FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

ブログランキング

昨夜はバンドの定例会議。

よい子のみんな、ガストに集まれ!

人気者になる為に我等がラバーズは
何をなすべきか?

テーマはこれにつきる。

そのテーマに沿って、各人がなすべきことをやる。

またしても俺はズレていた。

俺はそのなすべきことをブログに集約している。
今のところ。音楽活動以外のね。

ところが、俺のブログの内容的に人気者になる、
つまり認知度を高める威力があるのか?

広く人々の関心を拾ってこれるのか?

これは残念ながらノーのような気がする。

俺はブログも音楽と同じ、表現でありアートだと思っている。

この時点でどうも、俺は他のメンバーとはズレていることに
気付いてしまった。

しかもダメなズレ方をしている気がしてならない(笑)

でも、メンバーは俺にはとても優しいので、やれる範囲でやってくれと。

世間で話題になっているトピックに触れることが第一なのかも。

この時点でハードル高けぇ・・

そしてミーティング終盤で俺のブログはどれほどの人達に読まれているのか
を調べておくようにと。

要は、どれくらいの人達が訪問しているか数字で確認する訳だ。

またこの数字っていう響きが苦手だ・・ハードル高めだ・・

そんな甘いこと言ってるとメンバーに本気で殴られそうだから、
この変で数字とやらを。

来訪者ってどうやって調べるの?

あっ、なんじゃこれ、ブログランキングとかいうのに行き着いた。

ランキングだから来訪者数ではないが、よく分からないから、
とりあえず、今日はこれで。

ズーマブログが登録しているジャンルは音楽、さらにバンド。

それでは発表します!

音楽では、29292人中3006位

バンドでは、1930人中112位

昨日の時点で、らしい。昨日の時点って、昨日の投稿に関してなのか、
これまでの累積なのか、これもよく分からんなぁ。。

とにかく頑張ります。1位とかになったら、そりゃすげぇよな、きっと。
スポンサーサイト



  1. 2016/03/31(木) 18:26:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変わらないからいい

クロマニョンズをちゃんと聴いてみた。

すごく良かった。

どう良いかって、ブルーハーツ的な良さ。

ギターとボーカル一緒だから、そりゃそうか。

でもハイローズとはちょっと違う気がする。

ブルーハーツからハイローズになって、

どこか洗練されたと言うか巧くなったというか、
そんな感じがしてた。

でもクロマニョンズになって、またブルーハーツの素朴な感じ
に戻ってきたような。

8ビートって曲、すごくカッコ良かった。

隣にいた身内が「なんだか古臭い感じがすわね」と。

バカ言え!これがいいんじゃねぇか!

いつまでも変わらないからいいんだ。

甲本氏のパフォーマンスも昔と何ら変わらない。
マーシーのバンダナも。

だからいいんだ。

変化とは不思議なもので、変わらざるを得ない場合もある。

変わりたいから進んで変わる場合もある。

でもそれは単なる変化であって進化でない場合だってある。

変わるからには、進化していきたい。

変わりたくないから、変わらない。

そんなことが少しくらいあってもいいと思う。

だって人間だもの。

クロマニョンズの甲本氏はこんな名言を残している。

「ロックンロールを好きになった人は、やりたいことしかやれなくなる」

「売れているものが良いものなら、 世界一のラーメンはカップラーメンだよ」

さすが、おそれいりました。
  1. 2016/03/30(水) 17:16:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横綱の品格

荒れる春場所大相撲が終わった。

蓋を開けてみると白鵬の優勝。

千秋楽(最終日)白鵬が優勝を決め、インタビューの
最中もヤジの嵐。

白鵬自身あまり嬉しそうには見えなかったし、泣いていた。

優勝してあれだけヤジられたら、確かに悲しくもなるよな。

このヤジは、白鵬が強すぎて憎らしい訳ではない。

千秋楽の対戦相手は、同じ横綱日馬富士。

注目の立会い、あろうことか白鵬の変化(よけるの意)

当たり合わずに、さっと身体をかわした。

接触するまでもなく日馬富士は土俵の外へ。勝負あり。

これにお客さんは憤慨したのだろう。

横綱同士の大一番、熱戦を期待していたのに。

あとは、品格の問題。横綱の品格。

横綱は心・技・体の頂点。そんな横綱が立会いの変化で優勝・・

確かに勝ちは勝ち。厳しい勝負の世界。

勝ち負けにこだわって当然。

でも大相撲はスポーツではないと思っている。

大相撲の伝統、しきたり、ならわし・・・が存在する。

勝てばいいってものじゃない。

横綱であればなおさら。それだけ重い地位なのだ。

貴乃花親方が言っていた。

「力士という職業が今も存在していることが、大相撲の
すごいところ」と。

今場所の白鵬の相撲は、張りざしからの右強烈なぶちかまし。

いわゆる横綱相撲ではないとは思う。

大砂嵐じゃあるめぇし(笑)

そんな相撲で白星を重ね、千秋楽で変化・・

俺は千秋楽の白鵬がただならぬ恐怖心で土俵に
上がっているように映った。

日馬富士とまともに当たり合いたくない。

立会い負けするのが怖い。

勝負に負けるのも怖い。

負けて、稀勢の里と決定戦になるのも怖い。

そんな恐怖心から出た変化だと感じた。

そりゃ白鵬だって人間だもの。

そんな時だってあるさ。

賛否両論あれど、みさなんはどう感じましたか?

今場所の白鵬の優勝はありか、なしか。

聴衆や観衆は、ある意味滅茶苦茶だから。

俺は考える、自分が力士だったら、って。

まず自分が力士だったら、そもそも横綱になれているのか?

そこまで登りつめるのにどれだけの苦労と努力があっただろう?

ビール片手にヤジを飛ばすオヤジにだけはなりたくない。

ヤジを飛ばされる側にいたい。俺は。
  1. 2016/03/29(火) 17:06:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイハー

ガキがハワイ旅行から帰ってきた。

ただただ羨ましい。とにかく羨ましい。。

1週間近くも常夏の島でワイハーだなんて。。

まるで夢のような話だ。

こんな幸せなガキを俺は知らない。

真っ黒に日焼けしていたところを見るに、
相当楽しかったのだろう。

一緒に行った人の話では、一人でずっと海にいたとか。

海から出てこなかったらしい。

彼がまだ小さかった頃、俺の生まれ故郷の伊勢志摩の海に
連れて行ってよかった。

初めは怖くて常に浮き輪の中にいたけど、泳ぎ方を教えてあげて
何回も行っている内に恐怖心も無くなったのだろう。

2年前に行った時など、とうとう一人で遠くまで泳げるようになっていた。

思うように泳げれば、ワイハーの海とも仲良くなれる。

よかったね。いろいろ。君は幸せ者だね、きっと。

ハワイの海と伊勢志摩の海、どちらがよかった?と聞いてみた。

どっちもいいから、どっちの方がいいとは言えない、と。ガキ

それだから君は、みんなに愛される訳だ。

ハワイの方がいいに決まっているじゃん!(笑)
  1. 2016/03/28(月) 17:54:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初座禅・初お経・初写経

俺の宗教観はさておき、そして無宗教であることはさておき。

生まれて初めて座禅を組んだ。

生まれて初めてお経を読んだ。

生まれて初めて写経した。

先祖代々、神道の家に育ったので、お経とは無縁。

神道は祝詞だから。

これは、何もどこぞのあやしい自己啓発セミナーではない。

お寺の和尚さんに教えてもらった。

瞑想はよくやるけど、座禅は初体験だった。

よく似ているが、似て非なるもの。

そもそも瞑想のルーツはキリスト教で、
座禅のルーツは仏教だ。

座禅のやり方が分かったから、瞑想と座禅を気分で
使い分けようと思う。

ばち当たりな感じは否めないが、何と言っても俺は無宗教だ。

特定の宗教に傾倒している訳ではないから、問題なし。

和尚さんは、俺に「空」と「無」の話をしてくれた。

空とはempty、無とはnothingを意味するらしい。

難しいことは、よく分からないがつまり、

こだわるなってこと。

そしてこうも言っていた。

「信心」

これも深すぎてよく分からなかったがつまり、
自分を信じる。

今の世の中、情報があまりにも多すぎるから心がぶれる。
迷った時は、周りをシャットアウトし自分の心の声を聞きなさい。
そして、それに従いなさい。

自分大好き人間なのだろうか、お陰様で自分を信じることは大得意だ。

また少し、賢くなれた気がする。
  1. 2016/03/27(日) 17:09:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃源郷へ至る旅

呼ばれ導かれないと辿りつけない秘境を目指した。

以前にも行こうとしたが、辿りつけないどころか計画倒れ。

先日の早朝、呼ばれた。

ただし、導かれないと辿りつけない。

行ってみないと分からない。

目的地に辿りつくまでの道中が、すでに秘境。

こんな所があったのかと感動するばかり。

俺の移動手段は車。でもバイクがあったら絶対に
バイクで行く。

でも今はバイク自体に導かれていない。

そう。乗れない訳じゃない、乗らない方がいいから、きっと今は。

お導きに従う旅だから、何の計画性もない。

まさに行き当たりばったり。

本当に辿りつけるか、俺自身分からない訳だから。

ナビも突然バグり始めた・・

カメラもうまく撮れない、なぜだ?なぜ写らない?

カメラもバグりだしたのか・・

でも全然怖くない。これが不思議体験ってやつだろ。

風景が、もうおかしい。。

トンネルとかも、おかしい。。

俺は今、青山高原の風車以来の体験をしている。

種類は違う。

俺が観たまさにあの日の青山高原の風車は、「神秘」「荘厳」

今回のは、「桃源郷」

あまりの美しさに何度も車を停めて寄り道した。

同乗した身内が言う。

「急がないと、辿りつけない。先を急ぎましょ」と。

インスピレーション。

人生の目的地は何処だ?一体何だ?

この問いに俺はすぐ答えられない。

だが、人生には絶対的に寄り道が必要だと思える。

もしかしたら寄り道のせいで、目的地に辿りつけないかも。

それでも、寄り道を楽しまなければ、いい人生とは言えない。

そんな気がする。俺は。目的地を持った上での寄り道を。

俺が日々やっていることなんて、寄り道でしかない。

寄り道で手に入れた感動や知識や感性や繋がりが俺の武器。

その武器がないと、目的地には到達できない、きっと。

そんなインスピレーション。。だから、寄り道していこうよ。

このインスピレーションを俺に与える為に、寄り道させたに違いない。

でも身内はこう言う。

「不思議体験だと言えば、それまでだけど、あのダムからあなたの様子が
おかしいわ」

「ナビもカメラもバグるし、あなたは変になるし、寄り道させることで、目的地へ
辿りつけなくさせようとしているのかも・・何者かが」

もしかしたら、俺には見えないものが君に見えているのかもしれないね。

でも、導きに従うだけだよ。

インスピレーション。

俗世間の欲望に惑わされるな。

目的地へ辿りつきたければ、欲望に惑わされるな。

そんな欲望を置いてこなければ、目的地へ辿りつけない。

あまりに素晴らしい道中を抜け、いよいよ目的地はもうすぐ。

ナビもあてにならないから、集中して勘を働かせる。

あの世に繋がっているのか、出口の光が遠ざかっていくような
そんな不思議なトンネルを抜けた。

ここまで来たら、もうよく分からない。

駐車場があるはず。でももう分からない。

看板らしきものがある。登山道入口的な。

ここに車を捨てて、登るしかない。もうすでに15:00前。

これ以上走って迷えば、諦めることになる。

いちかばちか、山を登るしかない。

でも山で迷ったら、それこそおしまい。

もうじきに暗くなる。

全力で1時間、登り続けてみよう。

それで見つからなければ、引き返すしかない。

道中、身内の心が折れた。

「こんなところに、ある訳ないよ、

戻りましょ、せっかくここまで来たのに・・」

身内には珍しい弱音。

今日に限っては、俺の勘、感性の方が身内より鋭い自信が
あった。

いや、必ず見つかる。タイムオーバーになるまで俺は諦めない。

くそっ、導かれなかったのか、俺達は。。。

おい、おい、待て、上に何かある、何か見えるぞ、早く!

さぁ、早く!

結界だ・・まさに。とうとう見つけた。辿りついた。

身内は泣いていた。俺たちは選ばれ、導かれたのだ。

もう写真は撮れなかった、撮ってはいけない気がした。

人にはそれぞれ、辿りつくべき桃源郷がある。

俺には俺の。読者の方には読者の方の。それぞれに。

俺はミステリアスに見せるつもりも、秘密主義でもない。

だけど、インスピレーション。

この日の出来事は、これ以上、人に話さない方がいい。

だからあえて場所も方角も、言わない。

かろうじて撮れた数枚の写真もブログにはアップしない。

俺はよく人に言う。

「音楽は、その人の心の中だけにあるものだから」と。

今回の旅もそんな感じ。

インスピレーションを感じてみてください。

宇宙のサインに気付いてください。奇跡を信じてください。

桃源郷は、すでに用意されています。
  1. 2016/03/26(土) 09:23:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

性格改造メソッド

持病の下痢さえ克服すえば、俺は最強だと思っていた。

数年前に出会った名医に「君は病気じゃない」
「克服したいなら、せいぜい性格を変えることだな」

そう診断された。

それから食事療法の甲斐もあって、数年がかりでほぼ克服した。

でも、最強にはなれていない。

確かに、食ったら下痢という負のスパイラルからは抜け出した。

おかげで体重も65キロ付近で安定している。

ところが、最強どころか、まるでダメだ。

名医の言葉を思い出す。

結局のところ、メンタルなのだ。

下痢を撃退できるメンタルは手に入れた。

問題は、ここから先。

ここから先も先生の言葉を借りれば、

「克服したいなら、性格を変えるしかない」

例えば、俺が感じるイライラ、怒りをコントロール
できるメンタル。

そういうのは、よくありがち。

性格を変えるというのは、コントロールするのとは
違う。

そもそもイライラしない性格を作る。みたいな。

何をどうすれば、そうなるのか?

うさんくさい自己啓発書なんてあてにならない。

それは、宗教なのか、いや適度な運動と睡眠なのか・・

サインを感じる。

俺は変わらないといけないし、変わるに値する人間なのだと思う。

だから宇宙は、執拗に俺にサインを送り続けてくる。

俺は、自分自身の完璧なる創造者なのだ。

どのような作品にするかは、全て俺の手にかかっている。

難攻不落だった下痢を克服したのだ、俺ならできる。
  1. 2016/03/25(金) 17:39:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生いろいろ

3・4月は俺にとって繁忙期。

ただでさえ毎日が繁忙なのに、繁忙期って。

繁忙な毎日と繁忙期の違いを分かりやすく説明しよう。

ブログはおろか日々の一言日記すら書けない状態。

これが繁忙期。

寝落ちする感覚、快眠している感覚がない。

これも繁忙期の特徴の一つだ。

日記なんて3日空いてしまえば、もう続かない訳で・・

その点ブログはいい、響きといいフランクな感じが。

と言う訳で何とか数日のブランクで食い止めた。

ここ数日の間、いろいろなことがあった。

なくてもいいことまで、あったりと。

生きていくのは、こうも大変なものかと実感した。

そんな数日間の重い話は、ここでは辞めておこう。

そんなことより、今日の話をしよう。

本日は芸能人のトークイベントに参加した。

といっても主催する側で。

芸能人と言ってもピンキリだけど、すごい世界だわ。

主催者側としてイベント自体は無事終了。

大成功とは言えないまでも、粗相もなく格好はついた。

常に横にいた大男は、おそらくマネジャーだろうか。

いかにもな感じだった。

内容に関してはノーコメント。

俺の個人的な感想もノーコメント。

あえて言うならば、いろいろ勉強させてもらった(笑)

俺は想像していた、我等がラバーズが有名になってインタビューとか
受けているのを。

人生いろいろなきゃダメだ、全てが経験値。

有名になった時の為に、クソみたいにいろいろ感じて、
経験しておこうと思う。

マイノリティーである自分を誇れ。

俺はアーティストだ、いろいろなきゃダメなんだ、きっと。
  1. 2016/03/24(木) 16:32:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いい奴ばかり

長野に住む古い友人から妙な物が送られてきた。

手紙のようだが、他にも何か入っている。

何だ、これ?

「普通為替証書」

なるほど、これが為替というやつか。

何と1万円分の郵便為替。

為替の意味すらよく理解していないが、要はこれを
郵便局へ持っていけば現金1万円がもらえる。と。

手紙をよく読んでみると、CD代だとか。
ラバーズの新作CDを1枚送ってくれ、お釣りはとっておけ。と。

妙にカッコいいことやってくれるけど、お釣りって9千円だよ。

俺よりは、金持っているだろうけど、そんなに裕福だったかな。

世話になりっぱなしだから、俺の方がごちそうしないといけないのに。

とにかく、義理堅いと言うか、愚直な野郎なんだ。いい奴なんだ。

まぁ、こんな自己中で変わり者の俺とずっと友達でいてくれる訳だから、
いい奴に決まっているけど。

と言っても彼も相当な変わり者であることは間違いない。

だって、俺と長年つるんでいる時点で変わっていると思う(笑)

与えたものは、自分に必ず返ってくる

この宇宙の法則は、今回にも当てはまる訳で。

ラバーズグッズが届くかもしれないよ、楽しみに。

昨夜、そんな郵便為替を見つめていると、これまた電話が。

富山に住む古い友人からだった。

昨日は仮にも三重県公立高校の合格発表日。

俺がガキに勉強を教えていることを知っていて、

弟子は合格したのか?と心配して電話をくれた。

なんて幸せなことだろうか、俺以上にガキが。

まぁ、俺のやり方、考え方には反せど、お陰様でガキは第一志望校
に合格できた。

また一つ俺の責任は果たした。

俺は結果よりも、プロセスにこそ美学があると考える人間だから。

彼にもそれを伝えたかったが、やはり今の子ならでは。

結果よけりゃ、全てよし・・のようだ。

それにしても、この友人もとにかくいい奴というか、
人間っぽいと言うか、愛おしい奴だ。

他人の合格発表日に心配して電話をしてくれるなんて、

なかなかできることじゃない。

ありがとう。。俺はいい友を持った。
  1. 2016/03/18(金) 10:06:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雰囲気だけの意思疎通

普遍的であるかどうかは分からないが、
かっこいい曲が出来そう。

3・4月は、我等がラバーズの曲作り強化月間。

偶発的に出てきたアイデアやフレーズやメロディを
自分達の想像力を膨らませ、どんどん広げていく。

俺のニュアンス、世界観、雰囲気をメンバーに伝え、彼等もまた
それらを俺に伝える。

おそらく我等がラバーズ間でしか成立し得ない会話。

他人が聞いたら意味不明。

そういうのがいかにもバンドっぽくて愛おしい。

ちなみに俺が昨夜のスタジオで彼等に伝えたイメージは
次のようなものだった。

「ファンクっぽいキメ」

「ヒップホップのライブでありそうな、盛り上がる前の煽りみたいな」

「白シャツ、ムキムキの黒人がR&Bをやってるような」

「ゼブラヘッドみたいなパーティー感」

これ通じる人、俺とかなり気が合うと思うよ(笑)
  1. 2016/03/17(木) 09:07:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

先人の教え

どんな曲を作れば、売れるのか?

この言い方はゲスい。

どんな曲を作れば、うけるのか?

そんな事を考えてばかりの我等がラバーズに
先人達は、いろんなアドバイスをくれる。

未だにたぶん現役で活動をつづける伝説的バンド

アース・ウィンド&ファイアー

ディスコブームを駆け抜けた偉大すぎるバンド。

もともとジャズをやるような連中だけに、音楽的な
表現力の幅は計り知れない。

エジプトにインスパイアされ、よりポビュラリティーを得た
音楽コンセプトは今聴いてもすごくカッコいい。

彼等曰く

「いい曲とは、普遍的で、以前どこかで聴いたことがあると思わせる
ような、そんな曲だ」
と。

流行すたりはあれど、やはりこの普遍的という言葉がキーなのだと思う。

ラバーズの掲げるコンセプトはそのままに、普遍的にいい曲を書く。

そしてそれが時代に合っている。

言うのは簡単だけど、本当にそんなことができるのかなぁ。

まず想像力を働かせることだと思う。

ラバーズのコンセプトの範疇で、普遍的にいい曲を想像してみる。

それを今の時代に合わせてみたら、どうなるか?

いきあたりばったりで、勢いと感覚だけで、カッコいいからよし!

みたいな曲づくりをしてきた弊害なのか・・

音楽がより深くなっていく気がしている。楽しみである。
  1. 2016/03/16(水) 17:09:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

まぁ、喰え

俺の知らないガキが自宅に泊まっていった。

今日はお父さんもお母さんもいなから泊めてほしいと。

別段断る理由もない。好きにすればいい。

近所のガキであることに違いはない。

朝はとにかく忙しい、まさに戦争。

ガキが余分に一人いるとなると、いつものように

食パンをくわえながら出かける訳にもいかない。

朝はご飯かパンか?そう聞くとご飯と言う。

腹を空かせて帰す訳にもいかない。
いくら見知らぬガキとはいえ。

朝飯はたっぷりと食わせてやらないと。

えのきの味噌汁、ハムエッグ、鮭の塩焼き、かつおのふりかけ、
バナナ、チーズ、大盛ご飯。

ガキは何も考えず、喰えばいい。

ただし食べ残しは承知しねぇ。

子供はいいな、羨ましい。

久々にまともな朝飯を食った。

ちゃんとした朝飯は大事だ。

明日から・・やっぱ無理だ。

また明日からは、パンをかじりながら家を出ることになろう。
  1. 2016/03/15(火) 17:39:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初日から波乱

昨日から大相撲春場所が始まった。

春場所と言えば、大阪。

昔から「荒れる春場所」として、大阪では大番狂わせが
期待できる。

初日そうそう大いに荒れた。

白鵬、日馬富士、鶴竜の3横綱の内、なんと2横綱が敗れた。

初日で。白鵬は小結の宝富士に、鶴竜は関脇の豊の島に。

夜中、録画を見ながら、思わず発狂してしまった。

まさか、初日にこんな波乱があろうとは。

大相撲が始まると、毎日帰宅するのが楽しみだ。

録画を見ながら、ゆっくり飯食える。

早送りはできるだけしない。

仕切りからすでに勝負が始まっている。
  1. 2016/03/14(月) 16:36:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑に戻ってきた

この日はかれこれ半年ぶりの畑。

また今年から始めようと決心した。

昨年は、劇的な生活環境に肉体的にも精神的にも
ついていけなかった。

慣れとはすごいもので、少しづつではあるが余裕が
出てきた。

山場は夏の草抜き。

「草抜きを制する者が畑を制する」

こう言っても過言じゃない。それほどに雑草はうぜぇ。

少しづつ余裕が出たなら、その分音楽に使いたいところ。

正直なところ。畑に費やす暇があるなら音楽に。

でも一度始めたこと、さらに代々の大切な土地を借り受けている。

少なくとも、今年一年は頑張らないと。

畑仲間にも随分迷惑かけたしなぁ、よくケンカ別れしなかったもんだ。

それが友達ってもんか。

この日はとりあえず、土作り。粘土質だから土を入れ替えない限り、
フカフカ土にはならないが、できることから。

まず、石拾い。。ある程度拾ったら次。

石灰、油カス、発酵鶏糞を蒔き土をおこす。これで2週間ほど放置して
なじませる。

次回は区画に分けて畝作り。

今年の畝は、結構高く積むつもり。水はけの問題かもしれない。

昨年の教訓を生かして。じゃがいもを半分くらい腐らせてしまった。

畝のせいだとふんでいる。あまりにいい加減に作りすぎた。

それにしても、はりきり過ぎた。すでに筋肉痛気味。

写真を撮る余裕は残されていない。次回行ったら、作業に入る前に

現状を撮ってくるよ。

  1. 2016/03/13(日) 16:16:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺も欲しい・・男のロマン

この日はプラモデルとエアーガンの専門店に来た。

ブログネタの為ではない。

かと言って、プラモやエアーガンを買う余裕も
遊ぶ余裕もない。

買う気もないのに、なぜ、俺はここに来ているの
だろう?

まぁ、理由はさておき、楽しい。

ガンプラもよく作ったし、エアーガンでも
昔よく遊んだ。

不思議なもんだ・・店にガキなんて一人もいない。

お客はみんな俺よりおっさん。

でも分かる気がするなぁ、近頃のガキは
ネットやゲーム世代だから、わざわざプラモや
モデルガンで遊ばなくなったのか・・

それにしてもここは男のロマンでしかない。

カメラは持ち歩くようにしているが、それにしても画像が
撮れない。

ここいらでプラモとモデルガンの画像でも載せたら100点
もらえるのかな。

俺の意思とは無関係にプラモとエアーガンを買わされたから、
それを近々掲載するとしよう。

ガキってのはいいなぁ。。
  1. 2016/03/12(土) 17:21:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その壁はトラウマか

ここ最近の我等がラバーズの広報活動には、
ある種、パーソナリティーを超越したパワーが必要となる。

嫌いな奴とは話さない、これじゃ済まされない。

いろいろなメソッドを実践し、自己批評を繰り返し、
自分自身を変える術を学んでいる。

でも、そんなことは、今に始めた訳ではなく、ずっと
続けてきた。でも必ず壁にぶち当たる。

表面的には変わっても、根本的な部分、潜在的な部分は
変えられない気が。

最近、とある出来事をきっかけに、それはトラウマなのかも
しれない、そう思い始めた。

トラウマなんて、そんなもの、俺にはない。そう思っていたけど。

実は根深いものがあるようだ。

俺の病的な言動は、トラウマから来ているかもしれない。
身内は、俺をそう診断する。

あなたはボーダーで、病気ではないと思う。そうも言われる。

確かに考えみれば、異常かもな。

だとすると、そのトラウマなり何なり、その根深い根本的な部分を
治療して克服しないと、いくら周りを固めてみてもすぐに剥がれて
しまうのではないか。

たくさんの知識とテクニックを駆使してみても、結局のところ根本的な
解決には至らない。

なんだか、音楽みてぇだ。

しかし、そこをもがき苦しんでこその真の成就だと、そう信じたい。

  1. 2016/03/11(金) 15:00:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バカ8分認定

超シビアにクリックに合わせよう企画第2回目

練習に付き合ってくれている我等がラバーズの
リーダ酒向君から、8ビートマスターの称号を得た。

4分音符、8分、16分でそれぞれクリックに合わせてみると、
ダントツで8分が安定していた。
逆に言えば8分以外は、ひどい。

俺も知らず知らずの内にバカ8分ドラマーになっていたのだ。

バカ8分、これは俺にとって最高の称号であり、賞賛に値する。

8分音符を叩くこともさることながら、体内パルス(自らが作り出す一定の
リズム)自体も8分を刻み続けることが最も安定していた。

やはりパルスはリズム安定の要だ。

リズムキープもしかり、グルーヴもしかりパルスは基本中の基本。

改めて痛感した。

本来ならば、曲によって最適なパルスを選択することが望ましいと思う。
俺の場合、今のところ、いかなる場合でも8分のパルス。

ファンキーなのにパルスは8分みたいな(笑)

これでいいのだ。

これを機会に体内パルスを徹底的に鍛えてみるか。8分のな。

後、フィル終わりリズムに戻る時につっこんで入る癖があるようだ。

これは、一人で練習しててもなかなか気付かない。

酒向君、付き合ってくれてありがとう。

しばらくの間、頼むよ。
  1. 2016/03/10(木) 14:07:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間を大切に

毎日があまりに忙しいのはみな同じか。

なだれのように朝から時間が流れる。

ふと、数時間余裕ができると、逆に何をやったら
いいか困る自分がいた。

びっくりした。ホント。

何をしたらいいかって、ドラムに決まっているだろ。

そうなのよ、分かっている。

フィジカルなのかメンタルなのか、おそらくこの時間の
流れについてこれていない気がする。

だから突然空白の時間ができると放心状態になる。

俺にとって音楽は作業ではないから、いきなり手がつけられ
ない。

これは、わがままだ、きっと。

でも、余裕かましてないと、ロックはダサいからさ。

いわゆる「頑張っている感」を出さずに、根性見せないと。

頑張り感とかスポ根とか、そういうものじゃないだ。

俺がなろうとしているのは。

そう言えば、親父は仕事が急に休みになったり、長期休みに
なったりすると、正直困っている。

そう、何をしたらいいか分からないのだ。

昔は、そんな親父をよくバカにしてたけど、今は親父の感覚がよく分かる。

やはり、親父はすげぇ。

趣味は昼寝と草抜きだもの(笑)
  1. 2016/03/09(水) 12:19:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次の課題

しばらくの間、ドラムの音作り、チューニングに特化した
練習を続けてきた。
バンド全体リハの前、1時間でできることを。
個人練習ではあるけれど、メンバーも早く来て手伝ってくれる。
俺が進化することは、即ちバンドが進化することだと分かっている。
それにしても、俺の練習に付き合ってくれる彼等は心強い。

随分と音作りの作業にも慣れてきたところで、次の課題。

ドラムの打点をクリックと完全に一致させるトレーニング。

クリックをガイドに演奏する訳ではなく、打点をピタリと合わせる。

波形で見ると、俺の打点は随分いい加減だ。

クリックと打点がピタリと合うことが正義か否かは別問題。

個人的には、合わなくていいと思っているけど。

音作りにしろ、打点を合わすことにしろ、レコーディングの為に
必要な練習。

我々は今年中に大作アルバムを作るので、その為の準備。
とにかくやれるところまで、やってみる。

ところが、これが難しい。

感覚では完全に一致している。

波形でみると、まるでダメ。

そもそもね、完全に一致している感覚が分からないのよ。

精進あるのみ。いろいろ試す。

結果は後からついて来る。

  1. 2016/03/08(火) 17:17:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯シャン

もうかれこれ4ヶ月ほどシャンプーしていない。

頭は洗っているけど、シャンプーもリンスもない。

とうとうシャンプーが買えない程まで落ちぶれたのか・・

大丈夫です。まだ今のところ。

いわゆる「湯シャン」を実践している訳で。

シャンプーはちゃんとあるけど、あえて使っていないだけ。

有名人だと、タモリ氏も実践しているとか。

デトックス(解毒)の一つとしてやり始めた。

1年くらいやらないと目に見えた効果は分からないから
あと半年くらいは続けてみようかな。

洗った後の爽快感はむしろ湯シャンの方があるかも。

やり方はまだまだ研究段階だが、まず竹のくしで髪をとぐ、
次に豚毛のくしで髪をとぐ。これで髪についたホコリを落とす。

ぬるま湯で髪をマッサージするかのように洗う。

最後の仕上げに自作の炭酸水をかぶる。

半乾きの髪にあんず油をぬり込む。

ドライヤーで完全に乾かす。

手順としてはこんな感じ。

くしの画像とかあるとベストだった、しまったなぁ。。

2日も頭を洗わないと強烈な痒みとフケに襲われる。
本来、そういうものみたいだ。
シャンプーには痒みやフケを極度に抑える効果があるらしい。

さらに、石鹸やボディーソープで身体を洗うことも辞めた。

湯のみ。顔面はココナッツオイルと蜂蜜を洗顔料代わりにしている。

いずれにせよデトックス効果は未知。

自分に合った方法を見つけ出すことが何より大切。

体臭、男臭、脂臭・・加齢臭, etc.の類はないと思うけど・・

正直、自分では気付かない。

気になった人は遠慮なく、言ってください。

「お前、くせぇぞ」とでも。

人に不快感を与えてしまっては、解毒もクソもねぇし。
  1. 2016/03/07(月) 09:24:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真似るべきか、戒めるべきか、それが問題だ

我等がラバーズよりはるかに評価されている

人気がある

集客がある

そんなバンドの人と話す機会は貴重だ。

つまり、何かを学ばないと。

手の内を見せてくれるバンドマンには本当に感謝。

相手がどんなバンドであろうと、真摯に教えを請う
ように努めている。
少し前なら考えられない。
お前に教えてもらうことなど何もないと払拭していた。

丸くなった。もう、まん丸に。

いいところは真似して、疑問に思うことは、よく考えて、
ダメだと思うことは、自分の戒めにする。

先日の体験は、まさに真似すべきであり、戒めるべきもの。

本当によくできたいい曲。素晴らしい楽曲。

ところが、よく聴くとリスペクトしているアーティストを真似している。

本人の口から聞いた。

「リスペクトしているアーティストが好きすぎて真似している、というか
完全にぱくっている」と。

影響されるレベルではなく、完全に拝借していると。

「ボーっと聴いているとリスペクトしているアーティストの作品なのか、
自分達の作品なのか、区別がつかない時がある」とも。

確かに・・似ている。

でも、こうなりたい訳だから、一番合理的ではある。

ここまで露骨でないにしろ、個人的にはありだ、そういうの。

日本人は真似が上手だから、なおさら。

二律背反。

自分はバンドマンである以上にアーティストであると自覚する
時、この真似の発想は敵になる。

そんなことをして評価されて楽しいか?
本当に満足か?と。

我等がラバーズの中では、安井君が一番、真似ることに保守的だ。

だからこそ、我等がラバーズの楽曲は、胸を張ってオリジナルと言える。

影響されたものをごちゃ混ぜにした、まさにハイブリッド・サウンド。

ラバーズの楽曲はセッションに始まりセッションに終わる。

何のアレンジもされていない、粗悪な出来立てが最も美しい。

俺達3人は、そう自負している。

「真似るべきか、戒めるべきか、それが問題だ」
  1. 2016/03/06(日) 15:33:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ強化宣言

CDを80枚売らないと解散宣言を期に
我等がラバーズの活動が活発化し始めた。
団結はもともとしている。

その証拠に月に一度の定例会議を開く運びとなった。
活動の作戦会議。会場は安定のガスト。

酒向君も安井君も、俺より随分頭の回転がいい。
ついていけるか心配だが、彼等は優しい。
よって、俺が理解するまで根気よく教えてくれるので、
そこは安心。

初回の会議で決まったこと。難しい話をたくさんしたが、
とにかく俺はブログを強化すること。

具体的に言えば、画像をうまく取り入れること。
内容的もさらに濃く。

個人的には非常にワクワクしている。
少なくとも、メンバーが俺のブログを価値ある
コンテンツとして認めてくれているということに。

その上で、さらに良くなると期待してくれていることに。

今まではあくまで書き物、読み物のスタンスでブログを
書いてきた訳だが、これからは画像も取り入れクオリティー
を上げる努力をしないといけない。

それは読みやすさ、価値ある情報、独自の切り口などなど・・

つまり、それは、ズーマという人間的な価値を上げることに
他ならない。

結局、人間力。

最後は、人間力。
  1. 2016/03/05(土) 13:29:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女性記念日?

昨日はひな祭り、男の俺にはあまり関係ねぇけど、本来。

時代は変わったような気がする。

巷を見ていると、大人や動物まで巻き込んで
ひな祭りにちなんだ行事をやっている。

俺がガキだった頃の感覚だと、ひな祭りは
小さい女の子、幼稚園~小学生くらいが対象。

その子達の成長を祝うみたいな。

そんな認識。

ところが、今や巷のノリはハロウィンの仮装と
何ら変わらない気がしてならない。

騒ぎたいなら騒げばいいし、楽しく明るく元気よく・・

いいと思うよ。俺がやるかは別にして。

それを何も国民的行事とかぶせなくても・・

儀式や行事は、それ自体に意味があるのだから。

あまりデフォルメしない方がいいと思うな。危険だよ。

まるで、ひな祭り=女性記念日みたい。

かと言って、ひな祭りの歴史や風習について調査
しようとか、そんな気力も俺にはないけど。

ところで、昨夜は某ライブハウスに遊びに行った。

ひな祭りイベントとか言って、メンバーに女の子がいる
バンドのみが出演できるイベント。

なるほど、よく考えたもんだ。

でも、これ、「ひな祭りイベント」というより
「メンバーに女の子がいるバンドイベント」だよな。

どうせやるなら、ステージに雛人形飾るくらいしないと。

しかもフルセットで。

今の風潮(ノリ)でいくなら、「女性専用車両」とは言わずに
「万年ひな祭り車両」の方がしっくりこねぇか(笑)

その内ハロウィンみたく、ひな祭り仮装が始まるかもしれないね

お内裏様コスプレ、お雛様コスプレ、みたいな。

都心に行けばもうやってたりして。。
  1. 2016/03/04(金) 09:26:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新聞デビュー

これまでの人生、大人の慣習というものに
ことごとく抵抗してきた。

俺は大人だ。れっきとした。
年齢的には間違いなく。
精神的には、極めてあやしいところではあるが・・

俺が抵抗し反発し続けてきたのは、
いわゆる大人のことだろうと思う。

新聞を読むこと。

これは、いわゆる大人の代表的な行動パターン。
朝食時、コーヒーでも飲みながら読めば完璧。

よって、俺は今まで新聞をまともに読んだことはない。

やれ社会人だ、何だって、とにかく強制されることが
何より嫌だ。

ところが、そんな俺が最近、進んで新聞を読む。

これは凄いことだよ。

自分の意思で始めたことだから、まったく嫌な気分に
ならない。
むしろ毎日楽しく読ませてもらっている。

何が起こったのか?突然。

ここ最近、バンドの方針上、人とコミュニケーションを取る
機会が一気に増えた。

俺は娯楽はあまりしないし、多趣味でもないし・・

特定の分野での深い話はできるにしても、世間話的に
コミュニケーションがとれない。

たくさんの人達と関わろうとすると、やはり必要になってくる。

ネタが。

かと言って、今更趣味を増やしたり、娯楽を楽しんだりとか、
あまり現実的じゃない。

そこでだ、新聞読もうってなった。

タイムリーな情報が、まんべんなく入ってくる。

コミュニケーションの糧になれば、これ幸いである。

この歳で新聞デビューとは・・

意思の伴った行動、これほど強力なものはない。

俺はバンドメンバーに、俺自身にもよく問う。

その音に、その楽器に、その楽曲に、君の意思はあるのか?

と。
  1. 2016/03/03(木) 08:33:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今週の一冊『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キース

『アルジャーノンに花束を』
ダニエル・キイス

日本でドラマ化されるなど、あまりにも有名な小説。

32歳になっても幼児なみの知能しかない主人公の
チャーリー。
大学の先生に賢くなる手術をしてもらった彼は、
天才になってしまう。
過去のトラウマと闘いながら、天才チャーリーは現実と
向き合っていく。
そしてあまりにも切ない結末が・・

随分時間をかけて読ませてもらった。というより、まとまった
読書時間がとれないだけか。。

この作品の何が凄いかと言えば、幼児程度の知能しかない
32歳の男チャーリーをここまで生々しくリアルに描いていること。

著者はなぜ、このような視点を持ち合わせているのだろう。
このような視点で世界を見ている主人公の心情を見事なまでに
文章で表現している。肌触りを含め、この表現力には圧巻だった。

2014年6月に没したキース氏はこんな言葉を残している。

「チャーリー・ゴードンはわたしです」

「書くことはわたしにとって、息をすることと同じ、生きることとイコールなんだね。
だから、書きたいものが書けるまで、あきらめることはできないんだ」


俺にとってのドラムとは、果たして生きることとイコールなのだろうか・・
  1. 2016/03/02(水) 15:24:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結婚式にもそろそろ慣れた

DJユウタの結婚式に呼んでもらった。

俺は、昔からそういうの苦手だったから、
成人式すら出てない。

でも何回か結婚式に呼んでもらって、
出席している内に随分慣れた。

今なら成人式にも出れる気がする(笑)

我等がラバーズは彼等の為に演奏した。

この日は彼等の為だけに、全身全霊。

伝わったみたい、よかった。

家族が増えるってのは、幸せなことだよなぁ。

いろんな節々で俺はアーティストであることを
再確認した。

俺は俺の生き方を貫かねば。

俺も結婚式とかする日が来るのかなぁ・・と。

義理や建前や世間体やプライドや・・
そんなものは全て無視して、全身全霊で
祝福してもらいたい。

もし、俺が結婚式なんて柄でもないことをする時が
あるとしたら、誰かに全身全霊で祝福してほしい。

人から祝福されることがいかに尊いことか・・

でも俺もロッカーの端くれ、反逆、反骨、逆境・・

これはこれで尊く美しい。

それにしてもユウタ、可愛くて気立てのいい子をもらったねぇ。。

いつまでも幸あれ。
  1. 2016/03/01(火) 08:53:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0