FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

記録物という作品

ラバーズのレコーディングが決まった。ドラムに関しては、来月末に決定。録る曲も決まり、使う楽器もおよそ決まり、後は、アレンジのみ。我等がラバーズの作品もしかり、俺のドラムもしかり、ものすごく期待されていると勝手に思っている。今までそんなライブをしてきたつもりだし、お客さんともバンドマンともそんな関わりをしてきたつもりだから。普遍的なものと革新的なものをどう表現するか?これが昔から変わらぬテーマだ。後は、「音源としての良さ」をいかにして発揮するか?「あのラバーズが新作出すらしいぞ」・・頭の中の妄想上のファン達がそう噂してる(笑)これから1ヵ月の間、新曲と真っ向から向き合うつもり。早くもドラムのレコーディングが終わるまで、ブログはお休みしちゃおうかしら?なんてプレッシャーに負けそうになっている(笑)昨夜のリハ終わりも、遅くまでレコーディングのミーティングをしてた。あくまでも、出来た音源を聴いてもらいたいのは、自分達以外の人。そういうスタンスで作品を作らないと。俺にはバンドマンとしてのポリシーやバンド哲学がある。でもこの音源を聴くのは、およそ現代を生きる日本人リスナーだ。60年代からタイムスリップしてきた人達でもなければ、ヒッピーカルチャーの継承者でもなければ、グランジ信奉者でもなければ、アナログ愛好家でもない。ごくごく普通の現代ロックを聴いて育った若者達だ。そういう作品を作ることが嫌だと言ってる訳じゃない・・無理があるのだ・・いろいろと(笑)でも、出来る限りのことはやってみよう。期待してもいいよ。期待以上の作品を届けてみせましょう。誤解を恐れず言うなら、インディーロックバンドの音源なんて、作品と言うより記録だと思っている。ライブで培われたものの記録。だから、今回のレコーディングとは別に自分達の記録物としての音源も残すつもりでいる。曲は全て俺達から生み出され、俺達だけで奏でる完全なるバンドの意思だ。みすみす世間の評価にさらす訳にはいかない。俺達の意思なんだから、良いも悪いもない・・あってはならない。曲もバンドもロックまでも・・俺達の手で守り抜く・・・これがバンドだ。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/29(木) 17:50:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十八年越しの名機

とうとう長年使ってきた楽器が壊れた。バスドラムを叩く楽器で通称ペダル。こいつを踏んであの低音を出す訳だ。修理できないことはないが・・修理代で安いペダルが買えてしまう。よく使った・かれこれ10年の付き合いになるか。とりあえず壊れたまま保管しておこう。ドラムレッスンのガキがもう少し上手になった時に、修理してプレゼントしてあげようかな。ということで、ついに、ようやく、16歳から憧れ続けたペダルを手に入れた!通販で激安で(笑)思えば、憧れの先輩がすでに高校生の時に使っていて・・俺も先輩くらい巧くなったら、これを使うと決めていた。と言っても・・未だにその先輩は越えてないけど・・いやたぶん一生無理だな(笑)バンドで勝負するなら負ける気しないけど・・あれだ、団体戦なら勝てるが個人戦ではボロ負けのパターン。その先輩はドラマーでありながら、ギターボーカルもやってた。高校の学園祭で彼はギターボーカルがしたいが為にドラマーを探してた。幸運にも、そこで拾われたのが俺だった訳だ(笑)この時の学園祭でのメンバーは、かなりいかつかった。俺以外、全員先輩な上にギターボーカルは、吹奏楽部の主将。ギターの人は、サッカー部キャプテン。ベースの人は陸上部キャプテン・・部活の主将ミーティングか!みたいな(笑)みんないい人だったけど・・怖かったなぁ(笑)そんなこんなで、ようやく手に入れたペダルは「dw5000」という名機だ。これさえあれば鬼に金棒的に自由自在に音が出せると思っていた。甘かった・・甘すぎた(笑)以前のペダルできてたことすら、まともにできない。「慣れ」というのは、凄いもんだ。一発の出音が明らかに違うのは分かる。音の質が違う。ただ、足が思ったように動いてくれないのだ。でも、こんな名機を手に入れた以上、言い訳はできない。いい楽器持っているクセに使いこなせない奴・・こんなダサイ奴になっちゃダメだ。
  1. 2014/05/26(月) 17:37:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

一瞬の外音

奈良から無事帰宅。飲めない酒を飲んでしまった。リーダー運転お疲れ様、ありがとう。今回の企画は、バンドマンならぬ奈良の絵描マン、ユバ君の企画。ステージではユバ君がものすごいでかいキャンパスに絵を描いていた。完成した作品は俺には人魚に見えた。少なからず俺達のライブがもたらすインスピレーションがこの絵には表現されているのだろう・・と思いながらずっと絵を眺めていた。バンドマンでよかったと思えるような時間が流れた。そんな日だった。やはりフロアはものすごいことになった。カオスと言うより「生より生だった」(笑)みたいな。お客さんの反応を見ながら、MCで流れを変えてみたり、ライブ中にセトリを変えてみたり。これこそライブって感じ。ここまで冷静にそれでいて直感的に、本来の意味でのライブを構築できたのは初めてかもしれない。少なくとも俺は。ライブ・・・それは、何が起こるか分からない・・お客さんも含めての空気感みたいな。その日にしか存在し得ない演奏。16歳からライブをやり続けているが、未だにライブ直前は緊張するし・・恐い。お客さんのテンション、ハコの空気、流れ、全てを感じとって自分達の世界に引き込まないと・・これが勝負どころであり、腕の見せ所。同じセトリでもケース・バイ・ケース、答えはあってないようなもの。また、そこが楽しんだけど。そして、この日のライブ中、めったにない体験をした。お客さんに届く音は「外音」、俺達がステージ上で耳にする音は「中音」って言うんだけど、俺達は、演奏中外音が分からない。つまり、お客さんにはどう聴こえているのか?だから、俺達バンドマンは、常にそこを意識して音を作る。経験と勘を頼りに最高の外音を。でもごくまれに、ふと、外音が降ってきたように聞こえる瞬間がある。理由は分からない。感覚的にじゃなくて、聴こえる・・一瞬。すごい音だった・・爆音だった・・カッコよかった(笑)ガレージロックをやる上では理想の音だ。出したいサウンドは出せてる。そう確信した・・ちゃんと意思を持った音だったから。そいでそのサウンドからちゃんとメッセージも受け取った。「やろうとしていることを鉄壁に」ドラムに関して言えば、もっと精度を上げる。やりたいことがたくさんあるのは分かる、でも、「今」、「このバンドに」、「ライブに」、「ルーツ的に」必要なことに的を絞って精度を上げること。これだ。長い記事になった・・がしかし、この感覚と記憶は記録しておく必要があるから・・あしからず(笑)鹿には遭遇できなかったが、いいバンドマンに遭遇できた(笑)奈良のドロップクロック、大阪の無限、また会おう。そして、ユバ君、こんな機会を与えてくれて、ありがとう、ありがとう、ありがとう。そしていつも俺を導いてくれる身内に感謝。ライブ直前のアドバイスに助けられた。「なにも考えず、ありのままね」そして「0から1を創りましょ」そんなライブができたかな?
  1. 2014/05/25(日) 23:14:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フロアin奈良

明日は、初となる奈良県遠征ライブ。しかも、久々のフロアライブ。我等がラバーズは、これまでもフロアライブを敢行してきたし、このライブスタイルこそが、ラバーズらしさでもあるし。ところが、今回は訳あって、全出演バンドがフロアでライブすることになっている。こんなチャンスめったにない。フロアは完全に俺達の土俵だから、どんなバンドと共演しても、絶対に負けない(笑)他からすれば「相手の土俵で相撲を取る」ことになる訳だから。これは別に大したことではなくて、何がチャンスかと言うと、他のバンドのフロアライブを客観的に観れる。つまり、これは自分達が、どうのように観えていて、どのように聴こえているのかの大きな参考になる。ステージでのライブは、いかにしてお客さんをのせるか?いかにしてお客さんと同調するか?これがキーだ。ところが、フロアライブは違う。何が違うのか・・うまく言葉で説明できないけど・・とにかく、そこにあるのはカオス。これが果たしていいライブにつながるのか別問題として・・とにかくフロアがカオスと化してしまう(笑)それが持ち味と言えば簡単だけど。別に結界を張っている訳じゃないけど・・目に見えないトライアングルの結界が張られているのかも。ところで、ロックジャックの2次選考が始まった。そう、あの投票のうさんくさいやつ(笑)読者のみなさん、協力してください・・何てヤワなことは言わない・・・投票してください(笑)それも、あなただけじゃなくて組織的に(笑)分かるでしょ?そう、ただただロッキンジャパンのステージに立ってみたいだけなんです。すみません(笑)俺達じゃ力不足かもしれない・・そんなデカいステージ。でも・・・俺達でもいいと思っている・・思える。そんなバンドだ、ラバーズは。ワンオクロック?みたいな完全無欠のロックバンドじゃないかもしれない(笑)でも・・・これがロックだ・・・そんなライブになるよ、少なからず明日の奈良はね。いやいやカッコつけてる暇ねぇんだ、投票よろしく頼むよ、マジで(笑)
  1. 2014/05/23(金) 16:42:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きる慰め

我等がラバーズのリーダー酒向君から朗報が届いた。ロックジャックの1次選考を通過したらしい。「優勝すれば、ロッキンジャパンに出演できる」という・・まぁバンドコンテスト的なやつだ。2次選考ともなると、ファン投票制で決まるみたいな・・類のやつ(笑)まぁ、いわゆる「デキレース」なのか否か・・とか・・いろいろな憶測が飛び交う中(笑)・・エントリーしたからには落選させられると悔しいもんだ。何だかんだ言って・・・最強のバンドだと信じているから。その昔、くれいぢもホットラインというコンテストに出演したが、結局、最終選考まで残れなかった。ノリでエントリーしただけだよ・・とか言っておいて・・落選した時は滅茶苦茶悔しかった。ここでも業界の陰謀的なデキレース的な憶測が飛び交う中・・でも勝負に出た訳だから・・負けたのは事実・・・悔しかったなぁ(笑)何だかんだ言って、くれいぢが最も脂が乗っている時期だったし・・確実に優勝すると思ってた。確信してただけに・・悔しかった。でも、コンテストで優勝する為にバンドをやってる訳でもドラムを叩いている訳でもない。ずっとずっと長い間、バンド活動して結果が出ないと・・たまに見えなくなることがある・・大切なものが。「見えないものが、一番大切ですよ」との身内の言葉が身にしみる。フランスのポスト印象派の画家、セザンヌもこう言い残した「芸術は生きることの慰めになる」と。
  1. 2014/05/22(木) 17:05:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パソコンdeミュージック

何故か、友達がスピーカーをくれた(笑)プレゼントとかではなく、売っても金にならないし邪魔だから、ほしいならあげると。「お前音楽好きだから丁度いいだろ?」パソコンで音楽を聴く時用のやつだ。まぁ、貰えるものならと・・ありがとう。箱を開けてみると、ほぼ新品!卵型をしてて、これが結構オシャレ。置き台とかも付いてたりして(笑)俺のデスクは基本的に白で統一してあるから、いくらいいものでも黒とかは・・ちょっとと思っていたら・・なんと、そのスピーカの色は白だった(笑)白系ではなく、真っ白。おいおい何だよ、この展開(笑)しかもメーカーが一丁前に「OLASONIC」じゃねぇか!何でこんなもんくれるんだよ、あいつ。俺の誕生日間違えたか?(笑)「音楽好きには物足りないかもしれないが、パソコンスピーカーにしちゃよく出来てる」との友人の言葉を信じ、パソコンで音楽を聴いてみることにした。記念すべき初スピーカーだ・・何を聴こうか・・直感で「FUN」のアルバム「some nights」を流してみた。ちなみにこのバンド、俺は勝手にクイーンの再来と思ってる。クイーンを現代に蘇らせた感じ?とにかくヤバイバンドだ。初スピーカーにふさわしい。聴いてみた・・・なんじゃこりゃ!ほんとにパソコンから流れてる音か?めちゃくちゃいい!これならパソコンで音楽聴いてもいいや、と思えるレベル。めちゃ楽しい(笑)次は何を聴こう?普段あまりいい環境で音楽を聴いてないせか・・・いずれにしても安上りな男だ、俺は(笑)何かテンション上がってきたし、お次は「REM」なんか流しちゃうぜ(笑)よくわからないけど、ありがとう。実は欲しかったんだ、こういうの・・あっ・・・そう言えば・・Tシャツが欲しいと思っていたら、先日も我等がラバーズのリーダー酒向君がTシャツくれた(笑)欲しいっていったら、ホントにくれた。いつもありがとう・・もらってばかりだ(笑)このTシャツはライブで着ることに決めた。Tシャツのプリントは「YOU ARE MUSIC」うん、実に酒向君らしい。いいセンスしてる。
  1. 2014/05/20(火) 20:29:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこまでもクリーンに

一つ断っておくが、俺は、チャゲアスのファンではない。まったくもってファンではないけれど・・「SAY YES」、「僕はこの瞳で嘘をつく」、「HEART」、「YAH YAH YAH」、「IF」、「NO NO DARLIN」、「GUYS」、「SOMETHING THERE」、「NATURAL」、「36度線」、「PRIDE」などなどの名曲で鳥肌が立ち・・時には涙してしまった(涙)くらいのものだ(笑)歌詞に独特のパワーがあるのか・・当時、俺のハートには、あの歌詞が時には繊細に、時には力強く飛んできたものだ。特に飛鳥氏の声とあの節が大好きだった。飛鳥氏のソロ活動での音源もすごく良かったことを覚えてる。またブックオフでも行って調達してくるかなぁ。。。チャゲアスか・・・懐かしいなぁ・・それだけだよ・・今回のニュースも。それより何より、元魁傑、訃報のニュースが気になった。魁傑は元大相撲力士。大関まで上りつめ、日本相撲協会理事長にまでなった、それはそれは偉い人だ。現役時代に彼は、こんな名言を残している「休場は試合放棄と同じ」その証拠に休場はゼロ。これは、もはや人間技ではない。そして大関から二度も陥落しているのである。普通、大関の地位まで上りつめ一度陥落したら、もう返り咲きはできない。大関になることすら、すごいことなのに。俺はリアルタイムで魁傑の相撲を観た世代ではないけれど、実直で真面目なお相撲さんだったらしい。そんな彼をファンは「クリーン魁傑」と呼んだ。そんな彼だからこそ、現役引退後は、大相撲八百長問題に真っ向から取り組めたのだろう。相撲の取り口も姿勢も、人柄までもが実直な人だったと想像できる。大関から2二度陥落し、それでも真っ向から相撲と向き合ったからこそ、八百長問題をも収拾できたのではないか。クリーン魁傑・・飛鳥氏はさておき・・俺も「クリーンズーマ」と呼ばれる男になりたい。いろいろな過ち、失敗や後悔はあるけれど・・時間をかけていつの日か、そんな男になれれば。元日本相撲協会理事長、放駒親方など、呼び方は様々だと思う。でも俺はあえて、大関と呼びたい。この場を借りて、元大関魁傑のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
  1. 2014/05/19(月) 21:17:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

潜在意識としての登山

先日、また山に登った。これまた半強制的に(笑)気が付けば登山メンバーの一員になってしまった。登山は楽しいから好きだけど、わざわざ自分で計画してまで行く気力がない。たまたま登山の好きな人達に囲まれて、たまたま連れて行かれるから、登山を味わうことができている。ホントにたまたま。よく考えてみれば、俺の人生で起こっていることは、そのほとんどがたまたまだ。意図的にやろうとしても、うまくいった試しは数えるほどで・・運だけで生きている感じ・・生かせてもらっている感じ(笑)まぁ・・心掛けているいることは、たまたま偶然起こった出会いや出来事を、全てポジティブに受け止めているだけ。「せっかくの休日に登山に連れて行きあがって、クソ」ではなくて(笑)「俺に登山の機会を与えてくれて、ありがとう」と。ドラムを始めたのもたまたま、続けてこれたのもたまたま。今のバンドに出会ったのもたまたま。タバコを辞めたのもたまたま(笑)全てが絶妙に重なって今のたまたまがある。でも、スピリチュアル的に考えれば「思考は現実化する」だ。つまり今の俺の現実は、過去の思考の産物に過ぎない。俺は無意識の内に今の現実を創ってきた訳だ・・思考することによって。そのプロセスがたまたま「たまたま」に見えてるだけなのかもしれない・・いや、間違いない。この宇宙の法則を理解してからと言うもの、思考が次々と現実となって現れる・・ことを体験している。ところが、潜在的に無意識に思考していることも、漏れなく現実化されてしまう。ここがこの法則最大の鍵だ。自分の中にある潜在意識をいかにうまくコントロールして、望むものだけを現実化させるか?登山もしかり、間違いなく過去になされた思考の断片だと思う。これまた、俺の宗教観は別として、自然には「パワー」があり、神がかった何かを感じる。だから自然に惹かれる。この潜在的であり顕在的でもある思考が、故郷の海を、懐かしの雪山を、友人からの農業の誘いを、部屋に観葉植物を・・・そして登山を現実化させたのだ。この潜在的な部分をコントロールするには、知識と鍛錬が必要だけど、自分で認識できる顕在的思考は十分に気をつけなくちゃ(笑)だから常に思考には「愛」が必要なんだと思う。個人的な宗教観は別としてね(笑)
  1. 2014/05/15(木) 00:40:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろ自主企画

なかなかファン獲得に苦戦している我等がラバーズも、バンドマン達には意外とウケがいいみたいだ。つまり同業者には。仲良くなると、レコ発イベントに出てほしいとのオファーをよくいただける。いつも有り難く、その機会を恵んでもらっているが、まぁどのバンドもさすが自分達でイベントをするだけのことはある。ちゃんとお客さんをたくさん呼んでる訳だ。友達だか身内だかファンだか知らないけど、いずれにせよすごいことだよ。しかもどのバンドも俺達より若いし経験も浅いのに(笑)そんな中、冗談か本気か・・ラバーズも自主企画をやってみるか?みたいなノリになった。客いねぇけど大丈夫か?・・一緒に企画やろうぜ!って地方からもバンド仲間呼んでおいて・・スカスカのハコ(ライブハウス)でライブ・・ってありか?「いや、ありでしょ、関係ねぇよ」みたいなノリになった(笑)自分が逆の立場だったら、お前等客呼べないなら、生意気に自主企画なんてやるんじゃねぇよ、バカじゃねぇの・・って思う(笑)と思う。ものは言い様だ・・そして適当こそ最強だ。パーティーがしたくなったから、赤字覚悟でやることにした。そして何より、数少ないファンの方々、身内、友達の前で長時間ライブを観てほしい。せめて1時間くらいは。ってことにしてはどうだろう?第一、満員のライブハウスは暑いし、窮屈だし、疲れるでしょ?(笑)よって、最低1時間くらいのショウができるようになったら、自主企画をやれればいいな。「お客さんを集められるようになったら」よりも、「最低1位時間のショウができるようになったら」を目標にした方が絶対に楽しい。お客さんも俺達も。そうなったら、機材も全て持ち込みで完全なるラバーズワールドをお見せできることでしょう!でも事前に言っておこう・・お願いしておこう・・そうなったら、バンドマンのみなさん、ファンのみなさん、何卒お力添えの程を(笑)
  1. 2014/05/13(火) 21:56:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農業de同調

本日は、久々のテニス&相撲(笑)テニスはともかく、相撲に関してはよく付き合ってくれるものだ。俺はいい親友に恵まれた(笑)そんな友人が帰り際、「おい、少し話があるんだ」と。「おっ、女でもできたか?」と茶化してやったが・何故か、車内で密談することに。その友人はこんなことを言い出した「真面目に聞いてくれ、俺は本気なんだ、俺と一緒に農業を始めないか?」と。(笑)(笑)(笑)「そんなことは、もう何年も前から考えてたよ、俺も」と返してやった。おもしろい展開になってきた。こういうおもしろい話、いや・・悪だくみだ・・もやはこれは(笑)こういう時のミーティングは車内じゃ無理だ。フライドポテトとコーラがいる・・いやマジで(笑)マック集合!だよね。フライドポテトにさらに塩とケチャップを山盛りつけて、コーラをがぶ飲みしながら(笑)やべぇ、もう23時じゃねぇか。続きは次回だ!そう本日は日が変わるまでには帰宅しないと。そう、今日は「母の日」だ。普段まともに会話もしてねぇし、この日くらいは日が変わるまでに帰宅して「ありがとうございます」と言わないと少なくとも一年は後悔することになる(笑)まぁ、毎年何かの宗教儀式のように(笑)カーネーションの花束を渡すだけだが・・この儀式も俺にとっては大切。その花を入れるであろう花瓶の底に「ミリオンA」という石を入れておいた。これを水に混ぜておくと花が随分長持ちするんだ、これが。親友との農業ストーリーは乞うご期待(笑)とりあえず、今夜は母上に感謝しよう。俺に楽しい人生を与えていただき、感謝します。ありがとう・ありがとう・ありがとう。
  1. 2014/05/12(月) 01:14:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バカバレる

「脆弱」みなさん、これ何と読むか分かりますか?漢検3級程度らしいです。ちなみに私は、読めませんでした(悲)答えは「ぜいじゃく」先日、ニュースにもなっているwindows xpの脆弱性プログラムの修正・・・をすることになり、声高々に「きじゃくせいプログラムの修正を行います・・・しばらくパソコンは使えませんのでご了承を」と。そう、俺は脆弱を「ぜいじゃく」ではなく、「きじゃく」と自信満々に読んでいた。すると、その中にいた最も頭のいいおっさんに「ちなみに、ぜいじゃくですよね?」とつっこまれた。周りの人は笑っていたが、お前等ほんとに読めるのか?まぁ、俺がバカなことは認めるけど、普段はバカなことがバレないように生活しているつもり(笑)実に不覚だ。本が好きなわりには、漢字にうとい。その昔、道路標識の「徐行」を「のぞこう!」と読んでいたし、「最徐行」を「もっとのぞこう」と読んでいたりと(笑)恥はできるだけ若い時にかいておくべきだね。そして、その夜両親に問うてみた。「脆弱」これ、何て読むの?すると、二人揃って「きじゃく」と(笑)さすが、俺の親だ。血は譲れない(笑)
  1. 2014/05/10(土) 16:19:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロ本遠征

先日、福井遠征に行ってきた。前日の夜から出掛け、夜中福井に到着。満喫で昼前まで仮眠して、福井の老舗ライブハウス、チョップへ。福井は今回で何回目だろう?現地に友達と言うか・・後輩と言うか・・シュウというベーシストがだいたい遊びに来てくれる。俺達のことが好きなのか、暇なのか(笑)最初はうざかったが、いい奴だ。最近では、彼に会えることも福井遠征の楽しみの一つになった。とにかく気さくで愉快な・・バカ。バカ同士俺は気が合うのかも。福井名物と言えば、言わずと知れた「ソースカツ丼」でも、俺達はさらなる名物を発見。それは「越前そば」大根おろしの絶妙なたれでいただく冷たいそば。前々回の福井遠征で出会って以来、あまりの旨さに忘れられない味となった。そして今回もソースカツ丼には目もくれず、見た目旨そうなそば屋に入った。ところがどすこい・・美味しくない(笑)でも、察するにこの店の味がおそらくスタンダードな気がする。姉妹店がたくさんあり、地元のお客さんもたくさん来てるし。要するに、こういうパターンだ。前々回たまたま行った店のクオリティーが半端なく高かった訳だ。越前そばと言うより、クオリティーが高いから、基本的に何を食っても旨かったに違いないと。我々はそういう結論に至った(笑)微妙な空気の中店を出て、次回の福井遠征はまた、あの伝説の店に行くことを誓った。「越前そばは、とてつもなく美味い!」という都市伝説を崩したくないのだ。今回はたまたま外れただけだと・・そういうことにしておこう。そして俺にとって今回の遠征は、なぜか「エロ本の旅」となった。夜中の満喫に到着するやいなや、なぜかエロ本を読み始めてしまった・・悶々とした気分で仮眠し、目が覚めるとまたエロ本を手にしていた(笑)温かいお紅茶をいただきながら、目覚めのエロ本。そして悶々とした気分で会場入りし、リハを負えて楽屋に行くと・・何と、エロ本発見!(笑)何でこんなとこにエロ本が置いてあんだよ?とか言いながら・・またエロ本を開けてしまう(笑)だめだこりぁ。。ロックンロールならぬ「悶々ロール」みたいな(笑)
  1. 2014/05/09(金) 13:43:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サプライズ

今夜は、いわゆる歓送迎会なるものが開かれた。そしてあろうことか・・気が付けば、幹事をさせられる羽目に。まぁ・この国の儀式として、俺は謹んで引き受けたけど(笑)そしてメンバーの一人がたまたま今日誕生日だった。知ってしまった以上、やるしかない。サプライズの誕生日会なるものを(笑)でも、これは儀式じゃない。やるからには心を込めて祝ってあげないと。と言っても・・照明消して、ケーキ登場、クラッカーぶっぱなして、ハッピーバースデー合唱、ロウソク消して・・あとはノリで奇声を上げておけば・・それっぽくなるだろう(笑)てなことで、会場に向かう途中で100円ショップでクラッカー購入。「クラッカーやりたいだけだろ!」と自分にツッコミを入れつつ(笑)作戦は大成功!喜んでくれた。泣いてくれた(笑)誕生日にいい気分になってもらえた。そんな俺まで気分がいい。今回は一つズーマらしさを入れてみた。誕生日の本人以外にクラッカーをこっそり配り「あなたのセンスで、あなたのタイミングでクラッカーを使ってみてください」とお願いした。まさに、祝福の同調だ。ライブによく似た緊張感が楽しかった。クラッカーの呼吸を合わせる、クラッカーで同調する、クラッカーによるケミストリーみたいな(笑)「このタイミングでみんなで一斉に、いいね?」みたいな打ち合わせがどうもつまらない。ミッドナイト・ラバーズのライブと同じで、もちろん合わせないといけないところはある。でも、基本的にメンバー同士の呼吸と同調、その日のケミストリー。これでその日のライブが全て決まる。明日はライブ・・新曲やっちゃいますかね・・リーフ、ハンドレッド・リーズンを爆音で聴きながら、イメージだけが膨らんでいく。。。俺は誕生日をただ盛り上げるイベンターではない・・そこに俺の意思がある。ライブもしかり、俺は会場を盛り上げるだけのエンターテナーではない・・その音と表現には明確な俺の意思が存在するんだ。何をするにしても、断固たる俺の意思が。
  1. 2014/05/08(木) 23:48:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

憎むなかれ・脱ネガティブ

ゴールデン・ウイークも終盤。サービス業の人達にとっては、忙しくて仕方ないだろうけど。バンドやアートはサービス業ではないと思うけど・・副業にしている人にとっては、やはり勝負は休日となる訳だ。そんなこんなで連休終盤、ようやく落ち着いた。ちょうど連休の前日からブログを自粛しなくちゃいけないような状況だった。忙しくもあったが。このブログは基本的に公開できるギリギリの範囲での日記だ。そして起こった出来事を全てポジティブに受け止め、基本的にポジティブな内容にしたい。書いている俺もしかり、読者の方にもポジティブな気分でいてほしいからだ。ただ、生きていればいろいろある訳で・・固唾を呑む瞬間もある訳で・・そんな時もネガティブにはなるまいと・・でもまぁ・・さすがにジャズを流しながら愉快にブログを更新できない日もある訳で(笑)そんな状況・心境の日も。そんな日は、自粛だ・・俺は一人で生きている訳じゃないからね。むしろ「生かせてもらっている」(笑)俺のブログを読んでくれている人は、もしかしたら俺のことが嫌いな人もいるかもしれない、憎んでいる人も、恨んでいる人も、妬んでいる人も・・それ以上にネガティブな感情を抱いている人も・・いるのかもしれない。俺も日頃からすごく気をつけているけど「憎み・恨み・妬み・嫌がらせ・・これらのネガティブな感情は、さらなるネガティブな状況を作り出す」つまりネガティブはさらに強いネガティブを引き寄せる訳だ。これは宇宙の法則だから、絶対にそうなる。そして、そのような言動・行動・感情は全て自分に返ってくる。これも宗教ではなく、宇宙の法則だから、絶対にそうなる。俺もそれを嫌と言うほど経験したから、よく分かる(笑)・・絶対にそうなる。俺はバカだから、この宇宙の法則も歴史からではなく経験から学んだ訳だ。最近よく耳にする「ディスる」とか「闇サイト」とか。そんな言葉にも自らをネガティブにし、さらなるネガティブを引き寄せる・・そんな響きがしてならない。ただし、ヒップ・ホップでいうディスりは別問題だよ(笑)あの手の音楽はディスりのカルチャーだと思ってるから。エミネムのディスりなんて、天才的で芸術的だし(笑)あそこまでいくと、俺は逆にポジティブになれるね。
  1. 2014/05/05(月) 18:11:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad