FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

魔方陣de龍

ここ半年くらいをかけてじわりじわりと、ここ3ヶ月くらいをかけて急激にライフスタイルが変わった。まさにライフスタイルが。潜在意識の話はさておき顕在意識の上では、特に変えるつもりもなく、変化に抵抗することもなかったが・・結果として変わった。今はこのライフスタイルを大いに満喫している。そして生活が変化しても俺の音楽に対する思いは変わらない。音楽活動がドラムがライフワークであることに変わりはない。まとまった時間をなかなかとれない中で、俺はイメージすることの大切さを痛感している。頭や身体の中で音楽を鳴らし続けること・・音、ライブ、リズム、曲・・・全てをイメージし、さらにイメージを膨らませること。俺は今日、頭の中で何回ライブした?その時のセットリストは?音は?どこでミスした?イメージトレーニングというと、ちょっと固い気がするけど。自分のライブをスローモーションで後ろから眺めてみたり。イメージだから何でもできる・・お客さんだって一瞬で満員にできちゃう(笑)とにかくイメージすることがフィンガーコントロール(指や手首を動かす練習)以上に大切だと感じている。オリジナル曲をイメージし、さらに深く曲の世界へ行ってみたりとか。ライフスタイルの変化も含め、宇宙からのインスピレーションがそういう方向へ俺を向かわせている。「宇宙もこの世界もイメージから創られた。よって曲創りもライブも、ドラムも全てはイメージから創られるべきだ」とか、「今の環境、ライフスタイルを全て受け入れた上での表現だ」とか・・そんな言葉を降ってきては、手帳に書き込んでる。ところで先日、雪が残る京都鞍馬山の鞍馬寺に導かれた。くらま天狗で有名な鞍馬山だ。山の上にある本殿前の魔方陣の中に俺は立っていた。インスピレーションとかいう前に突然問われた・・いや突かれた(笑)「何の為に音楽やってる?」その魔方陣の中で起こったことは、それだけ・・のはずだった。俺は下山途中も帰路も翌日もそのことを考えてた。まぁ・・ちゃんと答えは出てるんだけど・・それはまたおいおい紹介します(笑)何気なく魔方陣の中にいる俺の姿を身内が撮っていた。後日その写真を見てみると、魔方陣の中にいる俺を囲むように龍の影が写っている。木々の陰が重なりそう見えているのかもしれないし、俺にはよく分からないが・・とにかく口を大きく開けた龍の影。宇宙から降り注ぐ無限のインスピレーション・・受け取るのは、まさに俺自身なのだ。。100パーセント俺の責任において。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/26(金) 16:44:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

改名

昨日のライブをもって、我等がザ・ミッドナイト・ラバーズはザラバーズと改名した。ミッドナイトの最期にふさわしいライブができたと思う。ちなみに俺はザ・ミッドナイト・ラバーズという4人バンドに加入したところから始まってる。そんなこんなで当時は、バンド名についてうんちく言える立場ではなかった(笑)仲間に入れてもらった訳だから、とにかく3人に馴染まないと。だからバンド名については、あまり思い入れはなかった・・加入した時にはすでにその名前だった訳だからね(笑)でも、改名したザラバーズは訳が違う。思い入れしかない・・ずっと一緒にやってきた3人で決めた名前だから。思い入れとは別に、普通にカッコいいと思いません?(笑)響きとか字面とか、意味とかさ。ザビートルズ、ザフー、ザミュージック・・・ロック史に爪痕を残すバンドは、およそこんな感じ・・ザラバーズ・・うん、違和感なし(笑)みたいな。爪痕を残す準備は万端!後は売れるのを待つだけだ(笑)
  1. 2014/12/22(月) 17:59:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライフワーク

ライフスタイルやライフワークという言葉を何気なく適当に使っていたが、いまいちちゃんと理解していない。そこでふと検索してみたところ、それらの言葉の意味が俺の音楽活動と見事に一致した。これで堂々とこれらの言葉が使える(笑)すっきりした。今日はその一部を紹介しておこう。ライフスタイルとは、生活の様式・営み方。また人生観・価値観・習慣などを含めた個人の生き方。ライフワークとは、作家や研究者、表現者などが、生涯の仕事として人生を捧げたテーマのこと。また、作家の本田健氏はこう言う。ライフワークとは、自分の中にある「幸せの源泉」から湧き出る情熱を使って自分らしさを表現し、まわりと分かち合う生き方。「幸せの源泉」とは、そこにつながるだけで、本人が幸せになるようなこと。その人らしい本質で、静かなワクワクを感じ、つきることのない情熱がある場所。続いてこれまた作家の外山滋比古氏はこう言う。ライフワークとは、それまでバラバラになっていた断片につながりを与えて、ある有機的統一にもたらしてゆくひとつの奇跡、個人の奇跡を行うことにほかならない。その人にしかできない、一生をかけてする仕事や事業。本当に頭がいい人が書く文章は、実に気持ちいい。難しいことを言ってそうなのに、スッーと入ってきてちゃんと理解できる。一番クソなのは、中途半端な知識だけで難しいことを言う人(笑)まわりにもたくさんいるなぁ・・そういう人。。「僕バカなんで、もう少し分かりやすくお願いします」って言うようにしてるけど(笑)
  1. 2014/12/17(水) 17:26:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳を積む

先日、久しぶりに電車で移動した。駅の階段をゆっくり上がるおばあちゃん。何やら荷台のようなものを抱えて、こりゃしんどいだろうにと、手を貸してあげた。俺は一緒にいた身内に「今日もいいことしたね」と言うと、すかさず身内のツッコミが入った(笑)「今日もいいことをさせていただいた」でしょ?と。おっしゃる通り・・その通り。「善行は、してあげることではなく、させてもらう行為ですよ」と。俺の宗教観はさておき、言葉使いには気をつけます(笑)よく「徳を積む」とか言ったりするけど。今日あいにくの雨だ・・困っているおばちゃんを車に乗せて送ってあげた・・・いや、違うか・・乗っていただき、送らせていただいた(笑)音楽と一緒・・善行は一日にしてならず。コツコツと積み上げてこそだ。今日も一段積み上げた?音楽もドラムも、もちろん徳も塔のごとく積み上げたい・・そういう人間になれれば。。俺の存在が誰かの、何かの役に立てる・・そのこと自体に感謝、感謝、感謝。。ましてや俺を導いてくれた人、救ってくれた人になんて・・感謝してもしきれない。。
  1. 2014/12/16(火) 17:25:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑だよ、全員集合!

先日の畑は、寒空の下たまたま関係者が全員?揃った。別に狙った訳じゃないのに、ホントたまたま。めちゃくちゃ嬉しくて楽しい一日だった。平均年齢はかなり高めだったけど(笑)この日は、友人と二人で焚火して今年最後の焼き芋と、白菜と春菊、水菜の収穫祭を兼ねてちゃんこ鍋を囲むことにしてた。ところが、午前中の作業が難航して、15時になっても昼飯にありつけないでいると、どっこからともなく仲間や師匠が集まりだし、気がつくと全員集合で、畑はパーティー会場のようになっていた(笑)この日は雪がちらつくほど冷えてたから、焚火のちゃんこ鍋はもう格別。楽しい時間が過ぎるのは早いもの、〆のうどんを投入する時には、すでに暗くなりかけていた。日が落ちると、ここは真っ暗になる。この時期は日が短いから暗くなるまでに片付けをやっつけるのが鉄則。ちょっとうかれすぎたか、真っ暗の中、うどん食ってたよね(笑)ちょっぴり頭悪い。ガチで寒いかったけど、テンション上がってるし今日は解禁好物のバニラアイス(笑)アイス食いながらホームセンターへ寄り道。128円の手袋発見で即買(笑)そして、我等がラバーズのリハへ・・みんなありがとう、とてつもなく幸せ。。
  1. 2014/12/15(月) 14:16:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武力行使

ガキの学期テストが終わり、ようやく結果が返ってきた。テスト2週間前、準備しておくよう言っておいた資料はないし、宿題は放置するし、俺には嘘をつく始末だし・・いよいよこりゃ無理だ・・落ち着け、落ち着け・・冷静に・・俺の方がね(笑)2週間前でこの状態だぜ?やる気ないなら、もう辞めろ・・俺はもう手を引かせてもらう。本人はボーッとしているが親は、そうはいかない(笑)お願いします、何とかしてあげてくださいと泣きつかれ・・2週間でできることをしてあげてくださいと・・いやいやね、結果出なきゃ俺が勉強教えてる意味ないし・・この状況・・ご理解いただけますよね?・・でも、そこをなんとか、最後のチャンスをくださいと。分かりました・・では、僕のやり方を通させていただきます。ご協力ください、そして一切ノークレームでお願いします・・この条件で約2週間戦い抜いた訳だが・・親もガキも俺も限界?俺に関してはこの2週間で私生活が完全に崩壊してしまった(笑)夕方になると俺はレッドブルを土産にガキの元へ、25時からコタツを拝借し仮眠、5時過ぎに起床して朝勉・・ガキは学校へ俺はそのまま予定をこなし、またレッドブル土産に夕方ガキの元へ(笑)俺はいたって冷静に、2週間のスケジュールを完璧に練り上げた・・ただし、これをやるのはガキだ。もう手段は選んでられない・・やらせるしかない。ずっと面倒みてきた可愛い可愛いガキだけど・・仕方ない・・武力行使(笑)一回教えてできなかったら、ゲンコツ。居眠りしたらビンタ・・などなど・・朝5時に起きてこなかったら、叩き起こして往復ビンタ&サッカーキック。俺の手が痛くなるくらい殴った・・そりゃ泣くわ・・・「バカか、お前は、いつまで飯くっとるんじゃ?」でまたゲンコツ。「風呂だ?人間アカじゃ死なん、風呂入っとる暇ある訳ないやろ、バカが」とまたゲンコツ。彼も痛かったろうが・・愛するガキを殴って、無理やり大嫌いな勉強をやらせる苦しみも半端ない・・それを見ている親もしかり。。こんな手荒なやり方は最初で最後にしたい、マジで。はっきり言ってこんなのは勉強でも何でもない・・さらに勉強が嫌いになるだけだ・・でも俺の仕事は彼の成績を上げてあげること。とは言っても、まっすぐで素直で優しい彼の性格が歪んでしまいそうで、そうれだけが心配だ。俺に殴られるから勉強する・・そんな動機じゃ先は見えてるし。さすがにここまで厳しくされたら俺の事が嫌いになって、連絡もしてこないだろうと思いきや・・テストの結果を嬉しそうに報告してくれる可愛いガキ(笑)英語84点!理科72点!社会70点!・・・まぁ、彼にしては当然自己ベスト更新!「ねぇ、また明日からも5時半に起こして」と・・おいおい(汗)彼に必要なのは、勉強のノウハウよりむしろ、自己管理能力なのかもしれない。にしてもたかがテスト勉強で武力行使は穏やかじゃない(笑)
  1. 2014/12/12(金) 18:05:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もはや論文

ジャズ、ロック、ピアノ、ボーカル・・これらのキーワードを満たす音源を教えて。こんなことを身内から聞かれたが・・俺が思いつくのは、カンタベリー系のプログレくらいだ・・でもこの類は違うらしい。こうなったら、長野に住む自称ヘビーリスナーこと音楽オタクの友人に聞くしかない(笑)さらっと質問したところ「ちょっと待て、少し時間をくれ」と。2週間ほど待つと彼からデータが届いた。何とワードデータ20ページ程にまとめられていた。こりゃもはや論文だな(笑)友人によると、やはりカンタベリー系のプログレか、ジャズ側からロックへの接近としてフュージョン、或いはフリージャズの類・・これくらいしか思いつかないらしく・・膨大な音源、資料を漁って答えを出してくれたのだ。しかも彼独自の視点や解釈が入ってる・・すばらしい論文だ(笑)俺は時間を忘れその興味深い論文?を読み漁ったが、どうやら身内にはチンプンカンプンらしい(笑)いろいろな視点で書かれたその論文、中でも興味深かったのは、今回のテーマを繋いでいるのはポストロック、mathロックであること。ここまでは予想できる。彼はこんな言葉でこの論文を締めくくっていた。「近年の音楽に深く影響を及ぼしているのはダンスミュージックやクラブミュージックなどを中心に広がるブレイクビーツなどのトラックメイキングだと感じる。彼等の創作の土台にあるのは理屈や理論よりもセンスだ。そして新しい世代になればなるほど、こだわりなくどんな音楽も貪欲に取り入れる。打ち込みで創作するミュージシャンだけでなく演奏者にもそうしたブレイクビーツの手法やビートそのものから影響を受けているようだ・・例えばジャズドラマーとかね。その中でも大きなウェイトを占めるのがヒップホップだ。俺はこれまでヒップホップをあまりにも軽んじてきた。その為、現在進行形の音楽に対する理解に偏りが出るんだよ・・東、お前もこれを機会にヒップホップを深く掘り下げてみてはどうだ?・・・・・・続く・・続く・・どこまでも・・(笑)ありがとう。。そこいらの音楽雑誌やライナーノーツより、よっぽどセンスを感じた調査だった。君がいなけりゃ、アーティストとして俺はここまで成長してない・・これからもよろしく頼むぜ。辛口すぎるのが、たまにきずだが(笑)
  1. 2014/12/11(木) 17:13:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中性的になる?

どうしたって人気が出ない我等がラバーズ。いい曲だの、カッコいいだのと言うより、どうしたら理解してもらえるのだろうか?俺達が好き勝手やれば、およそいい曲でカッコいいのが出来るに決まっている。ただし、それはあくまでも俺達の主観でしかないけど(笑)俺達がカッコいいと思えれば、それでいいじゃん!・・と俺はまだそこまで達観していない(笑)そう考えれば楽にはなるだろうけど、ライブハウスを満員にできるまでは、とっておきたい気もするんだ。ダンスミュージック特有の4つ打ちリズム?をふんだんに取り入れてみたものの、ファン獲得の決定打にはならず・・さて次は何をやればいいんだ?そもそも大好きなロックンロールをバカ正直にやってることが間違いなのか?とか(笑)とにもかくにも、次の手を考えなくては。と言うことで話し合いの結果、どうやら最近のロック?と呼ばれる人気者達は中性的であると。ルックスとか声とか、何となくそんな気がしない?よし、じゃ俺達も中性的な感じでいってみる?(笑)真剣にそんな話し合いをしていたけど、いろいろと無理がないだろうか・・・バンドの・・いや個人のアイデンティーが崩壊しないだろうか?でも、ここが我等がラバーズのいいところ、バカなんだ(笑)とりあえず、やってみよう!最後は、いつもこれ。これならアリだ、悪くない!そう思えるような中性的魅力を探してみるよ。何だか楽しくなってきた(笑)・・これが行動のバロメーター。
  1. 2014/12/08(月) 17:51:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本気を見てみたい

自分では、料理が得意だと思っている。そう思っている殿方は以外と多い気もする。男の料理ってやつで姫方には出せない大味感が魅力だったり。すき焼きだけは、親父がやるという家庭も多い。俺もその口で料理を得意としている(笑)俺以上に多忙な毎日を送る身内に手料理を作ってあげることもしばしば・・自信満々にね(笑)身内は料理を作ることが大好きらしいが忙しすぎて時間的に経済的に精神的に料理をする余裕があまりなさそうだ(笑)よって、むしろ俺の方が上手なんじゃねぇ?くらいの・・それは言い過ぎだ。そんな身内がふと、豆腐ドーナツとハヤシライスを作ってくれた。やっぱ女だ・・勝てる訳ねぇ・・ガチでうめぇ(笑)普段は本気出してないだけ・・ちょっと余裕があれば、これくらいは楽勝、楽勝・・と言わんばかりの。「お前、本気出すとすげぇな」と言うと「笑・笑・笑・見損なわないでよ、これが本気な訳ないでしょ?ご冗談を(笑)」と。「バカにしてるの?」くらいの(笑)よっぽど料理が好きなんだろうなぁ・・それはよく分かったが、俺もライブ終わって声かけられるとよく似た感覚になるもんだ。褒めてくれるのは、嬉しいんだけど・・「ドラムめちゃくちゃ上手ですね!」とか「どっかで習っているんですか?」とか・・・俺が上手な訳ねぇだろ?あまりにベタ褒めしくれる人がいると「お前、バカにしてんのか?」とか本気で思う(笑)じゃなきゃ社交辞令か?くらいの・・でも褒めてくれる人、ありがとう。。いい薬です(笑)ただし、俺のライブに余裕はない・・本気も本気・・今のところ、これ以上は無理だ(笑)いつか、身内の本気を味わってみたいものだ。
  1. 2014/12/04(木) 17:39:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

農夫と技術者

典型的な自己中らしい俺と、類まれない変わり者かつわがままな友人が始めた畑。実際のところ友人の力によるところが大きい訳だが、初心者にしちゃ、整備されて上手に収穫できていると評判だ。植え付けから、肥料に至るまで友人の行き届いた手入れの賜物だと思う。夏くらいから何かとよくケンカもしたけど(大抵俺が悪い)ようやく秋植えも落ち着き、お互い穏やかさを取り戻しつつある(笑)そんな友人と畑で昼飯を食っていると、最近こんなことを言い出した。「人にはそれぞれ役割があって、得意なことを生かせばいいだよな」と。さらに「お前を見ていると農業と言うより、ものづくりの発想に近いよな」「俺は育てる発想に近いから、さしづめ俺は農夫、お前は技術者ってとこだな」さすが18年来の付き合いだ、よー分かっとるわ(笑)確かに、農具の修理や、納屋作りやら・・その類は俺は率先してやっていたような。。「お前は、農業に限らず物を作ること自体が大好きで得意なんだよ」と言う彼は、うさぎを飼っていたりと確かに育てることが好きなんだろうなぁ。。金魚ももしかしたら、彼の手にかかれば元気に生き続けたかも。自分の得意なことに気づき、育て、それを発揮できる場所を見つける・・俺はできているのか否か・・ガキにはそんな生き方をしてほしい。
  1. 2014/12/03(水) 10:28:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の流行ベースレス?

先日11月28日は名古屋でライブをしてた。東京からブリキオーケストラ、友達のセプテンバー・クラブ・チルドレンと共に。他にもいたけど、よく覚えてない。久々の再会でうれしくなるのも束の間、ドラマーが体調を壊し二人で来てたブリキからカミングアウトだ。「ベースが脱退する」(笑)おいおい、どれだけベースレスが流行ってる?火付け役は、我等がラバーズか?みたいな。まぁ、冗談さて置き、いきなり急な話である。でも、こういう話は大抵いきなりか。。喧嘩別れをする訳でもなく、相変わらず二人は仲良しそうだから、一安心。この日は脱退を決めたベーシストの彼と、そりゃ深い音楽の話をしたよ。脱退の理由とか今の心境とか、今後のこととか・・彼も葛藤しているんだなぁ・・本気でやっているだけに何事も中途半端にはできない。バンドならなおさらのこと・・気持ちはよく分かるよ。。俺もたくさんの仲間と別れ、出会いで今に至る訳だし。いろんな話をしたけど、彼はこう言った。「ラバーズはずっとこのメンバーでバンドが続いていきそうだね」と。俺もそう願ってやまないが・・メンバーチェンジしないで長くやってるバンドは、それだけでカッコいいしね。そういうバンドは理屈抜きで一体感があるんだなぁ。ただし、バンドは結婚ではないし、バンドはそれ自体が生き物だし、どうなるかなんて誰にも分からない・・メンバーでさえ。その儚さもバンドの魅力だと思っている。だから、こんなにカッコいいんだよ、バンドもバンドマンも。それにしても、ドラム不在にも関わらずブリキのライブは、圧巻だった。圧倒された・・また観たいと思うようなライブをしてた。これ以上の褒め言葉は彼等には必要ない。彼等こそ売れなきゃダメなバンドの一つだよ。トリのセプテンバー・クラブ・チルドレンもベースレス3人編成になってから、明らかに何かが変わった。ちゃんと頭と感性使って曲創って音出してるのが分かる。演奏も歌も下手クソだけど、いいライブだった・・ちょっと見直した(笑)俺も頑張らなきゃ。俺の方は・・もう反省点だらけで、未だに整理すらできていない(笑)一周回って、前衛的にすら感じてしまった。。いつになったら、パーフェクトなライブができる?それができねぇから・・ドラムもバンドも辞められないんだよ、俺は。できても、辞めねぇけどな(笑)
  1. 2014/12/02(火) 17:31:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実に粋だ

おじいさんの大切な土地を借りて始めた畑。初心者にしてはもったいないほどの広い土地を分けていただいている。その土地を見学に行った時、おじいさんは「ここ全部使ってええぞ、井戸水近いし最高じゃぞ」「でも入り口の三角のところだけは残しておくように」と。まぁ、借りる身だから指示された通り、入り口の三角形の土地には何も植えず空けておいた。こんな中途半端な三角形残して、何するんだ?逆にもったいないなぁ・・くらいに思っていた。すると、数ヶ月前におじいさんは、その土地をきれいに耕し、何やら種を蒔いた様子だった。さらに土の上には米のガラが蒔いてある。なるほど、じいさんはここで何かを作るつもりなのか・・それにしてもわざわざ、こんな三角の小さなところにしかも、俺達に貸した土地に植えなくてもいいのに(笑)とか思っていたら・・成長するにつれ、姿を現したのは何と、菊の花。何だ、花だったのか・・じいさん仏壇にでも備えるつもりかなぁ・・と。でも、収穫されることもなく、ずっと入り口の三角に咲き乱れている。久しぶりに会ったじいさんがこう言っていた。「ほぉぅ、三角が随分賑やかになったなぁ、これで君らの畑も外から見えにくくなったわい」・・そう言って笑っていた。これはじいさんがしてくれた、防犯対策だったのだ・・そして入り口に花があるだけで、俺達の気分も全然違う。畑の入り口を通るたびに癒されるのが分かる。こんな粋なことできるじいさん、あんまりいないと思うな。。このじいさん、優しいだけでもタフなだけでもない・・・実に粋だ。俺もこんなじいさんになれるかなぁ?(笑)
  1. 2014/12/01(月) 18:09:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad