FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

君の名は

ちょうど半年遅れで「君の名は」を見た。

喰うのも遅いけど、何をするのも遅い。

いい映画だった。

社会現象になるものうなずける。

映画館で観たら、もっと感動していたパターンのやつ。

この映画を一言で表すとしたら、

スピリチュアルなラブロマンス

うん、うまく言えた。

ところで、主人公の三葉、可愛すぎだろ。

あれに惚れない男子なんているのかなぁ・・
スポンサーサイト
  1. 2017/07/31(月) 08:48:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優しい先輩

地元に可愛がっている後輩がいる。

彼が中学生の時からずっとだから、
もう弟みたいな感覚だ。

俺を慕って俺と同じ高校へ進学して。

俺に憧れバンドを始めて。

俺を見習いバンドを辞めずにずっと続けている。

そんな後輩に久しぶりに話をした。

彼も、いいおっさんなのに、いくつになっても可愛いもんだ。

中学生の時と何ら変わらない。

そんな彼が、腕時計が欲しいんだけど、何か余っているのない?

なんて訊いてきた。

余るって何?(笑)

腕時計を余るほど買うバカいねぇだろ。

腕時計ちょーだい、って言えよ。みたいな。

まぁ、誕生日もここ数年何もあげてねぇしなぁ。

こいつにせがまれると、やりたくなるんだよなぁ・・

悪い癖だなぁ、俺。甘いよなぁ。。

最近はめてないけど、かなりのお気に入り。

チープカシオ。

翌日にあげちゃったよ。

いや、うまく取られたな。

たかがチープカシオでえらく喜んでた。

俺がつけてたやつ、ってのがいいんだろうな。

彼にとっては。

羨ましい~俺もこんな優しい先輩ほしいわ。

先輩とか怖い人か、行方不明者しかいねぇ(笑)
  1. 2017/07/30(日) 16:24:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優しい心

自宅の車庫にツバメが巣を作った。

そんな話を以前した。

親ツバメがせわしく餌を運んでいるのをよく目撃する。

親は大変だ。

先日、帰宅すると、一羽のチビが落下して地面に倒れていた。

残念ながら、もう生きていない。

かわいそうだけど、仕方ない。

すぐに自称息子に報告した。

墓を作って、手を合わせておいてやれ、と。

普段、食ったら食いっぱなし、脱いだら脱ぎっぱなし、
ゴミは捨てない、食器は下げない、弁当箱は出さない・・

何度言ってもすぐに行動しない!

そんな自称息子ではあるが、俺が報告してから
すぐに墓を作り始めた。

墓作って、手を合わせてやれ、と言っただけなのに。

それも立派な墓を作ってやんの。

貝殻とかで飾りつけまでして。

俺はちゃんと見ているぞ。

君のいいところも、わるいところも。

不思議な力、優しい心。

そんな君が大好きだ。
  1. 2017/07/29(土) 17:13:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリジナル曲

自身のバンドのオリジナル曲でありながら、
いざ演奏しろと言われても、できない。

自分達で作っておいて、再現できねぇ。

ライブでやるにしろ、やらないにしろ、これは
あまりに寂しい。

両手両足があれば数えられる程の曲数な訳だから
いつでもどこでも最高のパフォーマンスが出せないと。

そこで個人練習の目的もしばらくの間、明確にしようと思う。

くれいぢ、ラバーズともに、オリジナル曲全てを最高レベルで
演奏できるところまで持っていく。

これまでは、時期によってライブで演奏する曲のみが対象だった。

そして雑さが抜け切れてなかった。

何をどのように練習すればよいかは、自分の中にしっかりとある。

時間をかけて丁寧にオリジナル曲と向き合おうと思う。

ここ数日、自分達の曲しか聴いてねぇ。

聴けば聴くほどに、さらに好きになる。

曲もメンバーのことも。

俺って幸せ。。
  1. 2017/07/28(金) 16:54:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しいお絵描き

どうやら中国から無事帰国したくれいぢ、きょうちゃん。

おかえり。

帰国そうそう、メールをくれた。

その内容は、お盆に新しいお絵描きを入れる
というもの。

中国で何かあったの?きょうちゃん。

ガキも産まれて、ロクにバンド活動もできてねぇくせに。

この期に及んで何を言っているのだろう、この男。

ガキの為にもたくさん金も要ることだろうに・・

新しいお絵描きを入れる、バカだろ、こいつ(笑)

こういうところが、好きなんだけどなぁ・・

こういうダメなところが、好きなんだよ、俺は。恭平君!

俺もダメになっちゃおうかな。

神(カミ)さんに、ブチ殺される・・マジで。
  1. 2017/07/27(木) 17:10:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男試し

この時期、桑名市はえらいことになる。

そう、石取祭。

ユネスコに登録だか、何だか知らねぇけど・・

どえらい騒ぎだ。

この文化の中で育った神(カミ)さんも手を焼く程。

先週末も朝から祭の準備というので、我々は避難することに。

早朝、カミさんは随分とご機嫌ななめな様子。

朝のヨガも風呂も、おまけに朝飯も食わず車に飛び乗った訳で。

あてもなく。

とりあえず、堤防にシートをひいてヨガをやっていただいた。

そして瞑想に入っていただき、随分と落ち着かれた様子。

さらに、好物のアップルパイとホットコーヒーでブレイクされた神さん。

いよいよ、お風呂に入るそうです。

すると近くにヨガの師匠行き付けの温泉があるとか

源泉かけ流しの名湯らしい。

こんなとこあることも知らなかった。

私も連れて行かれまして・・だから俺は入れねぇって!

まぁ、何とも昭和チックな佇まい・・

ボロボロなんだけどね(笑)

受付には一人お婆さんが座っている。

身内が何やらお婆さんと話している。

お絵描きオッケーだって!

いいよ、俺は・・という俺の手を無理矢理引いてだ。

すると入口でお婆さんの一言

「あんた、ヤ〇ザ者か?」「まぁ、ゆっくりしていけ」と。

なんか怖ぇんだけど、この婆さん。

とりあえず、言われるままに男脱衣所へ。

湯の方は熱い、何分も入ってられねぇほど熱い。

膝まで湯につかり、ぼーっとしていると、屋外休憩所から
おっさんが入って来た。

おいおい、おい、その筋のおじさんじゃないのかな・・

背中や肩に和柄のお絵描きをされている。

目を合わせられねぇ、怖そうだもん、いや確実に怖い人達だから。

どうか、私のような洋柄者は無視してください、と祈った。

大人しく静かに、20分の半身浴を済ませ、大衆演劇のステージを
横切り、出入り口へ。

「なんや、もう帰るのか?もっとゆっくりしてけや」と婆さん。

だから、怖ぇって、あんた(笑)

感想は・・

こんな俺でも歓迎してくれるこの温泉には実に感謝している。

ただ、汚ねぇ、とにかく汚ねぇ。そして怖ぇ、いろいろ怖ぇ。

今後、俺はこの温泉を利用するのか。

と言うか、俺にそんな度胸はあるのか・・

男を試されてるのかもしれないなぁ・・

しかし、自転車でこの温泉に通いつめているヨガの先生は
やはり凄い。

いろいろ超越してる感、カッコよい。
  1. 2017/07/25(火) 18:00:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊んでもらったのは俺?

満喫に連れて行けとうるさい。

この頃は自称息子の天下だ。

普段俺の作った飯だと全然食わねぇくせに、
満喫のジャンクフードは一人で3,000円は食う。

まったく手に負えないから困る。

ところが、ダーツをやろうよ、と誘われ満喫の
ダーツルームへ行った。

初めてやったよ、あんなに真剣にダーツ。

自称息子にルールを教えてもらう始末。

遊んでもらっているのは、むしろ俺の方かもしれない。

こんな機会がなきゃ、遊ばねぇもん、俺。

勉強も苦手だけど、遊ぶのも苦手なもんで。

大人が真剣に遊んであげると、ガキは嬉しいんだろうな。

えらく楽しそうだったもん。

まったく、こう可愛い気があるもんだから、また困る(笑)

帰り道、スマホの画面を見せるとマックの
ダブルチーズバーガーが無料になるとかで。

マックに立ち寄った。

かみさんのスマホとガキのスマホ合わせて2つの
ダブルチーズバーガー。

ホントに無料になった。マジか。

満喫であれだけ食ったガキが、まだ食ってやんの
ダブルチーズバーガー。

若いって、正義でしょ、やっぱ(笑)

今日は遊んでくれて、ありがとな。

また遊ぼうな。自称息子よ!
  1. 2017/07/25(火) 17:49:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今場所を終えて

大相撲名古屋場所も終わったのに、
ブログに相撲ネタがない。

長野の友人にそうコメントされた。

待ってましたよ、そういうの(笑)

書きましょう、書かせてください。

さて、今場所も場所が始まる前に峰崎部屋と貴乃花部屋
の稽古を見学に行った。

俺は場所中ではなく、場所が始まる前に見学に行く。

力士達の身体の張りや艶を見て、今場所の活躍を
占うのだ。

結構当たるんだ、これが。

今場所も終わってみれば、いろいろなドラマがあった。

私もなかなかの相撲愛好家なので、語りだすとキリがない。

長野の友人が喜ぶのような記事を書いて締めるとしよう。

今場所も長野県出身の関脇、御嶽海の活躍が凄まじかった。

終わってみれば、関脇の地位で勝ち越し、殊勲賞までさらった。

先場所に続き、2場所連続で殊勲賞を取った。

高安が大関に昇進し、琴奨菊が大関から陥落、玉鷲も関脇から
陥落・・まさに今相撲界は世代交代の真っ只中なのだ。

そんな中、今大関に最も近い男が、この御嶽海なのかもしれない。

御嶽海という力士は、なにせ本番に強い。

稽古場では勝てない相手でも本場所になると倒してしまう。

長野県民からすれば、もう横綱級の英雄なんでしょ?
おそらく地元では。

長野県から関取が出るのは、47年ぶり。

長野県出身力士の十両優勝は、66年ぶり。
(地味に十両で1回優勝している)

長野県出身の三役力士は、84年ぶり。

そして東洋大学相撲部出身としては初の三役力士。
(確か磋牙司も東洋大だったかなぁ、静岡出身の)

さらに長野県出身力士としては62年ぶりに金星を取った。

とまぁ、長野県から国宝級の力士が誕生したって訳だ。

怪我さえしなけりゃ、近い将来確実に大関になるだろうな。

とまぁ、こんなところで(笑)今場所はさよなら。

お盆あたり、長野県に遊びに行くから。

友よ、再会しようではないか。

相撲について、音楽について語り明かそう。
  1. 2017/07/24(月) 16:46:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

進化するマザー

久しぶりに実家に立ち寄った。

本を読んでいたら、言葉を調べたくなった。

母親に辞書を貸してほしいと頼んだ。

ブツブツ言いながらタンスの中をあさってくれた。

本棚ではなく、なぜかタンス。

そこで母は衝撃的な発言をした。

「辞書くらい出すけどさ、携帯で調べた方が早くない?」
「私も辞書出すの面倒な時は携帯に頼っているけど」

これ、別に何でもない発言のようでしょ?

でも俺にとっては衝撃的「えぇっ!?今なんて言った?」

くらいの感じ。

両親、俺ともに未だにガラパゴス携帯ユーザー。

両親の携帯はメール機能すらない。

電話番号登録の方法を数年前に俺が教えてあげた。

両親にとって携帯電話は電話をかける道具でしかなかったはず。

親父にいたっては、未だに手帳を見て電話番号を調べ、
いちいち番号を直接押して電話をかけている。

親父はともかく、母親は確実に進化している(笑)

「オカン、どこで覚えた?そんな辞書の機能」
「てか、何で知ってる?」

と訊いてしまった。

「便利やろ、あんたも使うといいよ」と。

いやだから、話ズレてるよ。

てか、うっせぇーよ(笑)

カミングアウトすると、何が欲しいって
電子辞書が欲しかった俺。

携帯の辞書って、別料金必要ないんだね。

電子辞書、今のとこ必要なくなった。

しかし、便利ですなぁ、ガラ携って・・
  1. 2017/07/21(金) 08:56:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

三者面談

自称息子の三者面談があったらしい。

高校の先生、かみさん、自称息子の三人。

まぁ、親の前で成績表を見せびらかすという・・
拷問に近いような制度が今もあるらしい。

自称息子は、俺に来てほしいのだと。

そう、俺は先生と名のつく輩とは話す気はないので。

沈黙を通して座っているだけ。文字通り座っているだけだ。

ガキとしては気が楽なのだろう。

しかし、そうは問屋が卸さない。母親の目はごまかせない。

俺が毎回ガキに必ず言うことは決まっている。

「お前、この成績見てどう思うの?」と聞くだけ。

どんな返答をしても「そうか」としか言わない。

いや、言えない。。

毎回、クソみたいな成績を目の前にして、どう思っているのか
に興味がある。

今回は、クラスブービー賞。

つまりその、クラスの中で最下位の次。

見事なもんだ。ビリにならないところが、また見事

笑っちゃいけないが、笑えるレベルでおもしろい。

これで「大学に行く」とほざくところが、また愉快だ。

現実離れしてらぁ、ぶっ飛んでらぁこいつ(笑)

この成績だと、母親の雷が落ちると思いきや・・

ご機嫌で帰ってきた。

先生に褒められたらしい・・・えっ、何を褒めるの?

と思うでしょ。

先生曰く「彼は、いい奴だ、非常にいい性格をしている」
「お母さん、上手に育てられましたねぇ」と。

完全に話ズレてるけどな(笑)

成績や進路の話だろ、三者面談って。

ところが、これでいいんだ、俺もそう思う。

いい先生ね。先生、分かっている!

そうでしょ、いい奴でしょ、可愛い奴でしょ!

俺の息子ですから、自称・・なんてね。

成績なんぞは、努力すれば必ずよくなる。

それをどこまでできるか、ただそれだけの話。

勉強にどこまで興味をもてるか、好きになれるか。

もしくは、嫌いな勉強にどこまで耐えられるか。

興味、忍耐、継続、欲望

これだけのことだと思っている。

ただし、自分がどこまでやれるか、これを知っておくことは
大事なことだと思う。

どこまで興味をもてるか、どこまでの忍耐力があるか、
どこまで継続できるか、どこまでの欲望を持って望めるか・・

自分を知るということは、大切だ、息子よ。
  1. 2017/07/20(木) 15:31:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水浴び

訳あってしばし車中泊をしていた。

とりあえず帰宅できそうだ。

今回の車中泊で試したいことがあった。

これまた訳あって銭湯に入れないので・・

この時期ならではの水浴び。

水浴びというか、まぁ頭と身体を洗いたい訳です。

全身用のギャツビー濡れティッシュ的なやつを駆使
してきたが、いよいよ限界。

満喫のシャワー室は割高でもったいない。

銭湯も無理となると、お外で水浴びしかない。

車には、水タンク、手桶、シャンプー、石鹸は常備してある。

問題は水浴びの時間と場所だ。

お絵描きした人が全裸になって外で身体洗っている訳だから。

確実に通報されますよ、これは(笑)

夜は安全だが、水浴びは熱い昼間に限る。

炎天下の真昼間、某川の堤防で決行!

37歳、全裸万歳!

漁師的な人に見られたが、ここは無視。

平然と全裸でシャンプー。

水浴び大成功!

いい風呂だったぜ。
  1. 2017/07/18(火) 12:05:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンビニの中国人

昨夜スタジオリハの帰り道。

某セブンイレブンで歯磨きをしていた。

夜中の静かな店内、背後から大声で叫ばれた。

あまりにびっくりして、俺も「ギャァー」ってなった。

日本語に明るくない中国人店員だった。

中国人、声デカっ!

観光地に群がる中国人のしゃべり声も
デカイこと、デカイこと。

ムカつくほどに声デケぇし、よくしゃべる。

これは偏見か?

日本語は下手すぎてちゃんと聞き取れなかったが、
たぶん怒ってはないだろ。

手洗い場で歯磨きしてるくらいで。

怒ってないのに、静かなのに、この声のデカさはパンチある。

はっきり言って、私は非常に不愉快だ。

ここは手洗い場であって歯を磨くところじゃない、直ちに
立ち去れと言っているような感じがしたので・・

大人しく立ち去りましたが。

日本で日本人の俺が中国人に注意されているという・・

なんとも腑に落ちない状況。

俺のマナーに落ち度があったにせよ、腑に落ちないよなぁ。

そもそも歯磨きくらい家でしろよ、って話だけど(笑)
  1. 2017/07/14(金) 11:15:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

資格

身内がうつ病と闘いながら、ヨガを続けている。

そしてようやくインストラクターの資格に手がかかる
ところまで来た。

うつ病を発症してもなお、瞑想やヨガのポーズを続ける
身内は、ある意味で変態だと思う。

超越したのかもしれない。

でも超越しているなら、うつ病にはならないか。

資格を取れるレベルにまでなったが、取るべきか否か
相談を受けた。

資格なんて仕事と繋げる必要性を感じない。

医者とか資格ないとできない仕事は仕方ないけど。

自分のやってきたことを目で見える形にしておけるもの。

それが資格だと思う。

能力を保証できるものなどと、まるで考えていない。

芸術家に資格はない。

芸術家は作品を残していくもの。

それが目で見える形あるもの。

だから資格なんていらない。

俺の発想は、そんなところ。

やはり、何か変だ(笑)

  1. 2017/07/13(木) 10:20:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第33回読書に関するエッセー作品募集

第33回読書に関するエッセー作品募集に応募しようと思う。

提出先は、四日市市立図書館。

一般成人の部最優秀賞は賞状及び2万円の図書カード。

俺は燃えている。ほしい。賞状も副賞も。

テーマは「心に残った一冊」
または、あたなの読書法・読書論について

どの一冊を選ぶか迷った挙句、読書法について
書くことにした。

400字詰原稿用紙3枚。

すぐ書けた。普段実践している読書法を書いただけなので。

幸い俺の周りには先生と呼ばれる知識人や学者の
類がたくさんいるが、こういう人達に校正をお願いする
程、ナンセンスなことはない。

確かに審査を通過する為には、こういう有識者の意見や指摘は
貴重だろう。

でも、こういうの大嫌いなんだよ(笑)

俺の作品には指一本触らせねぇ。

音楽もしかり、未完成の美が俺の美学だ。

よくないのがいい、と言えば語弊はあるけど。

頭がいい奴や文章の上手な奴はいくらでもいる。

そんな奴等に俺のような、ブログ書いて喜んでいる
だけのド素人は到底太刀打ちできない。

人生経験とセンスだけで勝負。

あとは、小学校の作文程度の文法力。

自信ないけど、審査結果が楽しみだ。

宝くじの当選日を待つより、よっぽどワクワクするぜ。
  1. 2017/07/11(火) 16:21:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界平和

明日は七夕。

短冊に何か願いを書いてくれと言われた。

それを笹に飾る訳だ。

達磨に願いを込めて目を入れるのもしかり、
最近、願い事とかよく分からない。

あえていうなら、平穏な日々。

俺だけ平穏になってもなぁ・・

そこで短冊には、こう書いてみた

「世界平和」

柄でもねぇ・・大丈夫か?俺。
  1. 2017/07/06(木) 17:04:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自称キャンピングカー

最近何が楽しいって、車中泊。

俺のバンがどんどんキャンピンガー化している。

DIYでベッドを製作。

もうどこへでも行ける。

空すら飛べる気がしてる。

これからの時期、車中泊は灼熱との戦い。

標高の高い所を目指しての移動。

この自称キャンピングカーで今一番行ってみたいのが

長野県の美ヶ原高原美術館。

ここの駐車場で寝たら、涼しくてきっと気持ちいいよ。

そして何より、ここの近くに友人が住んでいる。

彼が三重県を離れ、まだ一度も再会していない。

こんな標高の高い美術館で友人と再会するなんぞ、

ロマンだよなぁ。

旅は男のロマンですわ。
  1. 2017/07/05(水) 17:12:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルーツはマントラ?

ここ最近、床につくと暑くてなかなか寝付けない。

クーラーがないから仕方ないが、寝るのも修行だ。

その寝付けない最中、マントラが聴こえてくる。

サンスクリット語の呪文みたいなやつ。

心を落ち着かせる効果があるそうで、身内が隣で
流している。

うだるような暑さの中、昨夜もマントラを聴いていると
あることに気付いた。

マントラにもいろいろと種類があるんだけど。

このマントラ、toolのメイナードじゃねぇ?

toolと言えば、個人的に相当な影響を受けた。

というより、衝撃を受けた。

CDも聴き漁った。

中でもカリスマ的ボーカリストであるメイナードの
世界観は唯一無二だと思う。

そのメイナードのボーカルと昨夜のマントラがリンクした。

もしかしたら、彼のボーカルはマントラにインスパイアされてい
るのかもしれない。

真相は分からないが、そうだとしたら、彼のセンスに脱帽する。

そうでなくても脱帽しているけど。

興奮して目が覚めてしまった。

ケンカ別れしてもう二度と会うことはないであろう
元バンドメンバー。

彼もメイナードに相当な影響を受けていた。

いや崇拝していた、もう信者。

そんな彼は、このマントラのことに気付いているのだろうか・・

伝える術もなければ、そんな関係でもない。

ただ、このマントラとメイナードのボーカルとの関係性について

彼の意見が聞きたい衝動にかられ、さらに寝付けなかった。

なんか、今更ながら、切ねぇ・・

もう会えなくなる別れとか、よくねぇよな・・

背中にべったりと寝汗をかいて、マントラが聴こえてくる
そんな寝苦しい夜のこと。
  1. 2017/07/04(火) 11:09:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刹那的

天才バンドのライブ観て来た。

奇妙礼太郎さん、素敵な人だった。

何とも言えぬ独特の雰囲気のある人だった。

久しぶりにライブ観た。

耳がキーンってならないライブも久しぶりだ。

俺の好むバンドのライブは大抵帰りには
鼓膜が完全にやられちまう。

俺は、おそらくきっとロックに対して刹那的なものを
感じている。切なさ、儚さとも言えるのかもしれない。

痛いほど刹那的で、可哀想なほど儚い・・それがロック。

なのにどこか芯の強さを感じるような・・

それがロックだと勝手に思っている。

少なからずロックをやっている自覚がある俺は、そんな
刹那的で儚いものを表現しようとしているとも思う。

観ていて心を動かされるライブもそんなライブだ。

心が動かないライブも、音楽かもしれないけど、
俺にとってはロックじゃない。

少なからず、俺はもう音楽をやっている自覚はない。
  1. 2017/07/03(月) 17:09:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad