FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

毎日ちゃんと

もう何だかんだで、移動は自転車にしてしまおうかと。友人はこう指摘する・・慣れればできなくはないだろう、でも真夏に家から畑まで自転車で来て、作業する体力あるのか?サイクリングを楽しむならいいと思うけど、お前の場合、あくまで移動でしょ?移動で体力消耗してたら本末転倒じゃねぇ?確かにおっしゃる通りだ。そうなると、ちょっと頑張って原付か・・いずれにせよ日常的な移動は、できるだけコンパクトにしたい・・大きさ的にも経済的にも(笑)でも原付だと飛ばせないから、125CCくらいの方がいい、大きさもさほど変わらないし。バイクのこととなると、たとえ原付でもこだわってしまう・・モンキーあたりを楽しく乗るか、みたいな。でも移動だけのことを考えるなら、どう考えてもスクーターが一番。安い、燃費いい、楽、足元にも荷物おけるし、シートに下にも荷物入れられすし、そしてモンキー遅せぇし・・ただ一つ問題が・・だせぇんだ・・これが(笑)べスパとかなら全然いい、むしろカッコ良いけど、現行の中古国産スクータだ・・こうなってくると、本来の目的すら曖昧になってくる。結局、カッコよく楽しく単車に乗りたいだけじゃん?みたいな(笑)だから、自転車にするって言ったのよ、俺は。始めからこうなるの目に見えてるし・・原付だから、とか250だからとか大型だからとか、単車に関してはあまり関係ない。とにかく、カッコいい単車しか乗りたくない(笑)だったら、自転車しかねぇよ、やっぱ。この現象、音楽やらファッションとまるで同じ。かっこよくオシャレしようと思うと、寒いんだ(笑)幸い俺は、何気ない今の日常生活を義務としてではなく、楽しんでいる。食器を洗うことですら(笑)これと同じように、自転車にしろ原付にしろ遅くていいじゃん、のんびりと移動を楽しみたいだけだ俺は。日本人しか知らないから何とも言えないが、そもそも忙しすぎだろ、日本人?この何気なく過ぎる楽しい日常生活に、ちょっぴり緊張感のある音楽、ドラムをうまく組み入れたい。確かに時間に制約はある。時間軸の上で動くから、時間に支配されているようにも感じる。そもそも時間軸をぐにゃぐにゃに曲げてしまえばいい。時間軸上をまっすぐ進むのではなく、波乗りしている感じ?いつかセッションしたギタリストに聞かれた、「今の仕事に満足してますか?どう生きていきたいですか?」と。まさにこの答えに今回のテーマが集約されている気がする。「仕事自体に不満も満足もなくて、仕事はちゃんとせざるを得ないから・・でも仕事以外のこともちゃんとしたい。ちゃんと作って、ちゃんと食べ、ちゃんとコミュニケーションとって、ちゃんと音楽聴いて、ちゃんとオシャレして、ちゃんと勉強教えて、ちゃんと寝て・・何気ない毎日をちゃんと生きたい」今はそれが一番大事に思える。「ズーマさん、真面目ですねぇ?」真面目かなぁ・・・人生一回だから、ちゃんとと言うか、自分の感性や可能性をフルに使っていたいだけ。俺はいい感性してると信じてるしね(笑)
スポンサーサイト



  1. 2015/04/30(木) 17:26:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こわくて優しい福井の兄ちゃん

もう5回目くらい、いやそれ以上か、先週末は福井県での遠征ライブだった。福井ではいつも、いい思い出ばかり作らせてもらっている。今回競演したバンドも、それぞれにすごいバンドばかりだった。地元のバンドも大阪のバンドも。またどこかで再会したい、競演したい。そんなバンドマン達だった。俺は打ち上げには出ずに車で仮眠して、帰路の運転に備えるつもりだったが「今日の打ち上げは出ろ!」業務命令なら仕方ない・・楽しみますか(笑)この日の競演バンドは、ほぼ全員先輩。こんなことってあまりない(笑)いや、まずあり得ない。この日競演した地元バンドのサックスプレイヤーの兄さんが跳び抜けてカッコよかった。雰囲気も見た目も話し方も、もちろんプレーも。打ち上げ会場の居酒屋に行くと、たまたまその人の前の席がなぜか空いていて・・ラッキー(笑)みたいな。パッと見、怖そうな外見・・サングラス越しに覗く目の鋭いこと、鋭いこと(笑)でもこういう人って意外と優しかったりする・・この方も例外ではなかった・・優し過ぎた(笑)本職は地元の市街に店を構える彫師らしく、共通の知り合いがいたことにお互いビックリした。彫師とサックスプレイヤーというまさに2足のわらじを履く憧れの先輩だ。前に座った俺とずっと話をしてくれた訳だけど、この人、スピリチュアル的なことにも精通してて俺の言っていることを全て理解してくれる・・これも凄いことだよ(笑)「なぜ、そんなこと知ってるんですか?」と聞くと「全て実体験で、実体験の中から全てを学んだ」と。俺が読み漁ってる専門書の知識を、実体験から・・やはりこの人、ただ者ではない。「苦労は買ってでもしなきゃ、人をそれだけでかくするよ」とか言って笑いながらビール飲んでる感じとか・・俺、好きだ、こういう人(笑)俺の知識の裏付を実体験をもとに説明してもらっている感じ?このレクチャー、夜中の3時まで続いた。普通に朝まで、いや昼くらいまでならいけそうなこの話・・もうすでにメンバーを1時間も車で待たせてる(笑)もう行かなきゃ。別れ際、「私利私欲の為に考え、行動しちゃ絶対ダメ・・全体の幸せについて考え、行動できる奴になれよ」「君も自分の生き方に責任をとれなきゃダメだし、君ならできる」と握手をしてくれた・・カッコいい人って、いつも強くて優しい。。あと福井県に次来る時は、恐竜博物館と原発には行った方がいいとも。「一度観ておいて損はない、人生観変わるぜ」と。我等がラバーズのリーダー酒向君、帰路の運転ありがとう。。仮眠できたおかげで翌日の予定を朝からなんとかこなせた。
  1. 2015/04/29(水) 10:52:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

努力アレルギーに効く薬?

絶対に俺が観るべき映画が公開された。「セッション」というタイトル。主人公は、ドラマーだ。もちろんもう1回は観たけど(笑)映画自体のセンスがとてつもなく素晴らしい上、テーマが音楽、ジャズ、そしてドラムときてる。ドラマーじゃなくても、ミュージシャンじゃなくても、絶対に観るべき映画だと思う。満足した時点で、妥協した時点で先人達が築いてきた偉大な業績は超えられない。それは、何もドラムに限ったことではないけど。そして先人を超える為の唯一の方法が、常軌を逸した努力。努力と言えば聞こえはいいが、つまり狂ってるってこと。そして、限界を超える瞬間に訪れる時間が止まったかのようなとてつもない緊張感。ことのほか、辛抱や努力が大の苦手な俺・・この映画を観て努力することに少しは前向きになれた。。努力することに抵抗がなくなった?何だそれ(笑)俺の場合、先人を超えるとかそんな次元の話ではないけど、所詮人間がやってること、努力すれば、必ず壁は越えられるなんて、いい加減なことは言えないが・・・努力している、頑張っていると感じたらもうダメだ。努力を努力とも思わない情熱と、困難や逆境をも笑い飛ばすいさぎよさ・・カッコいいのは、そういうぶっ飛び具合だと思う。とにもかくにも今回の映画は、俺の努力アレルギーを改善するいい薬になってくれそうだ(笑)
  1. 2015/04/23(木) 18:08:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛だろ、愛

何をしている時が一番、愛に満ちているのだろう?心が愛で満ち溢れんばかりに。我がバンド名はザ・ラバーズ・・そりゃバンド活動している時に決まっている。音楽やっている時が最も愛に満ち、愛を放出している。だからラバーズなの?でもこれ、全国ツアーしている訳でもないので、どうやってみても無理があるよね(笑)「愛だろ、愛」って、昔カクテルバーのコマーシャルで永瀬氏が言っていたっけ・・ここで言う愛は、もっとシンプルなもの。つまり、自分が大好きなことを考えやってる時の感情。そうあの時の心の感覚を愛と呼ぼう。そんな愛について、自分なりに考えてみた。感じてみた。大好きな単車のことや映画のこを考えている時も確かに楽しい気分にはなる。音楽ならなおさら。でも、そういう感じじゃない・・何か違う。その違和感について考えてみると、俺の場合、「単発的な何か」ではなく「一連の流れ」のような気がする。一日の流れ、一ヶ月の流れ、一年の流れ・・「神聖な何かに繋がる流れ」それ自体に最も愛を感じているのだと思う。別に瞑想自体、それほど楽しいものでもないし(笑)ヨガやティラピス、ストレッチがそれほど楽しいとも思えないし・・散歩も練習も・・・それ自体楽しいという感覚とは少し違う。でも、日単位、月単位、年単位で見た場合、これら一連の絶妙な?有機的な?流れに乗っている感覚は、確かに楽しい。常に心に愛を溜め込み、放出するには、俺の場合この流れに乗らなきゃいけない。でも、この流れを創るのは、俺の苦手な努力であり、自己コントロールに他ならない。単発的に何かに愛を感じるこをは以外と簡単だけど・・趣味が多けりゃ多いほどうまくいくかもね(笑)でも本物の愛は、絶え間なく放出される神聖なスパイラルでは。。
  1. 2015/04/20(月) 17:48:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

常に最強

花粉症とともに二十歳くらいから始まった原因不明の腹痛と下痢。朝飯にカップラーメンを食い続けたこと、学食で唐揚と肉うどんしか食わなかったこと、寝る前にコンビニ弁当を流しこんでいたこと・・なども影響していたのか(笑)と思いながら、数年前に出会った胃腸科の名医に「君は病気ではない、あげられる薬があるとすれば精神安定剤だ」と診断された。自分は病気ではないと分かっただけで、随分と調子がよくなった。その後、身内考案の食事療法?により、劇的に体質が改善され現在に至る訳だが、果たして食事療法のおかげなのかスピリチュアル的なものなのか・・数ヶ月前からこれまた身内考案の特性ドリンクを毎朝飲んでいる、朝からこんな冷たいもん一気飲みしたら確実に下痢コースだろ?と思いきや・・下痢どころか、俺の胃腸はさらなる改善を続けている。10年前の俺の内臓とは、まるで別人の内臓になっている(笑)すげぇ・・体質って改善できるもんなのね?10年前、「下痢と腹痛が治ったら、俺マジで最強!」実に頭の悪そうな発言をしてたっけな(笑)でも、実際、下痢が改善された今、最強とは思えない・・人間とはそういうものだ。今ハッピーになれない奴は、何を手に入れてもハッピーにはなれない。今最強と思えない奴は、どこまでいっても最強にはなれない。俺は、いつの時代もそれぞれに、種類は違えど最高にハッピーで、最強だったのだ。それに気付いていなかったことが俺の唯一の失敗だ(笑)
  1. 2015/04/17(金) 17:50:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロック不足

人生を何度となく音楽に救われた人も少なくないだろう。俺もその内の一人。新世代のロックと呼ばれる音楽を耳にするも、どうにも救われた気がしないのは俺だけだろうか・・音楽にロックに何を求めているのか、それは人それぞれだろうし、まさに時代性なのかもしれない。ここ最近、特に感じる・・ロックを必要としているのは、他でもない俺自身だ・・いまだに。ピクシーズのブラック・フランシスもよく似たことを言っていた気がするけど、本来ロックンロールなんてもんは、俺みたいなネクラで友達もいないクソみたいな奴の為にあるべきだ(笑)と思う。。これからもロックは、そういう奴等に救いの手を差し伸べる・・はずだ。どんな曲を創ろう?どんな風にバンドを変えていこう?・・・俺が必要としているような曲を書いて、俺が必要としているようなバンドにしていけばいいんじゃねぇ?と思う(笑)例えば、俺がロックに飢えてて、救いを求めていたとしたら、一体俺は何を求めることだろう?いたってシンプルで直感的な何かであることは間違いないし、時代に逆行していることもまず間違いないだろう(笑)う~ん・・人気者になれる気がしねぇ(笑)売れる気がしねぇ・・
  1. 2015/04/16(木) 17:12:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜桜

繁忙期というものがあるとすれば、俺のそれは、3・4月だ。ここ7年くらいは、まさに魔の2ヶ月間。この忙しさの中に春の訪れを感じてしまう・・何とも嫌な習性が身についてしまった。そしてようやく記事を書いてる。365投稿まで後わずかのところで、かなり更新が止まってしまった。いくら忙しくても、普通にいろいろある訳で・・何から書いたらいいのか困る。そうだ、忙しいけど・・いや、忙しいからかもしれない・・桜が見所を迎える少し前から毎晩散歩している。何もこんなクソ忙しい時にわざわざ散歩しなくても・・いえいえ、こんな時こそ時間ではなく心のゆとりが必要なのです。しかも夜桜って、この時期しか見れないし。小京都を感じる町並みを夜桜を見ながら散歩する・・よく考えてみれば、この上なく贅沢なことしてる(笑)今夜あたり、散った様子でも見に行ってみるか。。ブログ停滞のトンネルからようやく抜けた(笑)
  1. 2015/04/06(月) 17:58:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0