FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

また解散

後輩のバンドがまた一つ解散した。

活動休止を経ての解散。

定番のやつ。

ストレンジ・ラブっていうクソバンド。

解散だってさ。

3回も言ってしまった、解散・・4回目。

バカじゃねぇの?

バンド舐めてんのか、死ね!

とか、言ってやりたいのは山々。

よく頑張ったよ(笑)

俺がバンドを続けてられるのはたまたま。

運が良くて、少しバカなだけだと思う。

解散とか、マジで紙一重。

きっと、彼等もみんなと同じくらい頑張っていたはず。

俺も彼等と同じく根性なし・・嫌、彼等以上に根性なし。

だから自らにお絵描きしてやった。

大いに描いてやった。

これじゃ、辞めらんねぇ。そう簡単には音楽辞められない。

不安や恐怖との戦いでもあるよ、人生ってのは。

頑張れよ、後輩諸君。

バンド辞めたからって、逃れられないぜ、それが人生だ。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/29(月) 17:02:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もはや駄菓子

「孤独のグルメ」にハマって以来、
直感を頼りに飯屋を探すことにしている。

チェーン店とかあまり行く気がしない。

先日たまたま喫茶店に入った。

入口にこう書いてある。

ロールケーキセット¥500円

コーヒーか紅茶にロールケーキが付いて。

いいじゃないか、コスパ悪くない「ゴローさん風」

ロールケーキセットの紅茶で。

注文すると、いかにも呑気そうなマスターが
カゴをもってきた。

嫌な予感しかしねぇ・・

なんとその中には、お菓子のロールケーキが(笑)

包装してある、スーパーとかにあるやつ。

駄菓子だよな、これ。みたいな・・やつ。

なるほど、そうきたかぁ・・このマスターなかなかに手強い。

我に返り、あっ間違えました。

紅茶単品で一つください。

昔なら損した気分でイラついただろうが、
最近は、こういうのがおもしろい。

ゴローさんありがとう。
  1. 2017/05/23(火) 17:51:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手相

生まれて初めて手相見てもらった。

いわゆる占いってやつ。

大阪、石切神社は占いのメッカ。

占い師も集結している訳だ。

まぁ、直感ってやつを信じて、一人の
お婆さん占い師を尋ねた。

評判とか知らねぇけど、500円だし、まぁいいか。

手相によると、どうやら俺は人並みに長生きするらしい。

ところでよ、もしもだよ、手相的に命短しみたいな奴が
来るとするじゃない?

つまりその、手相的にはもうすぐ死ぬ訳だよ。

そんな客が来て、手相見るや「あんたもうすぐ死ぬよ」

言うかねぇ・・

てか、言えるかねぇ(笑)

仮にもだ、観光気分で楽しくやってきたお客に対して

言えるだろうか?

手相的にそうなら、金払ってる訳なんで、言ってもらないと困る。

それが知りたいのだから。

おみくじの箱の中身、全部大吉的な・・

そんなノリなのだろうか・・とも。

とかいろんなことを考えてしまった。

でも俺は単純なので。

そうですか、人並みに生きれますか、万歳!

上機嫌で帰宅しましたけどね。
  1. 2017/05/23(火) 17:37:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

量より質

ジュンク堂など大型の本屋は頼もしい。

ただ、情報誌の類はコンビニの方がよかったりする。

大型の本屋は品揃えは豊富な故、専門過ぎるものも多い。

情報誌の類はライトでお手頃なのが丁度いい。

コンビニには無駄なものはない。

あのスペースに無駄なものは置けない。

手頃でいいものを厳選して置いている感じもいい。

つい先日も早朝のコンビニで3冊も本を買ってしまった。

本屋だったら買わないであろうに。

購入した3冊はどれも良本だと思う。

けれども、本屋だと種類が多すぎて埋もれてしまう。

本屋だったら買わないというか、選べない。

そう考えるとメニューが少ない定食屋とかも嫌いじゃない。
  1. 2017/05/17(水) 15:55:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神経症

どうもおかしい。

やはりおかしい。

これまで37年もの間生きてきて違和感しかなかった。

世の中というか周りというか。

最近、この違和感はどうやら病気であることが濃厚になった。

一言で言うならば、神経症。

ガキの頃、吃音とチック症に随分と悩まされた訳だが。

これで納得がいく。

俺は病気なのだと思えば。

身内に言わせると、吃音もチック症も完治していないらしい。

毎日一緒にいると分かるのか。

会話の中でふわりと顔を出す、どもり。

チック症の名残か、ふわっと顔を出す不自然な歩き方。

まぁ、言われてみれば、確かに。

それはそれとして・・

その手の専門書を読んでいると、明らかに
これ俺じゃん、っていう心の症例がたくさん出てくる。

こうなってくると、死ぬまで自己実現できねぇ。

それは嫌だ。

我ながら、ちょっと笑えた。

病気であれば直せばいいし、

性格ならば変えればいい。

人はいつだって変われる。

そういう時代でしょ?
  1. 2017/05/16(火) 17:07:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう世間話すらも危うくなってきた、最近のわたくし。

コミュ障を越えてきたね、ある意味(笑)

今夜、飲むに行くんですよ!金曜なんで。

とか、そんな世間話を吹っかけられると・・

いいですねぇ~羨ましいですねぇ~なんて。

卑屈になってるのか否か紙一重ではあるが。

無性に一人スタジオにこもりたくなる。

酒場に向かってくれ。

俺はスタジオに向かうぜ。

この気持ちがある内は、俺はまだやれる。

ご褒美はコーラだな。

可愛い、俺(笑)
  1. 2017/05/12(金) 17:02:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

達磨に願いを

岐阜県にあるとあるお寺に行った。

ここはいわゆる達磨寺。

大きな達磨さんが神様。

ご利益を得ようと達磨をいただて帰った。

達磨の片目に目を入れる。

願いが叶えばもう片方にも入れる。

そしてお寺に納める。

その達磨を納めに行く訳なので、あまり
長期的なお願いは、そぐわないような。

いつまで経っても片目の達磨が家に置かれて
いるのは、ちょっと。

ただの置物になってしまう故。

短期的な願いごと・・

これがないんだ。本当に思い浮かばない・・

ある意味困ったもんだ。

短期的には叶わないと思っているのか否か。

たとえ短期的だと思っていても叶わなければ
これまた置物と化す訳で。

短期的願い事が長期化することを何より避けたい(笑)

俺はどうしても片目の達磨を置物にはしたくないようだ。

心の声が聞こえる・・その願い事、本当に短期で叶うのか?

などと。

自分自身が叶うと信じない願いなど叶う訳がない。

現状に満足というか、現状をどう感じて生きているか。

それが全てだと思っている。

現実とどう向き合うか、という言い方もできる。

この現実とやらと向き合っていると、願い事をするという
感覚が薄れてくる。

毎日繰り返される日常に俺は常に反応している。

反応を繰り返している。

俺はこの自分の反応に翻弄されている。

もう処理しきれない程だ。

この反応次第で自分の見る世界は変えられる。

心のどこかで思っている。

この反応をコントロールしなければ、願い事など叶わないと。

全てにおいてその根底にあるのは、やはり「愛」と「感謝」だと思う。

本当にそう思うよ。

願い事・・

何事にも愛と感謝の気持ちを持てますように。

こんな願い事、何か変でしょ?明らかに(笑)

てか、何かズレてる感否めない。

う~ん、そろそろ片目を入れてやらないとなぁ・・

人間ドックの結果がよくなっていますように、なんて。
  1. 2017/05/10(水) 13:12:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自発的登山

これまで強制的に連れて行かれていた登山。

普段履きのスニカーで30キロの荷物を背負い。

とにかく足が痛てぇ、そして滑りまくる。

自分の意志で行く訳ではない登山の為に
無駄金?は使えない。

そんな理由で私服にスニーカー。

気が付けば三重県鈴鹿山系の主要ルートは
ほぼ制覇してしまった。

先日誘われたのは、鈴鹿山系の一つ「お金明神」

靴を脱ぎ川を渡らなければならないルート。

この時期の川は痛いほど冷たい。

もちろん登頂成功!

今回、いよいよトレッキングシューズってやつを用意した。

さすがにもうスニーカーでは無理がある・・

ってよりも、登山をもっと楽しみたい・・なんて。

半ば強引に連れて行かれていた登山。

数年登ってみてどうやら、はまったようだ。

コロンビア製のちゃんとしたトレッキングシューズ。

俺が持っているどのスニーカーよりも高価。

これ、やべぇ!道具って大事よ。

足痛くねぇ、滑らねぇ。当たり前か(笑)

楽しくて仕方ない・・登山。

この靴あればどこでも登れる感覚。

いよいよ日本アルプスデビューの日も近いか。

そもそも登山ってスポーツなのか?

無言で無心でひたすら頂上を目指す孤高の行為。

よく考えてみれば、俺にお似合いのスポーツかもしれない。

強制的登山が自発的登山になった瞬間だった。
  1. 2017/05/08(月) 16:02:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad