FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

修行しませんか?

どうやら目には見えない物がたくさん憑いているようだ・・異常なまでの身体のだるさ。これはもうお祓いレベルだそうだが・・自分にできる範囲で行動してみよう。元々憑きやすい体質ではあるにしても・・結局のところ、良いも悪いもそれらを引き寄せているのも自分だ。行動や態度に出さなくとも、ましてや心の中に入れなくても、潜在意識の中に存在するからこそ、引き寄せてしまうのだろう。自分を戒め・・自分にとって良くない行動や態度や思い・・これらは、遠ざけられるようになってきた。ところが潜在意識までは、まだコントロールできないようだ・・今の俺には。修行が足りない、まだまだ。鉄人や超人になろうとはしてないし、なれるとも思っていない(笑)ただ、せめて自分くらいはコントロールしたいもんだ。そう言えば、最近身内にこんなことを言われた・・思い出した・・「修行しませんか?修行はいいですよ?」と。俺はその時思った「バカ言ってんじゃねぇ!タバコもオヤツも辞めてんだぞ、俺は。これ以上、修行もクソもあるか?」(笑)と。あさはかだ・・実にあさはかで愚かだ・・俺は(笑)よく考えてみてほしい・・そうだ・・俺は「修行すること」を引き寄せたのだ。相変わらず、俺は強運の持ち主だ・・現時点で修行の必要性を悟ったのだから。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/30(水) 17:50:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極悪レミー

バンドのDVDは、たくさん観てきた。ライブもドキュメンタリーも。そんな中最強の一枚を上げるなら・・ライブだったら、ブランキー・ジェット・シティーの「ARE YOU HAPPY?」だろう。代々木公園での野外ライブ・・高校生の時に当時まだVHSで彼等の映像を観た。ここから俺のバンド人生が始まった。ドキュメンタリーなら、どうしたってモーター・ヘッドのフロントマン、レミー主演の「極悪レミー」だ。これ以外にない。まさにメタルの創始者であり、生ける伝説。鳥肌が立つ回数で言っても、このDVDが一番きてる(笑)まさにロックンロールは、男の生き様だ。レミーというスタイル・・いや、ジャンルと言ってもいいくらいに。ガチのメタルはそれほど聴かないが、メタルとパンクを融合させたような彼等のサウンドは特別な何かがある。ここ最近、家の中にある音楽ドキュメンタリーやライブ映像ばかり観ている・・練習もせずに(笑)もはや小手先だけで何かをしても無駄なのは分かっている・・自分は騙せない。俺は根本的な何かを見つけようとしているようだ。今週末8月3日(日)は、名古屋クラブザイオンで我等がラバーズのライブ。ザイオンのマサヒロ君の誕生日イベントだったような・・例によって客も演者もみな酔っ払って訳が分からなくなっいるだろうが・・・果たして俺の答えの糸口は見つかるのだろうか?モーター・ヘッドには到底かなわないけど、酒のアテになるくらいの・・誕生日を祝ってやるくらいのライブは、きっちりやらせてもらうぜ!
  1. 2014/07/29(火) 21:56:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

似合うけど・・それ好み?

ここ数日、妄想にふけっている。でも全然退屈じゃない、むしろわくわくしている。自分のドラムスタイルについて・・想いを巡らせている。どう見られたいか?どう表現し感じたいか?これらは違うし、果たして落とし処は必要なのか?とか。無性に生ドラムを爆音で叩きたい気分。ファッションに特にこだわりはないけど、できるだけ自分に似合う服を着ているつもりでいる。こだわりがあるとするなら、サイズとシルエット。周りからどう見えているかは分からないけど、サイズやシルエットはいつも自分には心地いい。ドラムもしかり、どう見せたいかっていうのはあるけど・・そこにこだわりすぎると、心地よさがなくなってしまう。それじゃ何の意味もない。個人的には、ロック・・それもアメリカのインディーロック。スタイル的にはこれが一番近いのかもしれないけど、身近な人は「アメリカよりイギリス」、「ロックよりジャズ」、「ジーンズにTシャツよりスーツにサスペンダー」「感情的になるより淡々とクールに」・・これの方が俺には似合うという人もいる。確かに身体が小さいから、その意見も納得できる。自分の好みと、実際に自分が似合うものと一致しないことはよくある。この辺りもスタイルを追求する上ではとても重要。まぁ、グラムロックが似合うと言われても、さすがにメイクをしようとは思わないけど(笑)そんなことを「BOOKER T &THE MGS」を聴きながら考えてる・・このタイミングであえて彼等の音源を聴くところ・・迷っているね・・色々と(笑)
  1. 2014/07/28(月) 22:38:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイドラム封印?

ワンマンライブ、つまり共演者なしのライブ。共演者がいないということは、それなりの人気と実力がないと本来成立しないものだ。演者は自分達だけ、他はファンやお客さんのみ。普通そんなワンマンライブをしない限り、ドラムなんて自分の楽器を持ち込めない。ライブハウスに設置してあるクソみたいなドラムを共演者と使いまわす羽目になる訳だ(笑)ドラムはデカイし場所をとるし、マイクが多いから転換に時間がかかる・・まぁ理由はそんなとこだろう。実際、持ち込みオッケーと言われても、楽屋に置くスペースなどない。よって最近は、始めから持ち込みを禁止するライブハウスが増えている気がする。確かに、荷物多いだけで共演者に迷惑だしね。でも本来は間違っている・・というか納得がいなかい(笑)だって、自分の楽器じゃなきゃダメでしょ?どう考えたってダメだよ。でも、持ち込めない・・だから備え付けのドラムで何とかするしかない。見た目はどうしようもない、変えられないし。求められるのは、その備え付けのドラムでいかに納得のいく音に近づけるか?これにつきる。この能力を求められる訳で。中には完全に消耗してるドラムもあるから・・どうしようもない場合も往々にしてあるけど(笑)備え付けのクソみたいなドラムだろうが、何だろうが、ホントに巧い奴はそれなりの音を出すんだ、これが。音楽は楽器じゃない、鳴らす人の問題・・それを痛感させられる。そういうドラマーが一番カッコイイと思うから、俺も「ある物で何とかする」精神を貫いているけど、俺の実力じゃまだまだ、クソな楽器はクソな音しか出ない(笑)もうリハーサルの時点で泣きそうになるよ、なんだこの音・・情けねなぁ・・俺。みたいな(笑)これも含めて実力!そういうのも嫌いじゃないよ、わりと(笑)そんな条件の中で、自分のスタイルをいかにして築き上げるか?その方がやるべきことが明確になることだってある。あわよくば、マイドラムを持ち込もうなんて考えていたけど・・いっそうのこと、どんなドラムだろうと、それなりの音を出してみせましょう!よく考えれば、これもれっきとしたスタイルだよね。要や感性だから、音楽なんて感性が全てのはずだから。
  1. 2014/07/27(日) 20:50:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初花火大会かも

当然、花火は見たことがある。夜空にあがる花火。でもいつも見かけるだけ、とか遠くの方で見えてるだけ。たぶんガキの頃に婆ちゃんが連れってくれたような・・かすかな記憶しかない。昔も今も人混みが苦手だから花火大会的なものに出掛けた記憶がないのだ。本日は隣街の花火大会だ。この恒例の花火大会に呼んでもらった。俺の性格や行動パターンを完全に熟知してくれた人がセッティングしてくれた。人混み嫌い、渋滞嫌い、並ぶの嫌い、お祭り騒ぎ嫌い・・というこんな偏屈オヤジみたな俺を(笑)なら、花火大会なんて来るな!と言われそうなもんだが。手作りの焼そばと大好物の唐揚とビールを用意してくれて、地元民しか行けないような超穴場スポットへ案内してくれた。「どうでしょう?これなら、人いない、渋滞しない、並ばない、お祭り騒ぎ感ない、好物の唐揚ある」いや・・自分にはもったいない(笑)しかも始まるまでテレビで相撲観戦までさせてもらって(笑)ほんと、ありがとう。しかも用意された缶ビール2本で、ベロンベロンに酔っ払い、結構騒いでた気がする・・ご迷惑おかけしました。こんな安上りな男をお許しください(笑)初めて見た、こんな近くで。てか、ほぼ真下だ。花火の残骸が空から降ってくるし、燃えカスで服が真っ黒になった。こういうのが一番好きなんだ・・めちゃくちゃ感動した・・泣きそうになった(泣)酔っ払って頭がグルグルしてたけど(笑)音も半端ない・・そこから見える花火は、宇宙であり、ロックであり、ジャズであり、ドラムだった。やっぱり、一番高く、一番大きく、一番うるさく、一番長く残っている花火が一番よかった。まさに、ライブもしかりだ。楽しかったなぁ・・夏って感じだなぁ・・ありがとう、ありがとう、ありがとう。
  1. 2014/07/27(日) 00:11:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これでいいのだ

ライブ終わって無事帰宅。本日は行きに高速使って、カレー食ったから、夜食のラーメンは我慢。その代わりに塩せんべいで塩分補充。飲み物はりんごジュース。以外にも相性抜群!何じゃこの前置き(笑)本日のライブは、あまり味わったことがない雰囲気だった。おそらく出演者以外にも、いわゆる関係者がたくさん来ていた気がする。何となくニオイで分かる・・業界の人だなみたいな。このイベントの趣旨みたいなもんが、俺には見えてこなかったけど(笑)たぶん、主催者の人に聞けば分かることなんだろうけど、何かナンセンスだしな、そういう質問。感覚的に分からなかった俺には、センスがなかったってことにしておこう。それにしても、後輩バンドいや、もう友達バンドだな(笑)セプテンバー・クラブ・チルドレン(略してセプチル)のメンツが遊びに来てくれたおかげで、だいぶ気分が和んだ・・救われた。髪型の話、単車が壊れた話、自転車の話、骨折した話・・エトセトラ・・楽しかった、いつもありがとう。スケボーの師匠でもあるセプチルの斉藤君に本日は、ロードバイク(速い自転車)のレクチャーをしてもらった・・ココ壱でカレーを食べながら。いやぁ~楽しかったなぁ・・今日の楽しさMVPだ。ホント話が巧いというか・・そう、嫌味がないんだ、きっと。君ならいい営業マンにもなれそうだ。多才な奴が羨ましいぜ。元くれいぢのベーシスト、アル中ことユウ君と同じ匂いを感じる。彼等に共通しているのは、やはり嫌味がないこと・・そう言えば、ユウ君も不動産業界の営業で成功してるもんなぁ・・・こういう奴こそ音楽続けてりゃ成功するのに、バカだねぇ(笑)しかしまぁ、業界人に混じりビジネスライクな話をするより、バカなバンドマンとカレー食ってる方が楽しいに決まってる・・少なくとも俺は(笑)これがプロとアマの別れ道だ・・何て、そんな手には乗らないぜ。「適当こそ、最強」本日も「これでいのだ!」
  1. 2014/07/26(土) 01:30:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらばスィーツ

タバコを辞めて早数ヶ月、同時に甘いものもめっきり食べなくなった。たまに少しくらいは食うけど。ケーキやシュークリーム、みたらしだんご、草もち、コーラ、チョコレート、アイス・・スィーツを飯にできるくらい好きだったが(笑)・・ほとんど食わなくなった。久々に甘いものを食おうと、ふとコンビニでロールケーキ、みたらしだんごを買って至福の一時と思いきや。あまり美味しくない・・久々に食うロールケーキだ、美味いに決まってるのに・・時間が経つにつれ、むねやけして気持ち悪くなってきた。毎日食う三食の飯はとてつもなく旨いし、よく食べる。これまた、甘い物も身体が受けつけなくなってきたな・・しめたもんだ。これを機に、タバコ同様、スィーツからもおさらばしたいもんだ(笑)縁あって、食品添加物を扱う書籍に最近よく出くわす。暇つぶし程度にパラパラ読んでいたら、あることに繋がった。目からウロコだ(笑)そのデータによると、俺は内臓が弱いから食物で下痢したり、体調不良になっている訳じゃない・・確かにそれもあるだろうけど・・食品添加物に敏感な体質だったのだ。ありがたくもそれに身体が反応してくれていたのだ。それもかなり過敏に(笑)つまり、どんな種類の添加物を過剰摂取しても下痢一つしない奴は、一見強靭そうだが・・ある意味危険だ(笑)俺は、めだたいくらいのポジティブ思考だから、自分の体質にますます感謝している。神様が与えてくれた、まさに素質だね、これも。
  1. 2014/07/25(金) 01:19:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンドマンの品格

ライブハウス、スタジオ、レコード屋、楽器屋、服屋・・エトセトラ。いたるところにバンドのポスターが貼ってある。かっこいいポスターができれば、誰だって貼りたくなるし、宣伝したいし。分かるよ、気持ちは分かる。俺も一緒だ。中には、どこへ行っても貼ってあるバンドなんかもいる。うぁっ!また出た、みたいな(笑)俺は同業者だからかもしれないけど、こういうの見れば見るほどそのバンドがイヤになっちゃう。しつこい、もう十分だ・・音で証明してくれ、お前等の存在感を。だから俺達のバンドは、ほとんどポスターなんて貼っていないはず(笑)貼りたいんだけど、貼らないと言った方がいい。貼るにしてもライブハウスやスタジオなんかの薄汚ねぇとこには貼らねぇ(笑)オシャレなカフェとか・・ちと無理があるな(笑)露出の仕方も俺はセンスだと思う。なでもかんでも目立てばいいってもんじゃないでしょ?貼ればいいってもんじゃない。別に俺は常識がある訳じゃねぇし、まともな人間だとも思っていないけど・・何というか・・品格っていうのか・・そのへんは大切にしたい。バンドマンに品格?何じゃそれ?って思うでしょうが・・あるんですよ・・プライドとかこだわりとか、そんなもんよりもっと崇高な品格・・人間性みたいなもんがさ。
  1. 2014/07/23(水) 21:47:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

似た者同士?

つい最近のライブ中、嬉しい瞬間に遭遇した。ラストの曲が終わる時、ギターボーカルの酒向君がギターにキスしてた(笑)あいつも、そんなことするんだぁ・・今まで気付かなかったのか、今日がはじめてか、そう見えただけか?なぜ嬉しくなったかと言うと、俺も愛用のスネアドラムを片付ける時、ライブの日はいつもそうしてるから(笑)ちょっと恥ずかしいカミングアウトだ。酒向君がギターにどんな思いを込めてキスしてるのかは、分からないし・・聞く気もないけど(笑)彼とはまったく性格が違う気がしてたけど、案外似た者同士なのかも。俺のスネアドラムに対するそれは、まさに愛?感謝の気持ち?「今日もありがとう」「いい音出してくれてありがとう」って感じかな。長年連れ添ってる相棒だからね。「お前の音が今日も一番だったぜ」そうしてやると、次のライブもちゃんと言う事を聞いてくれるもんだ。ギターの安井君とは、演奏中によく目が合う。彼を観ていると、なぜかすごく楽しくなってきて、ついつい笑ってしまう。こんな仲間とずっとバンドが続けられればいいなぁ・・こんな関係が・・こんな時間がいつまでも続くといいなぁ・・なんて思う日もなくはない(笑)次のライブは、名古屋RAD・HALLにラバーズが初参戦!「観に来てください」と言うと語弊があるなぁ・・・観に来た方がいいと思うよ(笑)名古屋で初参戦って、結構プレミアでしょ?
  1. 2014/07/22(火) 23:59:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

スタイル VS 開き直り

昨夜たまたま居間のテレビを観たら、音楽番組をやってた。どこかで聴いたことのある声だなぁ・・と思って、テレビに目をやると、「くるり」だった。昔から全然興味なかったけど、一発録音の模様が収録されていたから、気になってついつい観てしまった。さすがにみんな上手だわ(笑)当たり前か。最終的にやはりドラマーに目がいってしまうけど、こういう素晴らしい演奏を観せられると、いつも考えてしまう。俺はどんなドラマーになりたいのか?と。自分では分かっているんだけどなぁ・・でもなかなか、それに的を絞って努力できない。見た目、出音、フレーズ、総じてスタイル。どれも断片的で、落とし所にもっていけないというか・・だから断片的にできることを最大限にプレイしてるだけ。ここで一度、断片的なものを整理してみようかな。それらを整理して、繋げてみる。例えば、ライブでプレイする曲を1曲選んで、自分の理想としているスタイルをあてこんでみる。つまり、やっている練習や、やってきたこと全てをライブのプレイにフィードバックさせる感じかな?今まではいろんな武器を集めて、全ての武器を操れる訳じゃないのに、とりあえず戦地に持っていく。戦いの中で、どの武器をどういう風に使っているか、今一よく分からず、何となく戦いが終わっていた感じ。その武器の使い方や性質をもう一度、ちゃんと理解して、必要なものだけを持っていく。そして、自分のスタイルで美しく戦う。しばらく、そういう時間を作ってみてはどうだろう?スタイルの確立?いや・・それしかできません、文句あっか?的なのは大好きなんだけど、一方で開き直りのような気がして・・どこか避けてきたような(笑)何か最近曲を創るとか、リズムを組み立てるとか言うより、ズーマという作品を創っている感覚になってきた。自分自身を作品にするかのような・・よくいい過ぎた(笑)でもここまでとっ散らかった状態から、スタイルを確立する行為自体がものすごくアーティスティックと思わない?楽しそう・・(笑)
  1. 2014/07/21(月) 17:47:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音源の聖地

音楽を流しながら、何かをすることも大好きだけど、例えば・・運転、ブログ、半身浴、単車の修理、料理・・エトセトラ・・音楽を流しながらドラムの練習は、さすがにできないけど(笑)それくらい常に音楽が流れている空間にいたい。それとは別に音楽を聴くことも大好き・・というか・・うん・・好きだわね、そりゃ(笑)音楽を聴くことに集中して、いろんな角度から音源を楽しむ。そこが流している時とは少し違う。でも、なかなか新譜のCDは買えない今日この頃。20代の頃は、よくタワレコに行って1日中試聴したもんだ。1日かけて試聴機に入っているCD全部聴くとか、バカなことしてたわ・・で、1枚も買わないという(笑)さすがに今は、そこまでの体力も持久力も暇も執念もない。座っても怒られないならやるけど(笑)そんな俺を救ってくれているのが、他でもないツタヤだ。いや、TSUTAYAさんだ。今となっては、音源の聖地となりつつある(笑)こんな田舎でもツタヤはちゃんとあって、1000円で5枚、1週間貸してくれる。しかも結構な充実ぶりで掘り出し物があったりもする。ここがなくなったら、俺は生きていけない(笑)最新の音楽は聴けないけど、俺はこれで十分。図書館と同じ感覚。たとえ、電子書籍が無料で読めたとしても俺は、図書館へ行って本を借りるだろう。あの紙を一枚一枚めくる手触り、音、匂いがないと。あとは、カバンに入れて持ち歩くあの重さね。同じように無料で音源がダウンロードできたとしても俺は、CDを借りてスピーカーで聴くだろう。CDをケースから出す手触り、ブックレットをパラパラめくる感覚、歌詞カードやライナーノーツを読んでみたり。つい先日もお世話になったばかりだけど、掘り出し物を発見!「あっ、マジ?」ツタヤで掘り出し物を見つけた時の俺のテンションと顔といったら、想像できるでしょ?(笑)この日見つけたのは、「サード・アイ・ブラインド」の2009年に発売されたアルバム「URSA MAJOR」彼等は90年代から活動している正真正銘、本物のロックバンドだ。俺はファーストから全て聴いてきたけど、へぇ~知らない内に新譜出してたんだ。といっても5年前だけど(笑)この作品を発見できたことも、レンタルできることも嬉しいけど・・大好きで憧れの彼等が今も活動してて、作品を創り続けていることが嬉しくて、嬉しくて・・嬉しすぎて、ツタヤのCDコーナーでちょっと泣きそうになっている俺(涙)俺が高校2年生の時に彼等のファーストを聴いてがむしゃらにドラムの練習してた頃を思い出しちゃってさ(笑)ちなみに今もがむしゃらだけどね、俺は相変わらず。ところで、作品の感想は、いやぁ・・(笑)いやぁ・・(笑)・・いいよ(笑)気になるなら、聴いてみなよ(笑)サード・アイ・ブラインド節健在、そして炸裂!ご機嫌だぜ!!
  1. 2014/07/20(日) 22:27:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺達の楽譜

昨夜はギターのレコーディング。俺の仕事は、機材の片付けを手伝うくらいだし終わりがけに差し入れ持って、おつかれ!くらいの感じ。かなり難航したようで、完成は次へ持ち越し。お二人さん、長時間おつかれさま。じゃ、また次のリハで会おう。ライブ前だし、ライブの練習をつめようということに。で、具体的にどんな練習?レコーディングを始めてから、どうもその辺が曖昧になってる気がする。今までは、3人が一つになること。つまり同調することだけを考えてやってきた。ところが、レコーディングを挟み何かが噛み合わない。俺以外の2人には、克服すべき何かが見えているようだが、正直俺にはよく分からない。ここでの課題は精神論的なそれではなくて、もっと音楽的なことを指しているようだ。よく分からないことは、とりあえず試すしかない。俺が思い当たるとすれば、まずみんなが楽譜どおりに演奏できること。もし俺たちの曲に楽譜があったとしたら、楽譜を完全に再現できるようになること。その上で、ニュワンスとかノリとかを表現できるようになること。さらに、アップビートやダウンピートをちゃんと解釈して気持ちのいい波を生み出すこと。パルスを感じて、演奏自体を安定させること。ノリやグルーヴを身体を使って視覚的に表現できること・・エトセトラ・・理屈をこねればキリがない。まずは、アンサンブルが正しいものだとして各自が自分のパートの楽譜を書いてみることかな?クリックをベースに音符や休符を完璧に感じながら楽譜どおりに演奏してみて、その状態でみんなの音が混ざってどうなるか?当たり前すぎるけど・・音楽的な話は、そこから始まる気がする。「ロックなんて衝動と爆音と感情と感覚だけが全て」これがすでに精神論なのかもしれないし、いや都市伝説か?俺達のロックにも楽譜が必要な時が追に来たのかもしれない(笑)個人的にそういうの封印してたんだけどなぁ(笑)
  1. 2014/07/19(土) 14:28:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SP?LP?CD?

今回のレコーディングの音源は、どのような形で発信しょうか、作品として残そうかとバンド内で検討中ではあるが、基本的にはダウンロード。でも作品が形で残らないのは寂しいから、いっそうのことCDを飛び越えてLPで出すか、とか。でも、これは、ものすごく大事な話なのだ。バンドにとっても俺にとっても、すごくすごく大事なこと。見た目だけの問題で、LPにするとか、そういうのはできれば避けたい。音をデジタル化して処理してしまっている時点で、それはあり得ないとか思っちゃうし。CDという媒体をとらず、LPにするなら、いっそうのことSPにしちゃえ(笑)とか、個人的にはそう思ってるし。今SP版とか作れるのか?。にしても、直径30センチに記録できるのは5分足らず・・こういうのが大好きなんだよなぁ(笑)LPにしてもSPにしても音をデジタル化せず、音源から直接、天然樹脂でできた円盤に記録させる。このプロセスを経て初めて意味をなすものだと思うから。旧車を乗る感覚に近いのかも。車もバイクも見た目は古くてカッコいい、いわゆるビンデージってやつですか。でもエンジンは乗せ換えでピカピカ。異常に快適で故障しない旧車みたいな(笑)それだったら、始めから現行モデルをさらに快適で安全にして乗るなぁ、俺は。
  1. 2014/07/17(木) 17:55:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナログがデフォルト

先日のレコーディングで、エンジニアのシバさんが、こんなことを言ってた。「最近の若いドラマーは、クリックに合わせて叩くのがみんな上手だよ」結構、ジャストで合わせてくるらしい。ちなみに俺は、ジャストどころかヨレヨレだけど(笑)すごいよなぁ・・こんなに長年ドラム叩いてんのに、しかも自分ではクリックに合っているつもりなのに・・最近の子はよく練習してるんだなぁ・・と。いや、ちょっと待てよ・・あることに気付いた。そもそも、俺が聴いてた音楽がアナログの権化みたいなもんだろ。ビートルズ、ジミヘン、レッドツェッペリン、クリーム、ポリス、グランドファンクレイルロード、ラモーンズ、モーターヘッド・・エトセトラ・・どれもよく聴けば、明らかにクリック的なノリじゃない。テンポが少しずつ速くなったり、遅くなったり(笑)独特のタメや間があったりと。でも俺のグッドミュージックの基本がこれになってる。ズレてるのが気持ちいい、は言いすぎだけど。はっきり言って、こういう音楽しか聴いてきてないし。YMOやアンダーワールドみたいなダンスミュージックも聴くけど、ドラムプレイの根底にあるのは、やはりアナログなロックバンドのグルーヴ。今の若い子達は、逆で基本的にデジタルなサウンドで育っている。デジタルサウンドがデフォルトな訳。その中でジミヘンも聴くよ、みたいな奴もいるけど。だから、クリックのような整然としたサウンドにすぐ馴染めちゃう。俺はそう思う。クリックに合わせるのが苦手な自分を、弁解しているつもりは毛頭ない(笑)そういう自分がちょっと好きなだけだ(笑)
  1. 2014/07/16(水) 18:02:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ライブde再会

先日の日曜日、俺達ラバーズは、東京にいた。そう、目的は一つ。東京のバンドをぶっ倒しに・・と言えばカッコいいけど、楽しい企画に呼ばれただけ。楽しいのは分かっているから、喜んで乗り込んだって訳だ。楽しいってのは、パーティー的に楽しいとかじゃない。つまり、共演するバンドがいいバンドってこと。東京で一本筋通して、自分達の音楽を貫いて、企画してワンマンができるくらいだ。これは大したもんだよ・・すげぇと思う。そういうバンドマンは、音が違うし、そもそも目が違う(笑)まぁ、人気がない中、長くバンドを続けていると、クソみたいなバンドと共演することも多いが・・何をもってクソなのか?それは、別の機会に譲ることにしよう(笑)この日は、そんなすげぇバンドが俺達を呼んでくれた。この日のメンツは、ジョニーの憂鬱、フルーツ・エクスプロージョン、ブリキオーケストラ、そして俺達、ザ・ミッドナイト・ラバーズ。ブリキオーケストラはもともと我等がリーダー酒向君の友達で何度も共演してるが、確実に進化してたなぁ・・同じ3ピースだけによく分かる。自分達の強みを完全に生かしたパフォーマンスで、完成度、雰囲気、演奏力、どれをとってもヤバし・・何より、続けていることが一番ヤバイけど(笑)俺達ラバーズとは種類の違うオリジナリティ、エロさがあるんだよなぁ・・悔しいけど、早くビックになれよ。俺達はともかく?お前等が売れないのは、おかしい、絶対おかしい(笑)呼んでくれて、ありがとう。ホント楽しい夜だった。東京のロックは、お前等がいる間は大丈夫そうだ。名古屋は、じきに俺達ラバーズが制圧するしね(笑)フルーツ・エクスプロージョンは、俺にとっては、イワクのバンド。その昔、自身のバンド、くれいぢで一度共演している。後にも先にもくれいぢが、唯一敗北したのは、このバンドだけだ。一番脂が乗ってた時期のくれいぢは、リハーサルの時点でこのバンドに撃沈させられた(笑)何じゃ、このバンド?本番のライブがあまりに衝撃で・・悔しくて(笑)会話できなかったことを覚えてる。ありがたいことに、嬉しいことに、フロントマンのリー君が俺のことを覚えていてくれた(涙)当時、記憶に残るドラムを叩いていたって証拠でしょ?(笑)再会でテンション上がったあげく、同世代ときた。どうりでブランキーの話題で盛り上がる訳だわ(笑)同世代で音楽続けている奴も珍しい最中・・次会ったら、親友になろっと(笑)相変わらず、嫉妬するほどいいライブは健在だったなぁ・・どっから出てくるんだ、そのロック・スター感?みたいなの。このバンドもしかり、存在感、オリジナリティ、演奏力、ハンパない。とにかくスター的エロさがヤバイ(笑)ジョニーの憂鬱とは初顔合わせだったけど、レッドツェッペリン、クリームについて俺より語れる奴と久しぶりに出会ったよ。「いや~好きなだけっすよ」って、お前、それがヤベぇんだよ(笑)次は、ジミヘン、ポリス、プライマス辺りで盛り上がるとするか?さっきからヤロウのことをエロいとか言っているけど・・断っておくが・・俺はゲイじゃねぇ(笑)
  1. 2014/07/15(火) 20:45:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブリット・リズム

香水は、あまりつけないタイプ。何か、チャライ感じがして(笑)まぁ・・つけてなくとも十分チャライかもしれないけど。周りに香水を好む人達がいて、その人達のつけ方と香りの選び方があまりにも下品で、長時間一緒にいると気持ち悪くなっちゃう。そういうのもあって、俺自身はあまり付けないようになった。でも、一年ほど前になるか・・たまたま、これだ!という香水に出会った。香りも分からないのに、つける風習もないのに。名前にヤラれた。その香水は、バーバリーの「ブリット・リズム」という名前で、音楽とくにリズムにインスパイアされた香りらしい。まさにリズムを生み出すドラマーの為の香水だと言っていい。ブリット・リズムって、つまりロックのことでしょ?もうこれ買うしなかいじゃん(笑)ラバーズファンの第一人者かつ熱狂的で知られるヒトミ氏のはからいにより、すぐに調達してもらった。そしてようやく手に入れた、先日のライブ当日に。この日のライブは超ご機嫌だ・ドラムは全て持ち込みで、しかもフロアライブで、ずっとブリット・リズムの香りを感じながら叩いている訳だから(笑)普段つけるのが、ちょっともったいない気もする。ドラムを叩く時だけつけるとか・・いや、この香りを俺の香りにしたいから、やっぱ毎日つけるか。ズーマのビートがあるところ、いつも同じ香りがするなぁ・・そう、その香りこそズーマ・リズムならぬ「ブリット・リズム」なのだ。またケースもカッコいいんだ、これが(笑)
  1. 2014/07/14(月) 18:03:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

人間ドッグだワン・・獅子丸風

人間ドック。俺はまだ未経験だが、身内が人間ドック的な検査でえらく落ち込んでいた。どうやら結果が悪く、再検査やら何やらで、病院に通い始めた。何ともはや・・一難去ってまた一難。この人の人生は、まるでジェットコースターのようだ(笑)「人間生きてりゃ、いつか死ぬ、気にすんな」と言ったところで、ポジティブになれるほど人間は単純じゃない。少しでも励まそうと、彼女が昔から大好きな音楽を聴きながらドライブしてみた。ボーイ、ボンジョヴィ、エンヤ(笑)好きな中からできる限り、元気が出そうで、ポジティブなやつを選んだら、こうなった。我ながらいいセンスしてると思う(笑)しかし、人間ドックなんて今時、何かしらは悪い結果が出るようにできているでしょ?俺がやっても間違いなく再検査とかになると思う。親父クラスになると、もう検査結果だけ見たら、生きているのが不思議なくらいの結果が出てる訳で(笑)医療の急激な進歩と反比例するように、俺達は身体に悪いものを摂取し続け、毒素を溜め込んでいる訳だから・・・そりゃ、悪い結果が出るのは当たり前のような気がする。悪い検査結果が・・身体に結果として現れると、最悪の場合は死ぬことになる。まぁ、だから、これ、身内に限らず、俺も含めみんな、その日、その時間、その瞬間を楽しく生きないとなぁ・・・金がないのも怖いし、病気も怖いし、人間も怖いし、怨念や呪いも怖いし、自然も怖いし・・エトセトラ・・世の中怖いものだらけだ・・怖くて仕方ない(笑)あまりにも怖いものが多すぎて、気にしていたら・・・それこそ生きていけない。一休さんも言っているでしょ?「気にしない、気にしない、一休み、一休み」と。
  1. 2014/07/12(土) 23:59:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脱・力技

フロアライブから無事帰宅。打上げのアラカルト?を我慢して、高速道路を我慢して、ラーメンにありついて・・幸せ。本日はマイドラムをフルで持ち込み。家を出る前、自宅でせっせとチューニングしてた時から、決めていた。もう、力ずくで爆音を出すのは辞めよう・・俺はアスリートじゃない、マシンでもない。俺の中にグルーブ・ポイントや音の出し方、それに気持ちのいい間やバランスがあるんだ。力ずくで爆音出しているようじゃ・・ダメだ。モーラー奏法なり何なり、爆音を出す為の理論が必ずある。そんなたいそうな奏法、俺にはできねぇけど(笑)でも力任せは辞めだ。フィジカル的にもメンタル的にも、自分が一番心地いいところでプレイしようと、今日決めた。ってことは、今までは、デカイ音出す為にかなり無理してたって訳だね(笑)しかも、安物ながら、やっぱり自分の楽器にフルで囲まれているのが一番気分いい。いい音がどうかは別にして「これでいい」じゃなくて「これがいい」音楽もバンドもドラムも、原点は「楽しいから」のはずなのに、油断しているとついつい自分を追い込んだり、楽しむことを忘れて、結果ばかり気になっちゃう。今日は原点に戻れた一日だった。チューニングも演奏も楽しくて仕方なかったから。正しいか間違っているか・・そんなもんは、分からないことの方が多いに決まっているけど・・ことドラムやバンドに関しては、楽しいことは、まずもって正しいと考えていい(笑)そんなことを思い出した。分かっているに決まってるのに、ついうっかり忘れていたようだ(笑)スケボーで楽器屋にも行けたし、転ばず帰ってこれたし(笑)今日の企画をしてくれたキットさん、サメ、ありがとう。フロアライブは、やっぱり俺達の原点だ。サメも随分上手になってたな、油断してると置いていかれそうだ。あと、今日のPAさん(ライブハウスで音を操作している人)、今の若者風に言えば、「神だった」(笑)何が?って、とにかく演奏しやすい。これができるPAさん、実はなかなかいない。名前聞いとけばよかったなぁ。あまりに気分がよかったから思わず身内にメールした「なかなかいいライブだった、また一皮むけた」と。すると・・「パワー、祈りが届いたようね、お疲れさま」と、身内。俺は君の手のひらを転がっているのか?(笑)まいりました。。
  1. 2014/07/12(土) 02:05:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

答えはジレンマ

明日はライブだ。しかもフロアライブ。サメという後輩バンドが、生意気にもフロアライブを企画し、そして俺達を呼びつけた。これはどういうことなのか?フロアライブに俺達を呼ぶとは、宣戦布告だ。噂によると契約も決まり、かなりイキってるらしい(笑)同郷のかわいい後輩ではあるが・・・大人を舐めるなよ的なライブをしてやらねば(笑)フロアライブで彼等を圧倒できないようなら、俺達は全員バンドも音楽も辞めた方がいい。フロアライブは俺達ラバーズにとっての原点だし、ガレージバンドの醍醐味だ。明日にならない内に前回ライブのことを書かなくては。先日のライブは約1ヶ月半ぶりのライブだった。ライブバンドである我等がラバーズにとって1ヶ月以上、ライブがないというのは、何とも不思議な感覚だ。ライブをやる意味があるか否かではない。ライブをやる意味がなかろうが、客が集まらなかろうが、俺達はライブバンドだからライブをやり続ける訳だ。この日俺達を呼んでくれたのは、マグドーチという愛知県のバンドで、レコ発に便乗させてもらった。自身のバンドくれいぢ、で共演して以来の付き合いだ。ライブは何回も観たことはあったし、共演したこともあるけど、どうも一線を越えきれない感と言うか・・ヤバイとまでは言えなかったんだ・・先日のレコ発ライブまでは。この日、彼等のライブをフルで観戦したけど、同じバンドとは思えないほどのライブをしてた。もともとドラマーがいないスタイルだったけど、この日はドラマーがいた。これもかなりのアドバンテージだけど・・曲のクオリティーも演奏力も表現力も以前とは段違いだ。彼等も何かを越えたのだろう。レコ発は、成功だったと思うよ。おつかれさん、俺達を呼んでくれてありがとう。俺はと言うと・・サウンドプロデューサーの方がこの日もリハから同行してくれた。ライブハウスに備え付けのクソみたいなドラムが、この人の手にかかると魔法のように、いい音になってしまう。俺のスネアドラムも1分足らずでチューニングしてくれた・・チューニングはジャストだし、音はぬけるし・・もはや自分の楽器じゃねぇ。俺には逆立ちしても作れない、こんないい音(笑)お客さんには、すこぶる気持ちのいいサウンドだったに違いない。でも、自分で作った音じゃなきゃ意味ない・・いくらクソな音でも、100パーセントそれが俺の意思だ。クソな音を出す俺を観てほしいんだ、俺は・・とも言ってられない自分もいる(笑)仮にもお金を払って、観に来てくれるお客さんには、できるだけ心地のいい音をお届けしたい。こういうのをジレンマと呼ぶんだろうね。ライブなんて出音が全て。この意見に何の異論もございません。でも、バンドなんて、変てこなこだわが全てだとも思ちゃう。バカじゃねぇの、ガキじゃあるめぇし・・みたいなこだわりが。でも、嬉しいんだ、そして感謝してる、ただただ感謝している。こんなジレンマを体験できる俺は何て幸せ者なんだろ?ここを超えなきゃ、次は見えてこない。楽しくなってきたぜぇ(笑)
  1. 2014/07/10(木) 17:41:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2度消えてからの・・

昨日の夕方、記事を書いたら、保存できずに記事が消えた。こりずに夜中にもう一度書いたら、もうすぐ書き終わるところで、これまた記事がぶっ飛んだ。「そのテーマで記事を書いちゃダメ」ってことだ、きっと。神様はそっと俺の背中を押してくれる。サインとも言えるだろう。それに気付くか否かは俺の感性次第だ。あくまでもブログは公開の日記なのだ。俺がアメリカ人が神と崇拝するバンド「TOOL」のフロントマン、メイナードも言っている「ポジティブな何かを生み出せ」と。まさに・・俺のブログから何かしらポジティブなオーラを発信し、読んでくれた人達にポジティブが伝染する。これにつきる。そうだ・・記事が消えてよかったのかも(笑)先日は約1ヶ月半ぶりにライブをしたんだ。そのことについて書きたいけど、もう少し寝かせよう。とか言っていると次のライブがやってくるけど(笑)身体もバキバキだし。全然タイムリーじゃなくなるけど、出来事の羅列じゃ、俺のブログに意味はない。久々だったせいか、身体がバキバキのせいもあるけど、ライブで感じたことを思い出せない・・リハーサルと本番のステージで感じたことが、思い出せない。いや違う・・思い出せても整理できない。ドラム、音楽活動、ライブに関して強烈に感じとっていた。自分の感情の感触を。客観的に自分を見ているような錯覚にさえなった・・瞬間もあったくらい。でもダメだ、整理できないから、記事にできないんだ。それにしても、昨夜の七夕送りは、人生で最もいい七夕だった。ガキの頃にもそんないい七夕があったに違いないが・・これまた思い出せないんだ(笑)川に流した竹が一瞬のすきに消えた・・おそらく河童のいたずらだろ。すぐそばに神社もあるし・・いかにも河童が出そうな雰囲気だ。読者のみなさんは、どんな願い事をしましたか?俺はもちろん「もっと、もっと、ドラムが上手になりますように」(笑)
  1. 2014/07/08(火) 22:01:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽しみをまた一つ

注文しておいたスケッチブックとスケッチペンが届いた。そう、いろいろと出掛けた先で、写真を撮る代わりにスケッチしようと思って。何となく直感的にそうしようと。A4サイズにも満たない小さいスケッチブックだけど、持ち歩くには丁度いい。ガキの頃から絵を描くのが大好きだったことを思い出す。でも、上手に描こうとは思わない、その時、その場で感じたまんまをサラッと一描きできれば。何だかんだでいろいろな事に手を出しているが・・器用貧乏にならぬように気を付けないと(笑)まぁ、このブログもその一つ・・結局のところ、どれもあまりお金がかかっていないのが素敵。多少の初期投資が必要にしても。この際、ざっと挙げてみよう。ペニー(スケボー)、読書、日記、バイク修理、ドラム、テニス、相撲、畑、マラソン、瞑想、音楽鑑賞・・エトセトラ、エトセトラ(笑)始めたいと思っているのは、バイクを廃車にしたから、自転車が欲しいところではある。そこそこの距離ならば自転車で移動しようかなと。物は運べないから、やっぱり車は必要だけど。限りなく近い場所はペニーで(笑)思えば、高校を卒業するまでは自転車のみで生活していたのだから。残るは釣りくらいのもんか?いやいやまだまだありそう(笑)これらに加えて恒例の行事がある。例えば、今月だったら七夕とか。もう竹は切ってきたから、あとは折り紙に願い事を書いて、川に流しにいくだけだ(笑)遊びのアイデアは無限だから、楽しみは多い方がいい。とりあえず、出掛けるのが楽しみで仕方ない。行先よりも、スケッチすることの方が(笑)
  1. 2014/07/05(土) 13:11:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カップメンdeおちなし

久々にカップラーメンを食らった。身体によくないことは分かっているから、できるだけ避けてはいるものの、実によくできた美味い食い物だ(笑)大抵の場合、日清カップヌードルに逃げてしまう。カレー、シーフード、ノーマルのいずれかをチョイス。変化球で、どん兵のうどんかそば。汁物から離れたければ、UFO焼そば。この辺りは、俺の中では麻薬みたいなもので(笑)定期的に食わせるようにできてるに違いない。コーラとかと同じ感覚。ただ、カップヌードルもどん兵もUFOもラーメンじゃないんだ、これが(笑)昨夜は、まさにカップラーメンが食いたかった。あくまでもラーメンが。このラーメンに限定するならば、俺の中の最強は、「麺職人」。味噌味と醤油味でノンフライ麺で、余計な具とかも入ってないし、これが王道だと思う。ラ王とかスーパーカップとか、色々あるけど、どれも味がくどいしクセがあるし、麺が不味かったり、無駄に高かったりと・・袋メンで最強なのは、やっぱり「中華三昧」の味噌、塩、醤油。チキンラーメンは、ラーメンではない気がするが、これまた不動の地位を保っている気がする。さて、一体何が言いたいのだろうか?言いたいことは何もない。おちも何もない。残念ながら、本日の内容はこれまでだ(笑)これ以上、書くと蛇足になってしまう。久々に食ったカップラーメンが美味かった、そいで下痢もしなかった(笑)それでちょっと気分がいいだけ。気の合う人達と食ったからなおさらだ。
  1. 2014/07/04(金) 17:43:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姉さん、事件です

昨夜もまた事件だ。でも事件について書くとすれば、さらなる事件を引き寄せてしまいそうだから・・ここで留めておこう。しかし、まぁ・・身内が生きててよかった。身内の顔を見た瞬間「再会できてよかった」と。自分にとって大切な人達が生きていて、そして再会できることが、どれほど幸せなことか・・・事件が起こるたびに痛感せずにはいられない。俺はまるで違うけど、こと身内に限っては、スピリチュアル的に見れば・・鉄人の部類だと思う。宇宙の法則に従って生きている鉄人は、そう簡単には死なない。ところで、家庭教師をしているガキの学力が一向に伸びない。これも事件と言えば事件だ(笑)別に勉強ができなくても全然いいと思うし、他にやりたいことがあれば、それをやればいい。でも、「成績を上げたい」と本人が言っている以上、上げなきゃいけない。ここは悩みどころだ・・・必要以上に俺が介入して、ガキの勉強・・いや私生活をも管理するべきか否か。言われた事を期日までにやってこない・・この時点で本来は失格。でも、そうも言ってられない・・本人の意識の問題なんだけどなぁ・・ここまでくると。しかし、一旦家庭教師を引き受けた以上、全ての責任は俺にある。やるしかない・・とりあえず、今年の夏休みがラストチャンスになるだろう。こりゃ、ズーマ夏期勉強合宿に参加させるしかなさそうだ(笑)とにかく、全てにおいて俺を超えるんだ!!君ならできる。それこそ、あれだ・・俺が生きている内に全てを吸収しとけ(笑)みたいな。
  1. 2014/07/02(水) 18:38:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑うから楽しい(笑・笑)

今日は別に畑に寄る必要はなかった。明日の早朝に友人がやることになってるから。でも、帰宅する前に逆方向だけど、畑へ立ち寄り、水をあげた。ここへ来ると、まず空気や景色が違うから。あとは、おじいちゃんおばあちゃんと他愛の無い世間話ができる。水をやりながら、他愛のない話をするのが楽しくて。話に内容なんてない・・なくていい。普段あまりしゃべらない俺もここへ来ると、よくしゃべっている気がする(笑)以前なんかも、せっせと水をやっていると、雨が降ってきた・・笑えるんだ、これが(笑)そして、水をやりつつ歩いていると、ものすごくフラットな気分で何かを考えている・・気がする。考えているのか、感じているのかは、自分でもよく分からないけど。人によって感じ方やレベルは千差万別だけど、より多くの幸福感や充実感、満足感、達成感を感じた奴が最も幸せ者だなぁ・・やっぱ。とか、そんなことを考えながら水やりをしていた・・また草抜きしなきゃ・・とか思いながら。甲子園出場で最高の達成感を味わえる奴、甲子園で優勝してプロで成功しなくて自暴自棄になっちゃう奴。いろいろだ人の人生は。この幸福感や充実感、満足感、達成感を感じる手っ取り早い方法は、とにかく感謝すること。ありとあらゆるものに感謝すること。あらゆる人に感謝すること。感謝・感謝・感謝・・することらしい。これも宇宙の法則だから、必ずそうなる。お蔭様で俺は、この法則の渦中にいさせてもらっている・・・「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しい」・・どうやら、そういうことらしいですぞ(笑)
  1. 2014/07/01(火) 21:48:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad