FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

平幕優勝

昨日、大相撲初場所千秋楽が終わった。

場所が始まってみると横綱が相次いで休場。

残った横綱鶴竜も後半崩れ、優勝はまさかの平幕。

栃ノ心

ジョージア出身、やっぱり日本人じゃないんだ、みたいな。

それにしても旭天鵬以来の平幕優勝は驚いた。

まさかの展開だった。

個人的には上位が安泰の場所より、こういう展開の方が
楽しい。

怪我して幕下まで転落し、幕の内まで返り咲いた。

これだけでも凄いことなのに、まさかの幕内最高優勝!

栃ノ心関は優勝後のインタビューで語っていた。

怪我して幕下まで落ちたとき、何度も相撲を辞めようと思った、と。

続けていなければ、今回の初優勝はなかった。

今場所は体調もよく、稽古もよくできてたらしい。

確かに肩から背中あたりの筋肉、凄かった。

タイミングとか運とかも間違いなくあると思うけど、
それは土俵に上がり続けた人間にだけ与えられるもの。

音楽を続ける気持ちを後押ししてくれた、そんな初場所だった。

おめでとう、そしてありがとう。

栃ノ心関から勇気をもらった。
スポンサーサイト



  1. 2018/01/29(月) 15:39:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心の旅

ここ数日、読書が楽し過ぎてドラムの練習がおろそかに。

これと逆の時期もある。

練習が楽し過ぎて読書がまるで進まない。

他の事が手につかないのは、今読んでいる本が
自分にとって良本の証拠。

そういうことにしているので、飽きるまで読むことにしてる。

こういう時は待ち時間とかまるで気にならない。

常に本を携帯しているので、何時間でも待っていられる。

先日など、渋滞の中、ずっと読書。

助手席に座っていた自称息子に「前が進んだら教えろ」
そう伝えひたすら読書。

出掛けるだけが旅じゃない。

読書は心の旅。

俺はこうして定期的に心に旅をさせることにしてる。

必ず強くたくましくなって帰ってくるので。
  1. 2018/01/27(土) 06:18:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太りすぎ

大相撲初場所、何日目だったかゲスト解説に漫画家の
さいとうたかお先生が座っていた。

あの「ゴルゴ13」でおなじみの。

相撲にも造詣が深く、興味深いことを話していた。

今の力士は太り過ぎていておもしろくない。

あれじゃ動けんだろ、押すだけになっちまう。

みたいなお話。

相撲の基本は押し、そして組み相撲より怪我のリスクが低い、
さらに大きくて重い方が有利。

確かに、とにかく体重増やして、押しまくれ、となる。

でも、さいとう先生が言うようにそれじゃ相撲じゃない。

押しているだけじゃ観ている方はつまらない。

押し相撲に徹して、相手を押しだけでねじ伏せる相撲を
解説者は「いい相撲でしたね」とよく言う。

それは、力士本人にとって或いは親方的に相撲道?的に
いいだけの話で。

観ている方にとっては、いい相撲でも何でもない、ある意味で。

太りすぎた大男同士がただ押し合いして勝負が決まる。

確かに、それじゃつまらない気持ちも分かる。

よく考えれば当たり前のことなのだが、俺自身、
相撲なんだから押すだけでいいと思い込んでいた。

この日春日野親方を隣にして、さらりとこういうことが言える
さいとう先生は、やっぱり凄い人だ。
  1. 2018/01/26(金) 16:41:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車量オーバー

一昔前と比べて車の量が半端なく増えている。

そんな気がする。

なぜなら、毎朝渋滞がパねぇ。

どんどんエスカレートしてるよ。

それに伴い、朝家を出る時間も早くなっている。

車作りすぎじゃねぇ?

一家に一台でいいよ、昔みたいに。

そういう訳にはいかないんでしょ、今は。

だったら遅刻はダメ文化、なんとかしてくれ。

午前中には出勤しま~す、昼飯食ったら向かいま~す。

みたいな(笑)

流れていれば30分、渋滞はまれば90分、その為に90分前に出発!

この感覚、どうかしてるよ。

仕方ないじゃん、車の量が多すぎるんだもん!

車を手放すこと本気で考えちゃう。

物理的な時間は変えられない、根付いた文化もそう簡単には
変えられない。

せめて、時間の流れを変えませんか?

環境問題、働き方改革、いろいろ言っているけど・・さ。

お役人さんの机上理論には、もううんざりだ。
  1. 2018/01/25(木) 06:51:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40歳までに

「40歳までに自我に目覚めた者は、自己実現できる」

と、とあるヨガマスターは言う。

自我実現と自己実現のことを言っているのだろうか?

自我実現とは・・

社会に評価されるようなこと、

やると決めて、それができた、達成感がある、認められる、みたいな。

自己実現とは・・

どうなるかわからない世界も、自分の中に取り込んで統合していく、

決めたことをコントロールして達成していく自我実現、逆に予想外の
ことをありのまま受け入れコントロールと手放していく自己実現。

確かに40歳を目前にして今俺が置かれているのは自己実現の世界だ。

まさにそれをやってのけようという自覚もあるし。

ところが、素朴な疑問が浮上した。

俺は人生において、何一つ自我実現できてない(笑)

そんな俺が自己実現などできるのだろうか・・

何となく、自我実現できた人だけが辿り着ける自己実現みたいな。

そんな感じ。

40歳までに自我に目覚める・・・

運命の歳まであと2年・・ものすごいプレッシャー。
  1. 2018/01/24(水) 06:44:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知らぬ間に

先日久しぶりに大阪バロンに呼んでもらった。

狙ってくれたのか否か、ベースレス3ピースバンドと
対バン。

まぁライブ的のことはいろいろある。

スネアのミュート効果について再考するべきだし、
やっぱりリムショットを強烈にかませるべきだし・・とか。

安井君のコーラス、カッコよかった、イケてたとか。

ライブのことより、何より気になったことが一つ。

この日は大阪在住の学生時代の女友達をライブに誘ってみた。

結局、仕事が間に合わずライブには来なかったのだが。

メールでやりとりしていると、名字が変わってた。

つまり、結婚しちゃってた訳ね。

そりゃ、俺と同じ年の女だから、いよいよ賞味期限切まじか(笑)

そんなことを言ってるとシバかれそうだが。

去年の7月に結婚したらしいが、結婚式とかやったのか?

やったなら、呼んでくれればよかったのに・・

いや、やってないにしろ「結婚すんねん」くらいの連絡よこせよ。

とか、いろいろ思うところはあったが・・・

諸行無常、まさに。

俺も、その友達も、世の中も、もうあの頃の学生時代ではない。

生きてりゃいろいろある。

それ以上、友人を追及することはよそう。

また次会うことがあれば、その時は素直に「おめでとう」

そう言ってあげたい。

そんなことより、バロンスタッフでセプトアラックのギタリスト、カズキ。
この日の夜、彼とメンバー四人で食ったジャンクフード。

ガーリックライスの上にハンバーグ、チーズ、ソース、その上に目玉焼き。
ガーリックライスは軽く一合は超えていたな。

I am Bandman!

俺は変わらねぇ。
  1. 2018/01/21(日) 06:14:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目利き

前回の30円文庫、15分間の激闘末選ばれし本。

カバンに入れて持ち帰れるのはせいぜい10冊。

10冊買っても300円、しかも新品。

残り僅かな本棚から目を皿にして厳選。

その集中力たるや、ライブで発揮したい程だ。

ちなみに、こんな感じ。

「癒す心、治る力」 アンドルー・ワイル(著)
これはカミさんへプレゼント。

「アルケミスト」 ペウロ・コエーリョ(著)
実はこれ持っている、自称息子へのプレゼント。

「生きるヒント1~5」 五木寛之(著)
これは1巻から5巻まで全巻揃っていたので勢いで。

「聖なる予言」 ジェームズ・レッドフィールド(著)
実はこれ探しててアマゾンで買おうと思っていたやつ
見つけたとき感動的だった。
完全にシンクロニシティー、本のタイトルだけに。
こんな出会いあまりない。
絶対に読むべき、読まないといけない本だ。

「第十の予言」 ジェームズ・レッドフィールド(著)
実はこれ、聖なる予言の続編なのだ。
これまたどこまで俺はついているんだ。
探していた本の続編まで同時に30円でゲット。
初詣まだ行ってないのに、新年そうそうラッキー度ヤベェ。

以上9冊、家族へのプレゼントまでゲットし、こんな幸福な
買物そうそうない。

合計270円也。

なかなかの目利き・・グッジョブ。
  1. 2018/01/20(土) 11:34:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文庫30円均一

とある食堂内に設けられた小さな本屋。

わずかなスペースで文房具と本を売っている。

店じまいでもするのか・・

文房具全品70%オフ!

文庫(新品)全品30円!

30円引きじゃない、30円だよ!

最初の内は文房具は50%オフで、文庫は
50円だったようだ。

文庫の新品が30円だ、もう買うしかない。

読みたい本じゃなくてもいい、とりあえず買おう。

読むかもしれない本・・かもしれない本でもいいじゃないか。

今ここでケリをつけないと、売れてしまうかも・・

普段本屋に立ち寄れば最低2時間は出てこないのだが・・

今は時間がない、15分で片付けよう!

15分以内にできるだけたくさんの読むかもしれない本を選ぶ。

これはもはやセンスと技術だ(笑)

激闘の模様は次回記事にて。
  1. 2018/01/19(金) 06:16:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽にすがる

珍しく身内が日本人のロックバンドを聴いている。

それも絶賛している。

ライブを観に行くとまで言っている。

age factoryというバンドらしい。

聴いてみた。

すごくいい。

歌詞がいい、曲がいい、声もいい。

さらに音楽と対峙する姿勢がいい。

いわゆる「グッとくる」ってやつ。

我等がラバーズには真似できねぇやつだ、これ。

こういうバンドに出会うと、ついつい思ってしまう。

もう、俺達はこういう表現はムリじゃねぇ?とか。

グッとくるとか、熱いものがあるとか、メッセージ性とか・・

そういう類のやつ。

俺達に残されている勝ちパターンは、もう音楽的な要素しかないのか。

より音楽として洗練させていく。

音楽的?に優れたものとでも言うのか・・

表現力も含めた音楽的技術に依存する部分が多くなると言うのか・・

磨けるところは、もうそこしか残されていないのかも。

俺はバンドなんてそもそも音楽なんて思ってないし、音楽と呼べる高尚な
ものである必要性を感じていない。

ところがここへきて我等がラバーズの真価が問われたとき、唯一残された
可能性である音楽、文字通り音楽に託す他ないのでは。

そんなことを思いながら、彼等の曲を聴いていた。

たぶん新年で一番いいことが言えてる。

いよいよ音楽にすがろうではないか、音楽に。
  1. 2018/01/18(木) 06:11:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目指すは聞き上手

雑談、それも遠い間柄、苦手な相手とのそれから
意外とおもしろい情報が入ってくることが多い。

それに気付いて以来、昔ほど雑談が嫌じゃなくなった。

寡黙ではないと思うが、あまりベラベラ話すのは好きじゃない。

それでも意識的に苦手というか嫌いな相手とも雑談を交わすことを
心がけている。

交わすというより、ほぼ一方的に話させている。

どうやら大抵の人は聞くより話す方が好きらしい。

聞いてあげると、どんどん話してくる。

いつおもしろい情報が転がり込んでくるか、それを楽しみ
に話を聞いている。

さらに聞き出す技術が俺に備わってくると、意図的におもしろい
情報が引き出せる。

どうせなら、ここまでいきたいものだ。

聞き上手は最強だと思う。

まったくもって人見知りな訳ではないけれど、人に興味がなかったのか・・
一昔前は、雑談どころか無言だったもんね(笑)

こちらが興味を示さないと、相手も当然興味など示してくれない。

人のことをバカにしている訳ではないが、基本的に
人間嫌いな俺ができることを広げていかなくては。
  1. 2018/01/17(水) 06:42:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ささやかなご褒美

先週は土日というのに働いた。

土日に働くのは慣れているし、別に嫌じゃない。

でもそれは平日が休みでの話。

平日休んで土日に働く、それならいい。

平日働いて土日に休む、それもいい。

ところが先週は平日も土日も働いた。

貧乏暇なし、当然と言えば当然か・・・

唯一いいことがあった、弁当が支給された。

1,000円の弁当、結構まともなやつ。

冷めても美味いやつ。

ちゃんと蓋がしてあって中身が見えないやつ。

これが何ともいい。

普段は自分で作ったクソみてぇな弁当食っている。

自分で詰めているので中身がクソなことが分かる。

朝から昼飯のことを考えても楽しくも何ともない。

仕出し屋の弁当だ、中身も味も想像はつく。

それにしても、蓋を開けるまで分からないし、口に入れるまでは
分からない。

たまにはこういう日があってもいいだろ。

あぁ~うめぇ~、うん、うまいわぁ、とか言ってるの俺だけだったけど。

弁当、美味かったすよね?と尋ねてみても「そうか?」みたいな反応。

お前等、普段どんだけいいもん喰ってんの?

こいつらに比べてみると、俺の普段の食事はさしづめ、餌だな。

餌でも食わなきゃ、死んじまうからなぁ・・

今夜の餌は何にするべかな。
  1. 2018/01/16(火) 06:08:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっとがんばれ!

先日久々に古巣ザイオンでライブをさせてもらった。

名古屋のライブハウスでやるのすら久々な気がする。

ともあれ新店長のマサヒロ君には感謝しかない。

これからもよろしく頼みます。

この日はラップ勢とのタイバン。

ソロMCやら2MCやら、バンド形態やら、トラックメーカーやら。

ラップこそ、人間力か、とそう思えるようなパフォーマンスだった。

やはり人間力が一番ありそうな奴のMCがダントツに一番よかった。

ライブ終わって車に乗っても俺の気分はヒップホップ。

帰り道車の中で、お気に入りのヒップホップ聴きながら帰宅。

パブリック・エネミー

トラックがかなりロックで超イケてる。

これ聴いていると、今日タイバンした奴等に言ってやりたい。

君達、もっと頑張りなさい、と(笑)

やはりホンモノとは訳が違う。

その後、ラップ繋がりでレッチリ聴いた。

自分達にも言ってやりたくなった。

もっと、頑張れ自分、と。

ホンモノのグルーヴとは訳が違うようだ。

頑張ろう、自分!
  1. 2018/01/15(月) 06:52:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親不孝なコノヤロー

ガキの頃、俺に反抗期があったのか否か。

それすら覚えていないし、あったとしてどんな反抗
を見せていたのだろう。

去年の暮れ、親父と口論になった。

「ぶっ殺すぞ、コノヤロー」

電話越しにそう叫んでいた俺。

全然キレてないというか、普通にそう言った。

北野たけし映画の観すぎで、コノヤローがついてしまったのか。

実に笑えない。

まぁ、一見常識の塊のように見えていた親父だっただけに
物分りの悪さが露呈してしまうと、もう手に負えない。

吐いた唾は飲めないとよく言う。

いい歳こいた息子に、殺すぞ、コノヤローと言われた親父の
心中やいかに。

いずれにせよ、俺は親不孝なのだろうと思う。

一般的に言えば、いや一般的じゃなくともだ(笑)

反抗期がようやく来た、とそう揶揄する人もいるが、
真相はいかにってところだ。

まぁ、反省とかするたまじゃないので、わたし。

「殺すぞ、とか言わせてるんじゃねぇぞ、バカヤロー」

次会ったら、そう言ってやろうと思う(笑)

コノヤローときたら、バカヤローが定石。
  1. 2018/01/14(日) 06:09:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観れば観るほど巧くなる

手持ちのDVDは少ないが、定期的に見たくなる。

半年に一回とか。

ドラムの教則DVDの類はあまり好きじゃないが、中には
素晴らしいものもある。

教則ではなく、ある種ドキュメンタル的な作り。

崇拝するドラマーの一人、スティーブ・ジョーダン主演。

「the groove is here」

もうタイトルからしてヤベェ。

グルーブというものが目に見えるとしたら、それは彼の姿だろう。

そんな感じ・・どんな感じ?・・いや、観てみて(笑)

字幕になってて言っていることもいちいちヤベェ。

こう叩くとか、こう動かすとか、そんな幼稚な解説は一切ない。

「まず、4分音符の長さを理解するんだ」

とか、深くないですか?深すぎませんか?

連休が続くと、一度は観る。

いろいろな人に、音楽に影響を受けてきたが、この映像から受けた
影響も計り知れない。

少しは俺のグルーブの血肉となっていると信じている。

観れば観るほど巧くなるんだ、このDVD。

酔えば酔うほど強くなる・・それはジャッキーの酔拳だった。
  1. 2018/01/13(土) 06:48:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとう、というプレゼント

本日は我が生誕の日。

家族も他人もましてや自分自身も、年齢のことなど
どうでもいい。

まるで年齢に興味がない。

だからあえて何歳になったかは言わない。

38年間生きてきたとだけ言っておこう。

あと何年生きられるか分かんねぇけど、まぁおよそ
人生の折り返し地点まで来た感はある。

誕生パーティーとかマジ御免。

いやいや、誰も企画しねぇつうの(笑)

家族にすら祝ってほしくない。

家族諸君、どうしても俺が祝いたいのなら、

誕生日おめでとう、とか絶対に言うな!

何もくれるな!

ただ、「いつもありがとう」そう言ってくれ。

心からそう言ってくれ。

それが一番嬉しいから、俺は。

思ってないなら、それも言わなくていい。

いつもと同じように時を過ごそうではないか。

俺が作ったクソみてぇな飯をみんなで喰らおう。

自称息子よ、父の日だったか、昨年の誕生日だったか・・
俺にプレゼントをくれるとか言ってたな。

それをまだ貰ってねぇんだ、俺(笑)

覚えているのだろうか?

何が欲しいと聞かれ、俺はこう答えた。

「お前が作った何か」

カレーでもいい、紙粘土で作ったオブジェでも、似顔絵でも、
写真でも、詩でも、歌でも、手紙でも、何でも。

お前が生み出したものが欲しい、と。

プレゼントなんてどうでもいいんだ。

ただな、約束は守れ。
  1. 2018/01/12(金) 06:43:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またしても歯磨きで注意

以前コンビニで歯を磨いていたら中国人の
店員に𠮟られたことがあった。

今回は大晦日の満喫で起きた。

トイレ前の通路で歯を磨いていたら店長らしき
おっさんに𠮟られた。

トイレ内の洗面台前で歯磨きしていたら、手を洗う
お客さんや入っているお客さんの邪魔になることに
気付いた。

だからあえて気を使い外に出た訳だ。

そこの満喫では歯磨きセットや髭剃りセット、下着まで販売している。
さらにシャワー室までついて、枕まで貸してくれる。

つまり宿泊大歓迎な訳ね。

てことは当然、歯磨きや髭剃りなんかも想定してるわな。

だからお泊りセットまで販売している訳だし。

買って欲しいから売ってる訳だし。

ところが、トイレで歯を磨くと他のお客さんの迷惑になる。

この店、そのこと分かってんのか?

かと言って、通路に出て歯磨きしても、これまた別の意味で迷惑だ。

それも理解できる。

中にいても外に出ても迷惑なのだ。

でも、外にいる方が実害は少ないと思う。

中の洗面台で歯磨きやら髭そりしてたら明らかに他の人、手洗えねぇ。

だから俺はあえて外に出た。

店長さん、お客の迷惑を最小限に抑えたつもりですが、何か?

そう言ってやりたかったが、大晦日、年明け目前のクレーマー・・

さすがにそれは、嫌だ・・あまりにも虚しい。

大晦日に満喫で独りしこってる時点で虚しい?

それは言わない約束だ(笑)
  1. 2018/01/11(木) 06:00:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年の抱負

今年の抱負とか、よく耳にする。

抱負・・心の中に持っている計画・決意。

ないね・・そんなもん。

あえて言うなら、家族も俺も死なずに・・つまり
生きていられること。

ただ、死なずに生きるって計画でも決意でもない。

計画も決意もできねぇ。

立てられてもせいぜい自殺の計画くらいのもんだろ。

話がズレてる、生きてることを前提に考えるもんだろ抱負とか。

あっ、思い出した、あるわ・・

「夏になったら頭を坊主にして、ロン毛直前まで切らない」

人生で一回だけ坊主にしたことがあるが、そう考えると結構な決意じゃねぇ?

これ今年の抱負にしとこ。

夏に坊主頭の俺見ても驚くなよ、笑ってくれ。
  1. 2018/01/10(水) 06:39:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広く浅く

年末に組織の懇親会に出席した。

ビンゴ大会で景品当たったやつ。

初めてビンゴで景品もらった。

そんな運が年明けも続いた。

会場で同席になった中年の研究者。

世間話の中で一冊の本を紹介してもらった。

「アーロン収容所」 会田雄次(著)

実はこの名著、読んだことがなかった。

「また読んでおきますよ、先生」と軽く返事して、
その日は別れた。

年が明けて、またその研究者と再会した。

すると封筒を手渡された。

あなたに進呈します、と。

封筒の中身は中公文庫発行の「アーロン収容所」だった。

手に取ると明らかに読み込まれた感がある。

おそらくこの先生が読んでいたものだろう。

嬉しかったな。ある意味サプライズだ。

ビンゴの景品よりずっと嬉しかった。

熟読して俺の感想をこの先生にぶつけてみよう。

相手は研究者、議論を持ち込むことが何よりのお礼になるだろ。

貴重な情報は遠いところからやってくることが多い。

やはり、この格言は的を得ている。

コミュ障なりに、広く浅くのコミュニケーションの大切さを痛感している。。
  1. 2018/01/09(火) 06:44:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流れに乗る

年末年始、親戚とも友人とも誰とも会ってない。

訳あり家族とも距離を置いていた。

別に卑屈になっている訳じゃない。

自然現象くらいに思っている。

自然現象?そう、流れみたいな。

今はそういう流れのとき。

うまく乗って、また別の波に備えるのだ。

唯一、自称息子にだけお年玉をあげた。

お金じゃなく、恒例の図書カード。

本を読めってことだ、いい加減流れに乗れ、クソがき。
  1. 2018/01/08(月) 06:27:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初しこり、初叩き

あけましておめでとうございます。

新年も何卒ごひいきに。

無事に新年を迎えることができたので、
今年も精一杯生きることにします。

ところで、今年ほど正月感が皆無な年も稀だった。

年末に宣言した通り、ただの連休。

まず、大晦日は満喫で年を越した。

満喫の個室でアダルトサイト見ながら、しこって寝た。

目が覚めたら元日の朝だった。

元日そうそう、スタジオでドラム叩いて過ごした。

翌日もやはり、スタジオでドラム叩いて過ごした。

初叩き、前日のオナニーより気持ちよかった。

まてよ、楽器の演奏なんて究極のオナニーではないのか?

チ〇コ握るかスティック握るかなんて、よく言ったもんだ。

あれ、年明けそうそう何を言っている、俺?

大丈夫か・・

元日から連日、俺の為だけにスタジオを開放してくれた。

このことに何より感謝。

しかし受付のアンちゃん、機嫌悪かった(笑)

笑えるくらい機嫌悪かったもん。

元日から仕事・・当然と言えば当然か。

ごめんなさい。

来年の元日の予約、できます?

なめてないっすよ、全然。

大体マジなんで(笑)
  1. 2018/01/07(日) 06:47:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0