライブ当日に
両足を加えたチェンジアップ練習を入念にできた。

これが功を奏したのかも。

逆に、いつも両足使えって話だけど(笑)

これだから、ドラムもバンドもライブも辞められない。

常に新しい発見!

ただ、ライブ本番、キメをミスった。

キメの回数をミスるなど、致命的なミス。

これは、脳に失敗であり、ミスだと分からせておく必要がある。

じゃないと、同じことを次もすることになるからだ。

失敗と判断すれば、脳は学習してくれる。

失敗と成功の繰り返し、これで磨かれる。

それにしても、成功と失敗が同じ日のステージで起こるとは
プラマイゼロ?ではないのだ。

成功と失敗は、成功と成功より威力があると思っている。

成功と成功がダブル成功なら、成功と失敗はトリプル成功!

なぜなら、人間は失敗からしか学べない。

学ぶ姿勢がある奴は、失敗を次の成功の糧にするからだ。
  1. 2018/02/13(火) 11:44:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定休日間違い?

月曜日はスーパーへ、火曜日は名古屋へ、水曜日こそはクリーニングへ。

と思いきや、水曜日定休日だった・・

そして木曜日にようやく店まで行くと、閉まっている。

立て看板にはこう書いてある。

「本日水曜日 定休日」

あれ、今日は木曜日じゃねぇか?

俺は朝から木曜日の予定をこなしていたぞ。

でも店が定休日を間違えるなんて考えにくい。

2連休となれば、さすがに気付くだろ?

何ともいえぬ不思議な気分のまま帰宅した。

確かに間違いなく、本日は木曜日だ。

クリーニング屋さん、今日は働きたくなかったのかもな。

そういう日もあるわ、そういうことにしとこう。

これくらい適当な方がいいかもね。

予定もクソもあったもんじゃねぇけど(笑)

つまり、月・火・水・木とクリーニングに行けず。

これも偶然の一致なのか・・
  1. 2018/02/10(土) 06:55:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今為すべきこと

明日は名古屋でライブというのに、個人的に
まったく調整できていない。

ここ2週間ほど、まるでスティックを握れない。

それでもライブとなれば、最高のパフォーマンスを発揮するしかない。

調整するのは、いつも想定内のこと。

ライブ当日までにあれをこうしておこう、みたいな。

それが仕上がっていなくとも、できることをやるしかない。

力士が言うところの「怪我は土俵で治す」に近い感覚。

今日一日と、明日のライブ本番まで、できることはまだある。

今の状況で何をやるべきか・・考えるのだ。

ステージに上がる以上、誰にも負けたくない。

その気持ちはずっと変わらない。
  1. 2018/02/09(金) 06:51:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バッシュに辿り着く

買ったばかりのカーディガンのボタンが外れた。

その日の内にショップに連絡してみた。

服の素材、裁縫の仕方、ボタンの種類に至るまで
詳しく説明してくれた上に、無料で修理してもらうことに。

ただし、本日の21時までに持ち込むことが条件。

なぜなら、このショップ明日から無くなるそうだ。

たかがボタン一つの為にガソリン代と高速代とおまけに
駐車場代まで・・もったいない。

何か他の用事を一緒に済ませたい。

なるほど、そういうことだったのか!

つい先日自称息子のバッシュに穴があいたみたい。

日々の練習や試合で酷使しているせいか、すぐにダメになる。

そして今週の日曜日に試合があるそうだ。

となると、試合までには何とか用意してあげたい。

そして何と彼のお気に入りのスポーツ用品店は、俺がカーディガンを
買ったショップのすぐ近く。

またしても偶然の一致。

たぶんこういう偶然の一致は誰にでも頻繁に起こっている。

要は、それに気付くか否かだ。
  1. 2018/02/08(木) 06:26:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベストまでも

ボロジャケットの執念がさらに続く。

ジャケットの下に愛用していたベスト。

セットアップにして着まわしていた。

そのポケットに入れていたベイプがえらいことに。

朝から自分自身が甘くて仕方ない。

まるで自分が飴玉のような匂いを発している。

ポケットに漏れたベイプ液の仕業だった。

ポケット内がベトベト・・一番嫌なやつだよ、これ。

確かにジャケットがなくなれば、このベストも着なくなるだろう。

だからと言ってセットアップのベスト君まで拗ねなくても・・

物にも魂が宿るというが・・参ったな。

君もセットでこれからも着るから、もう拗ねるのは辞めなさい。
  1. 2018/02/07(水) 06:31:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボロジャケットの念

最近買ったばかりの超お気に入りのカーディガン。

着て2回目でボタンが外れた。

朝からテンション急下降。

この事実だけ見ると、ただ気分悪いだけ。

なので、これも何かのサインだと思うことにした。

買ったばかりの、そう安くもないカーディガンのボタンが
すぐに外れた・・

よく考えてみれば、そう簡単には外れないだろ。

それが外れた訳だ。

何かある、何かのサイン。

逆にそう考える方が自然だと思わない?

或いは、このカーディガンを手に入れたことで今まで
着ていたボロジャケットを処分しようとしていた。

ジャケットの念というのか、ヤキモチなのか・・
棄てないで!と言いたいのか。

可哀想なことをしたなぁ・・・

棄てずにこれからも着るよ。

君のボロさ加減は味の域だ。

新参者のカーディガンには出せないものを
持っている。

俺には君が必要なのかもね、これからも。

  1. 2018/02/06(火) 09:21:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018皆既月食

1月31日、夜空を見つめた。

月が欠け、オレンジ色の月を観た。

昔昔やっていたバンドの曲を思い出した。

確か「空にオレンジ」って曲作った。

遠い思い出が甦る。

皆既月食を眺めてもバンドの思い出が甦る。

一体何なんだろう、俺は。

そんなことより、身体がだるい。

皆既月食の1週間ほど前から、インフルエンザにかかった
かのように体調が悪い。

ひたすらに眠い、ダルい、腹痛い・・

そういうのに敏感な人が言ってた。

月の仕業だと。

どうも月と地球との関係が、どうだ、とか。

俺にはよく分からないが、そういうのは嫌いじゃない。

だからそういうことにしとこう。

月の加減で体調が悪くなるとか、ミステリアスでいいじゃない、くらいの。

ちょっと小高い丘に行けば、よく観えるかも。

車でわざわざ出掛けた。

ところが、丘に到着すると、月は雲で覆われてしまった。

なんじゃそれ・・

まぁ、こんなもんか、人生もしかり!
  1. 2018/02/05(月) 17:41:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad