FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

金魚水槽

水槽に金魚を飼うというので、その手伝いをすることになった。手伝いと言っても、ほぼ俺がやることになる訳だが(笑)そう、夜店の金魚すくいのやつ。家に持って帰ってきたはいいけど、どうしよう・・っていう類の。俺は家の方針で動物の類は一切飼わせてもらえなかった。せいぜいカブト虫くらいのもんか。ガキの頃から犬やら金魚やら、飼ってみたかったことを思い出す。ペットショップに水槽と金魚飼育グッズ一式を調達し、袋に入ったままの金魚を無事水槽に放流してやった。いやぁ・・実に楽しい作業だった、ちっと臭かったけど(笑)いきなりこんな大きな水槽に入れてもらえて、金魚もさぞかし気分いいだろうなぁ・・なんて、ずっと金魚を観賞していた。水を循環する為の器具の音がこれまたいい味を出している。悪くない、こうして金魚水槽をずっと眺めているのも。癒しに効果があるのかもしれないね、ペットには。ただ、これ自宅で俺が面倒見るとなったら大変だし、話は別だ。水の交換やら、水槽の掃除やら、エサの世話やら・・・大変・大変・無理・無理(笑)ずっと犬が飼いたいと思っていたけど、金魚が無理なら、まず無理だろうなぁ・・でもまぁ、俺は心の中にいろんなものを飼っているから、まずこいつらを手なずけないとね(笑)
スポンサーサイト



  1. 2014/10/29(水) 16:55:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名前のルーツ

ずっと続けているスピリチュアル的な研究の流れで、自分の先祖を辿る必要が出てきた。とりあえず俺の記憶の範囲で。次は、両親の記憶の範囲で。ここから先は親戚を回るか、家系図引っ張り出すしかない。そこで興味深い事実が浮かび上がってきた。俺の家系は元々神主だった。俺の爺ちゃんの爺ちゃん・・つまり爺ちゃんの2世代前までは。とある神社の宮司を代々やってたらしい。ところが、先祖にいろいろあったらしく・・昔も今も同じだが(笑)・・それは途絶えてしまった。そこまでは、俺も知っていた。俺がガキの頃、親父がよく冗談で「やることないなら神主になれ(笑)」とよく言ってたもんだ。今回分かったことは、ここから先。その神社自体が現存しているということ。経緯は曖昧で分からない・・家を出ていっただの、追い出されただの、養子縁組の結果何それだの(笑)まぁ、曖昧にしておいた方がよさそな内容かも。しかし、誰かの手によってその神社は守られている。そしてその神社は伊賀市にあるということ。なるほど・・伊賀市と言えば、死んだ爺ちゃんの故郷・・そしてその神社と言うのは、何と伊賀市にある陽夫多神社のことだった。ちなみに「やぶた神社」と読む。俺はこれを知った瞬間、鳥肌が立ち、背筋がゾクッとした・・・何なんだこれは!実は俺の本名はズーマではないのだ(笑)気付いてないと思うけど、ズーマは、あだ名だったのだ!「東陽信」と書いて「あずまたかのぶ」と読む。これが正しい(笑)そう、俺の名前にも神社にも「陽」が使われていて、両方ともすごく特殊な読み方をしている。やぶたの「ヤ」も、たかのぶの「タカ」もほぼ当て字のレベルだろう。しかも俺の名前は、死んだ伊賀の爺ちゃんが独断でつけたらしく(笑)両親ですら本当の由来は分からないし、聞かされていないと。。俺の爺ちゃんは、第二次世界大戦を生き抜いたタフで思慮深い人だった。そんな爺ちゃんがつけた名前だ・・もしかしたら、もしかする(笑)爺ちゃんが生きてりゃ、聞くのになぁ・・でも一つだけ確かなことは、俺は自分の名前が昔から大好きだってこと。「太陽のように明るく、誰からも信頼される男になれ」と・・そんな文句はよく聞かされたが・・・先祖代々の神社「陽夫多神社」の存在も関係しているのだとすれば・・実に爺ちゃんらしい。名前負けもいいとこだぜ(笑)
  1. 2014/10/28(火) 14:49:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単独富山遠征なるか

青春の地、京都で知り合い今は富山に住む大親友がいる。京都で別れて以来、めったに会うことはないけれど関係が途切れることも、これまたない。そんな友人の調子があまりかんばしくないようだ。そりゃまぁ、生きていればいろいろある訳で・・誰にでも波はある。その波をどう捉えて行動するか。美輪明宏氏が確か・・そんなようなことを言っていたような。でも彼は心身ともにかなりのタフガイだ。そう簡単には折れはしないと信じているから、まるで心配はしていない。でも久々にゆっくり話をしたくなった。なかなか遠出をする暇も金もないけれど、まぁ彼に会いにいくタイミングをもらったつもりで遊びに行くとするか。ただこれ、富山となると北陸な訳でそうこうしていると雪が心配だ。冬が到来する前に彼と会い、すっきりした気分でやる気満々で彼には新年を迎えてもらいたいものだ。お前が本気になれば、大抵のことはできる。俺は今でもそう信じている。俺がそうであるように・・なんちゃって(笑)
  1. 2014/10/27(月) 17:10:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自覚の時

我等がラバーズの新作アルバムが完成し、昨日ようやく椿大社へ報告に出向いた。出向くという表現は本来間違っている。この神聖な地に参拝できること自体、機会を与えられなければ実現しない。ボロボロになった折れかけのスティックを納め、新作アルバム完成の報告とお礼ができた。今回はこれまた縁をいただき、俺を含め3人で参拝することができた。かねてからこのメンバーでの参拝を望んでいたけど、ようやくその機会とご縁をいただいた訳だ。いつもより、より近くに神様が降りてきている気がした。ものすごく近くに神様がいる感じで、鳥居をくぐるたびに俺は、無意識に天を仰いだ。俺から発生した邪悪なもの、俺に憑いた邪悪なもの・・ここ最近で背負った悪しきものは全て払ってもらった。そして、また創造のエネルギーを魂一杯に授かった。帰りに「清めの塩」をいただき今回の参拝を終えた。ところで、肝心な話がまだ終わっていない。そう、太鼓の音だ。まさかとは思うでしょ?(笑)そうなんです、そのまさか。俺が一つ目の鳥居を通った瞬間・・「ドンドン、ドドン」聞こえてくるんですよ、太鼓の音が(笑)俺はもっともっと自覚を持つべきだ。まず間違いなく俺のドラムは神様からのインスピレーションを授かっている・・それは間違いない。俺が出す音、俺が奏でるリズムはもちろん・・何を練習するか、何から影響を受けるか、どのように練習するか、ドラム自体を・・ドラムで音を出すこと自体を俺がどう捉えるか・・・そこまでも俺は踏み込んでいかなければ。俺にとってドラムは、儀式であり芸術であり、音楽であり対話であり、もしかすると魂を外に出す道具なのかもしれない・・とか。俺は神様から使命を与えてもらってると確信している。とにかく自覚を持てと、その意味がお前には分かるだろ?と。巧いだ下手だ、プロだアマだと・・超えるんだ、そういうの。俺のドラムでなら、必ずできる。最後のドラムに関するインスピレーションは、「もっと感覚的に叩きなさい、もっと感情的になりなさい」「お前のドラムはそうなることを望んでいるし、許されてもいる」「心の中に住む魂の子供達をもっともっと自由にしてあげなさい」と。そうすれば、またお前のドラムサウンドに何かしらの変化が起こることでしょう・・・と。楽しみでしょ?俺たちのライブ。俺が一番楽しみだ(笑)次のライブは11/28、現地で会おう!
  1. 2014/10/26(日) 14:18:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今更

ここ最近、今更、ライブハウスにメールを送るのがマイブームになっている(笑)そう、ライブができる場所の開拓。それほど遠くなく、楽しそうなライブハウスを探してはメールで「ライブさせてください」と。まぁ、県外バンドとして遠征すれば、大抵ノルマはかからないからタダでライブができるし・・このライブハウスのノルマ制も非常にうざい文化だけど(笑)いいライブするのに、何で俺達が金を払わなきゃならない訳?みたいな。てな訳で関西を中心に県外のライブハウスばかりをターゲットにしている。しかし、この企業的?で営業的?で機械的?なメールが以外に楽しい(笑)これも我等がラバーズのリーダー酒向君が、バンドのホームページや音源ダウンロードなどのウェブ環境を整えてくれてるからだ。さすがリーダー。そういう基本的なコンテンツが整備されていると、営業もかけやすい。でも、いいライブができる・・これが根底にないとダメ。俺の地元三重県でのライブも計画中だし、リーダーはリーダーでアコースティックや路上をキーワードに動いてる。教育と少し似ているのかもしれないけど、俺にとってバンド活動は営利目的ではない、あくまでも活動の目的は。ただし活動の目標は利潤を出すことだ。ロックミュージックを売るという・・何とも曖昧で微妙な商売ですこと(笑)音楽を売ると言うより、ロックそのものを売ってる・・そういう自覚が必要だ。「ちよっと最近うつ気味で・・」そういう場合、病院に行く前に最強のロックミュージックを聴いてみればいい。負けそうな時もしかり、不安な時もしかりだ。風邪ひいた時に病院行かず、薬局で薬買う感覚で(笑)みなさん、ロックを手にとってみてはどうだろう?
  1. 2014/10/24(金) 18:18:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホ・オポノポノ手帳

手帳、それは俺にとって一年間の大切な財産だ。自前の携帯電話(ガラケー)ではメールと電話以外は使用しない。よって、予定や大切な情報は全てマイ手帳に書き込む。俺の手帳は基本的に10月始まりだから、そろそろ買い替えの時期。今までの手帳もかなり気に入っていた。デザインと色と使い易さとか、紙質とか。でも新しい手帳は、新しい試みだ。手帳までもスピリチュアルにしてしまおうと(笑)そこで俺が選んだのはズバリ、ホ・オポノポノ手帳!この一品、つまり手帳を通じて365日いつもホ・オポノポノを実践してしまおうというもの。カバンを持つ時は常に手帳を持ち歩く俺にとっては、この手帳自体が自作の本みたいなもんだ。ホ・オポノポノに関しては、以前のブログで紹介したように、ハワイに伝わる癒しの儀式。詳しくはまたおいおい(笑)それに関する書籍も当然たくさん読んではいるけど、手帳はまた別物。予定を確認するたびに開くもんだから、書籍とは見る回数が違うし、何より手帳は自分の字でペンで書くものだから、思い入れや魂みたいなものが入りやすいと思う。あまりにも気に入りすぎて、最近用もないのに手帳ばかり見てる(笑)周りから見れば、相当多忙な人に見えるだろうね(笑)しかし、驚くべき逃げてしまいたくなる事実として・・・もう手帳を買い替える時期ってことだ・・つまり、もう今年も残すところあと僅かってこと・・・今年やるべきことを俺は一体どれだけやった?今年立てた新年の目標を見たら愕然とすることだろう(笑)でも、まぁ・・ラバーズは新作出したし、くれいぢのきょうちゃんは結婚するし・・まっ・いっか(笑)
  1. 2014/10/20(月) 22:21:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄人越え

90年代日本のメロコア・スカコアシーンを確立したバンドの一つスネイルランプ。個人的にはギターのアキオ氏が一番好きだったけど。彼等を初めて観たのは、母校である京都産業大学の学園祭にキングブラザーズと共にやって来た時だ。おそらくあの頃ブームもあって一番脂が乗ってた時期だったかも。彼等の音楽自体、あまり好みではなかったけど、シーンを確立した偉大なバンドだと思う。そんなスネイルランプのことなどすっかり忘れていた(笑)あるニュースを見るまでは。そのニュースとは、スネイルランプのベース・ボーカルの竹村氏がなんと、NKBウェルター級のチャンピオンになっていた!つまりキックボクシングのチャンピオンってこと。それだけでも意味不明なんだけど(笑)さらに意味分かんないのが43歳でチャンピオンになっちゃったこと。しかもバンド活動と両立していたらしい・・この人、もう人間じゃない(笑)俺は今朝このニュースを知って、衝撃すぎて、ある意味ショックですらあった。なぜ?あり得ない・・と。相撲界では、37歳で幕内最高優勝し、40歳で幕内での勝越しを果たした旭天鵬関、35歳にして初金星、新関脇まで上りつめた豪風関と・・もう鉄人の域を越えたような人達が歴史を塗り替えている。俺も頑張らなきゃとか・・もはやそんなレベルじゃねぇ(笑)
  1. 2014/10/16(木) 16:15:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひもの食堂

四日市市の漁港に「ひもの食堂」があって、これまた初めて行ってみた。長年この街に住んでいるが、食ってみて思った。俺は、これまでの人生で損をしていたと(笑)ワンカップ大関や缶ビール、レッドブルの自販機が並ぶ店内に、これは見事なひものが並んでいる。それを買うと店内で焼いてくれ定食にしてくれる。この定食にしてくれるところが気に入っている(笑)一昔前のいわゆる運転手食堂的な雰囲気が最高で、当然、こんな美味い干物を食ったことがない。しかも朝の7時から開いているとことか、確実にリピーターになる。セルフでおでんもあり、閉店間際だったせいか、おでんの鍋を物色していると、牛筋を一本サービスしてくれた。適当なおばちゃんだったが、それがまたいい。ライフスタイル上、休日でも朝早くから活動することが多いから、これからこのひもの食堂には、かなりお世話になりそうだ。しかし、たかがひもの食堂に出会ったくらいで、何でこんなに楽しいんだろ?(笑)ド定番でアジのひものを食ったけど、次回は何にしようかなぁ・・朝飯だったらサーモンかなぁ。。
  1. 2014/10/15(水) 17:43:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミネラル復活!

ドラムのルーツではないけれど、ジャンル的なルーツで言えば、俺の場合は間違いなく80年代後半~90年代のエモコアだろう。要は、あの時代のその手のバンドが好きだということ。だからと言って、そんなバンドをやろうとか、そんな風には今は思わない。俺のバンド哲学は、どんな音楽をやるかってことより、どんな奴等とやるかってことが重要だから。最近の若者がよくエモとか言ってるけど、正直、聞くたびに鳥肌が立つ(笑)恥ずかしくなる。俺も同類と思われるのが、怖くて仕方ないので・・できるだけ、自分の趣味は出さないようにしているけど(笑)一つだけ断っておくと、俺の言う「エモコア」と巷で言う「エモ」とはまったく意味合いが違うので、そこだけはご理解の程を(笑)みたいな。今でもその手のバンドの来日情報をチェックするけど、すげぇーことが起こっている。少なくとも、この手の音楽を聴いてきた人達にとっては、大・大・大ニュース!!聞いて驚け!あのテキサスの伝説、ミネラルが再結成!と、すでに大ニュース(笑)さらに、年明けに来日・・そして・・ライブ!俺は最初デマかと目を疑ったよ(笑)それが事実だと分かると・・泣けてきた(涙)だってミネラルだよ!(笑)彼等のライブが日本で観れるんだよ!解散して16年が経った今・・再結成してツアーだぜ?(笑)いわゆる90年代のエモコアシーンを築き上げた伝説的なバンドのライブが生で、ここ日本で観れる・・いや拝める(笑)興奮しすぎて今夜は寝れそうにない。すでにミネラルのファースト「the power of failing」が爆音で流れている訳なので(笑)そして芋ズル式に、驚愕の事実がぁっ・・ミネラル以外にエモコアシーンに伝説を残したバンド達が次々に動きを見せている!ヤバイぞ、これ(笑)まず、サニーデー・リアル・エステイトが14年ぶりに新曲を発表した!もう聴いたよ(涙)あなた達は神だ・・もう神の域ではない・・今回の新曲を聴けば分かる・・神様認定(笑)そして、ブレイドまでもが再結成!そして16年ぶりにアルバムを完成させていた(涙)・・・もう、曲なんてどうだっていいよ(涙)あのブレイドが、またシーンに戻ってきたんだ!実は今日昼間、ふと無性にサニーデー・リアル・エステイトのライブが観たくなった・そう、無性に・・こうなったら、アメリカへ彼等のライブを観に行くか・・とか、何ともバカなことを考えてた訳だ(笑)そして何気に彼等を検索してみたところ、何のことはない、芋ズル式にミネラルの再結成、来日ライブに辿りついた。よく分からないが、いい仕事したよ俺(笑)でも誤解はするなよ、我等がラバーズが最強だ(笑)それは約束だ。
  1. 2014/10/14(火) 20:42:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男らしさ

面倒を見ているガキがいじめられて帰ってきた。そりゃ強豪の中学バスケ部だ、気が弱い奴や体が小さい奴はいじめ?殴られるわな(笑)ガチの運動部に所属してれば、よくある話だ。思春期のガキだ、男としてのプライドもあるだろうし、悔しかったことだろう・・アザとタンコブこしらえて(笑)「俺の面倒みてる可愛いガキに手出したら、承知しねぇよ?」とか言ってやりたいけど・・大人が出て行くには、まだ早い。俺は幸いなことに、こんな性格だったにも関わらず(笑)人をいじめたこともなければ、いじめられたこともない・・せいぜいリンチされたくらいのもんだ(笑)だから、何とも言えないが・・悔しかったら、いじめた奴を一人ずつ、闇討ちするしかないわな(笑)とか言って、俺も中学時代、体も小さかったし非力で弱気なガキだったから、絡まれても殴られても、大抵の場合泣き寝入りだった(涙)ただし、俺の中にガンジー的な「非暴力・非服従」の精神があった訳ではない。まず一対一じゃねぇし・・たとえタイマン張ったにしろ、勝てっこない・・だから自然に非暴力(笑)さらに性格が頑固だったし、人から指図されるの大嫌い・・だから自然と非服従みたいな(笑)そんなしょんぼりした彼に俺がしてあげられるのは、「よし、焼肉食いに行くぞ!」くらいのもんだ(笑)「やられて、どんな気分だ?」「やり返すか?」と聞いてみた。すると彼はこう言った。「もういいんだ、僕は奴等の全てを許す」よと。かつて、ガンジーはこう言い残した。「非暴力は人間に与えられた最大の武器であり、人間が発明した最強の武器よりも強い力を持つ」「非暴力は暴力よりも無限に優れているし、許すことは処罰することよりも遥かに男らしい」「握り拳と握手はできない」・・・と。ガンジーも言ってる、許すことは何よりも男らしいと。君の勝ちだ・・たくさん肉食って明日もシュートを決めてこい!そんな彼には性格なのか否か・・無限のスピリチュアル的な才能を感じる・・君のいいところを、少なくとも俺は分かっている・・そんな君が俺は大好きだ。

  1. 2014/10/12(日) 02:26:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何気なく

ものがありすぎて溢れすぎていて、ストレスが溜まることはないだろうか?ものが溢れているということは、常に選択に迫られる訳だ。選択を迫られることですらストレスに感じることもあるのに、大抵の場合その選択には、損得勘定がつきものだ。この損得を考えるが為に、さらにストレスが溜まる。本能的に損はしたくないから・・脳や感情が急激に働くという仕組み。さらに、当たり前のようにもので溢れているせいで、感覚自体が麻痺してくる。車を持っていないのはミジメとか、スマホを持ってないのは時代遅れだとか、もっと人生を楽しむべきだとか、週末はもっとはしゃごうとか・・エトセトラ。そんなもの、どこまでいっても終わりなんてないのにねぇ(笑)それに常識や思い込みが絡んでくるから、厄介で仕方ない。これからの人生、俺の思い通りになるのか否か・・思い通りって、何じゃそれ?とか、ふと思ってしまう(笑)今が毎日が幸せで仕方ないからだろうか・・別に何があった訳でもない・・・逆に特に何もない・・それが何より幸せなんだ・・何気に生きていられることの幸せ・・これに勝るものがあるだろうか?とあるスピリチュアリストは、毎朝、涙が出てくるまで感謝するらしい・・そう、今日という日を迎えられたことに・・そして朝日を浴びれることに・・朝ごはんを食べられることに・・・そうすると・・自分が存在していることに感動して涙が出てくるらしい。起きた瞬間に、自分の存在に感謝し感動して泣ける人がはたしてどれほどいるだろう・・・もし、俺がそんな人間になれたら、今の俺はどう変わっているのだろうか・・・これから先が楽しみだ(笑)
  1. 2014/10/10(金) 22:04:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気分は力士

今年はウォークラリー大会に参加してみた。15日間の歩数を競い合い1位~3位には商品券がいただける。毎年上位者は、半端ない歩数を歩いているから、普通に生活してるだけじゃ絶対に入賞は無理だ。でも今回参加したには訳がある。楽しい遊びを思いついたのだ。15日間・・と言えば・・相撲の一場所と同じ。15日間を力士になったつもりで、戦ってみようと(笑)そこでルールを決めてみた。1万歩以上歩いたら白星(勝)、1万歩未満は黒星(負)万歩計をつけて生活してみて分かったことは、一日に1万歩以上歩こうと思うと、結構意識しないと届かない。意識的に階段を使い、遠回りしてみたり。それでもなかなか届かない。相撲風に言えば、初日、白星スタートで中日を迎えて4勝4敗。目標はもちろん勝ち越し(8勝)無駄に歩いているから、腹も減るからよく食べる。ちなみに今日の朝食はパンとご飯(笑)いやはや、いい習慣というのはすさまじく体調に出るもんだ。この毎日の星取(勝ち負け)が楽しみで仕方ない。これから全て勝てば11勝4敗。相撲で言えば、敢闘賞や殊勲賞を取ってもおかしくない(笑)この相撲からヒントを得た15日間単位の発想をライフスタイルにも取り入れてみた。とにかく勝ち越し(8勝7敗)を目指す。星取をつけてみると勝ち越すことがいかに大変かが身にしみる・・でも逆に考えれば初日から2連勝して後は、1日おきに勝てばいい訳だ。あわよくば3位入賞で2000円分の商品券ゲット!しかしまぁ・・俺はよっぽど相撲が好きなんだなぁ(笑)ドスコイ!
  1. 2014/10/09(木) 17:43:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すいかで乾杯

さつまいもの収穫がいよいよ始まった。安納芋と金時芋だ。初めてにしては、よく出来ている。茄子もまだまだ収穫できそうだし、オクラはおそらく数年分は食った(笑)体が緑になりそうなくらい。並行して秋植えも終盤、中心になってやってくれてる友人には本当に感謝しなくちゃいけない。畑もバンドも・・そして人生も・・一人じゃ何もできない。それは俺だけじゃないだろうけど、俺は特にそれを感じる。誤解を恐れず言えば・・周りから言わせれば、どうやら俺は生粋の人間嫌いらしい(笑)言い方が下品だった。人付き合いが苦手なんだね、きっと(笑)そんな俺でさえ、到底、一瞬ですら一人じゃ何もできない・・生きていけない。畑友達とは些細な事でよく喧嘩にもなるけど、彼がいなけりゃすでに畑は荒れ放題だ。彼のおかげで、最高に上手い野菜が毎日食べられる。そして何より、年間を通して常に作物を収穫するというライフスタイルに近づける訳だ。台風の日のこと、収穫さぼったこと・・エトセトラ・・ごめんなさい(笑)感謝が足らないから、こういうぶざけた事が簡単にできる訳だな、俺は。しかし、今年の夏前から始めた畑で、これほどたくさんの野菜が収穫できるとは思ってもいなかった。トマト、ピーマン、オクラ、レタス、にんじん、ルッコラ、水菜、小松菜、さつまいも、ねぎ、ハーブ、しそ、ナス・・そして何より一番感動したのは、すいかだ。土地を借りているプロ農家のじいちゃんも、周りの農業ばあちゃんも、みんなに言われた。こんな貧弱な苗と土じゃ、絶対にすいかなんてできないよ(笑)と。そんな貧弱な苗に水をやっている俺達があまりに滑稽に見えたんだろう・・会うたびに大笑いされた(笑)しかし・・・できたんだ・・まともなすいかが。まさかとは思ったけど、紛れもなくすいかだった(笑)あの日はクソ暑かった、井戸水で冷やしたすいかを恐る恐る切ってみると、ちゃんと赤かった(笑)種もちゃんとある!おうっ・・これは、すいかだ・・本物の自家製すいかだ。友人と二人、すいかで乾杯!この夏最高の収穫祭になった。でも正直なことを言うと、すいかに関しては、スーパーのすいかの方が美味かったけど。一度にあれほど大量のすいかを食ったのも生まれて初めてだ・・当然気持ち悪くなった(笑)今月の収穫祭は、焼き芋らしい・・くれぐれも食いすぎ注意。
  1. 2014/10/08(水) 17:33:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

質の保証

どんな曲を創ろう?ライブでやってお客さんのテンションが上がる曲・・漠然としているけど我等がラバーズの場合、全員一致でそんな答えになる。コンセプトはこれだけ、後はダサくなけりゃいいくらいの(笑)とは言うけれど・・実際のところはそう簡単にはいかない。個人的にラバーズの目指す楽曲を一言で言えば「ダーティーでルードな雰囲気のロックンロール」てなところか・・おそらくこのイメージが俺達がここ数年間の活動で作り上げてきた・・いや自然と形成されてしまった楽曲、ライブイメージだと自負している(笑)このイメージを崩さないようにお客さんのテンションを上げるのが俺は一番楽しい。だから、ダーティーでルードなロックンロールを創ればいい。そこから先は質の問題。ラバーズの場合、この質とは、強烈なリフであり、スピード感であり、シンプルさであり・・と。要はセンスのみ。できるだけ質の良いものを大量に生み出したい・・これは当たり前のこと。でないと結局、頭打ちになる。手法はいろいろある。俺が一番好きな方法は誰か偉大な先人の真似をすることだけど(笑)まぁ、そんな本気の冗談はさておき(笑)質の保証的なことを考え始めると、なかなか新曲なんて産まれない、これが現実。人気者でもないくせに、俺達は変に期待されている気がする・・そう感じるのは俺だけじゃないはずだ。そして少なからず俺は、その期待がプレッシャーでもあるが・・裏切りたくないんだ・・わずかながらでも俺達をリスペクトしてくれる人達のことを。自分がリスペクトしているラバーズは、間違いない。彼等こそ本物のロックバンドだと。ずっとそう思わせていたい・・いや・・騙していたい(笑)各メンバーの人としての魅力や個性、ライブの安定感、楽曲の仕上がり、そして何より・・バンドっぽさ。全てにおいて、一定レベル以上の質を保証してあげないと・・自己満足になりかねないんだなぁ。。愛すべきアメリカはオレンジカウンティのパーティーバンド「Lit」のドラマーが他界していたことを知った・・いいドラマーだった。おそらく、ルーツは俺と同じだろうなぁみたいな叩き方だった(笑)Litのロックは永遠に不滅だ!なぜなら、ロック的質の保証ができてるかに決まってるじゃん(笑)そんなLitに敬意を表して、今夜は彼等の中期の作品「atmic」を聴こう。1999年?の彼等のウッドストックでのライブも、まさに神がかっていたよ。
  1. 2014/10/06(月) 17:53:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

赤目四十八滝

パワースポット的な、そんな場所には確かにパワーを感じる。その場所からパワーを放出し続けている気がする。それを受け取ったり、感じたりするのは我々個人の問題みたいな(笑)三重県名張市には「赤目四十八滝」という有名な観光名所がある。滝や日本オオサンショウウオセンターで有名だけど、俺はいわゆるパワースポットだと思っている。そして何を隠そうここは、その昔忍者の修行場所だったそうな・・この伝説が俺は一番萌える訳だけど(笑)誰もいない早朝の山、その山肌、岩、木々、そして滝、滝壺・・それらには底知れぬパワーを感じる。さすがに忍者は確認できないけどね(笑)でも、観光地だから昼前にはもう人で一杯。これが秋になろうもんなら、紅葉狩りと称した連中で・・いわゆる「イモ洗い状態」だ(笑)早朝には感じるはずのパワーも、人が増えると特にパワーも何も感じなくなる。でもそれはパワーがなくなった訳ではなく、俺がパワーを感じられなくなっているからだと思う・・そう、もう昼には何も感じない(笑)ただの滝でしかない(笑)そこから放出されるパワーに同調しなくちゃ、そりゃいくら強力なパワーを出してても感じ取れるはずがない。バンドと一緒、やはり大事なのは同調することだ。ただただ周りに人がたくさんいると、集中力がなくなるだけ。そうなると楽しむことに集中しちゃう・・「なぁ、帰りにへコキ饅頭食おうぜ!」てな具合に(笑)やっぱり、朝はいい。夜は邪悪な何かが入り込みやすいし・・とかいいつつこんな時間までブログの記事書いてたり・・・明日も早起きしなくちゃ!!
  1. 2014/10/05(日) 01:32:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校生レストラン

何事もブームや流行は苦手だ。どうにも逆行したくなる(笑)ようやくブームが落ち着き、時代遅れ的に俺も手を出してみる。これがいつものパターン。三重県は多気町といところに「高校生レストラン」なるものが実在する。数年前にドラマのモデルにもなり、三重県では結構有名な話。五桂池ふるさと村の施設内にあるこのレストランは、三重県相可高校の学生が運営するレストランだ。調理、接客、会計までの全てを現役高校生がこなしている訳だ。ドラマになった当初から気にはなっていたもののたちまちブームになり、俺は興味を失った(笑)確か、トキオの松岡氏が主演してたような。先日、ようやく俺も足を踏み入れた。まぁ、三重県民ならば一度は行くべき施設。さすがにブームも去ったとは言え、ランチをいただくのに朝から行列(笑)これ、ドラマやっている時とか、どうなってたんだろ?駐車場にすら入れなかったに違いない。俺は大好物のうどん定食を注文した。しかしまぁ・・よく教育された高校生だ・・・三重県の誇りだね。しかも、めっちゃ美味い。うどん定食に1300円もとるだけのことはある。その価値はある。ちゃんとしているし、ホント美味かった。こんなに美味い外食?久しぶり(笑)今時の高校生は凄い?近頃の外食産業がどうかしてる?にしても、美味し国、三重!!
  1. 2014/10/03(金) 17:53:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逆差別

その昔、福祉施設でアルバイトをしていたことがあった。福祉施設といっても特別養護老人ホームで、山奥にあるその施設はまるでオバ捨山のようだった。その施設で俺はひらすら雑用をこなし、こずかいを稼がせてもらった。後にも先にも俺の福祉体験はそれくらいのもんだ。ところが最近、音楽以外の私生活の中で若い障がい者の青年と関わることがある。障がい者雇用問題とか、何とか難しいことはよく分からないけど。その青年は、それは純粋で素直な人だと思う。しかし、俺も含め健常者の人達と混じり、何かをやろうとすると少なからず健常者側の配慮や工夫が必要になってくる。その発想自体が差別的だと指摘する人もいたりするけど・・そんな中、俺達は彼に無理な要求をすることもしばしば・・そして彼も俺達に無理な要求をしてくることもある。正直、人間同士が関わっているわけで・・この辺のかけ引き?が俺にはよく分からない。誤解を恐れずに言おう・・差別はしたくないし、するつもりもない。でも、俺自身も俺の仲間も逆差別を受けたくないし、そう感じたくもない。同じように作業して、同じような結果を出すことはできないかもしれない。でも、同じ場所で同じ環境で共存することはできなのか・・俺の言っていることが、きれいごとか否か、それすらも俺には分からないけど。しかしまぁ・・お互いに気にし過ぎだ(笑)基本的に、俺みたいにもっと適当に付き合えばいいのに(笑)周りを見ているとそう感じる。
  1. 2014/10/01(水) 17:27:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0