FC2ブログ

Zoomaism~ズーマの音楽日記~

革靴、革バッグまで戻す

シャツはオックスフォードシャツ、パンツはチノ

未だ服装はカジュアルのままだが、靴は革靴、

カバンは革の手提げに戻した。

スーツの方は、夏用を思案中。

問題は、カッターシャツ。

クールビズの時期はネクタイつけないから、スーツの
良し悪しはシャツで決まると思う。

さらに言えば、シャツの胸元、襟ね。

僕は人より腕が長い割に首が細いから、既製品でジャスト
を探すのは難しい。

腕の長さに合わせると、首がレスラーほど太くないといけない。

革靴しかり、革のバックもクソ重い割に物は出しにくいし、正直不便。

ところが、これが味であって、カバンから何かを取り出すたびに

いちいちカバンを置き、ベルトを外し、また閉じるという行為。

めんどくさいと思えば、それまで。

スーツを着る資格はないと思う。

この工程も余裕をもって、いちいちちゃんとこなす。

間違ってもお弁当箱を一緒に入れたりしちゃダメ。

膨らみすぎたらカッコよくないから。

これも含めてスーツを着るということ、だと僕は思う。

スーツ再生への道は険しく長い(笑)

しかし、これが楽しくてたまらない。
スポンサーサイト
  1. 2019/06/26(水) 08:59:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新スーツスタイル

随分とスーツから遠ざかっていた。

スーツスタイル大好きなんだけど、色々な理由から。

でもまた色々な理由から、スーツスタイルへ戻ろうと思う。

スーツ、実は大好きなんだよね、ネクタイも含め。

これからの時期はクールビズだから、つまらない。

ネクタイなしのスーツはスーツではない、と個人的に思う。

かと言って、真夏のネクタイは死ねる。

まぁ、今から数ヶ月はノーネクタイでやり過ごし、秋からは
本格的にスーツスタイル再始動だ。

カッターシャツの襟、パンツのタッグ、着丈などこだわる箇所には
こだわる、金をかけずにな。

若干、昭和を意識する着こなしが一番好きかもしれない、イタリア系の
細身なのもいいけど。

完全にカジュアルと化した僕の服装をいかにしてスーツスタイルに戻すか・・

いきなり全部はおもしろくない、というか、素材が揃えられない。

手始めに本日は、スニーカーを革靴に変更。

以前スーツを着ていた頃は気付かなかったが、バリバリの革靴は、それなりの
姿勢でそれなりの歩き方をしないと、足が痛くてたまらない。

姿勢が、歩き方が変わる。

あとね、生活自体に余裕が必要になる。

革靴だと早歩きはしない方がいいし、ウォーキングには適さない。

運転しながら食パンとかかじれない、スーツだと。

パンの粉で台無しになっちゃうし。

髪型もピシッとしないとカッコよくないし。

準備の時間、すなわち余裕が必要。

君はスーツの方が似合うよ、とか簡単に言ってくれる人もいるけど、

カッコよく着こなす為には、大変なんだ。

就活用のスーツをいい加減に着ているガキとは違う。

僕のスーツも首吊りの安物だけど、スーツはスーツとして着ないと。

数年振りに着るスーツは、以前よりカッコよく着こなせる気がしてる。

体型も以前の方が締まっていたのに、理由は分からない。

自称息子にも見せておかないと、スーツ姿の僕の背中を。

  1. 2019/06/24(月) 14:24:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛇口朽ちて落ちる

朝起きると、台所の水道蛇口が落ちてた。

文字通り、根元から溶け落ちた状態。

確かに、ぐらついてはいたが、落ちなくてもなぁ・・

寝ぼけてるし、え?えーッ!?ってなった(笑)

状況を飲み込むのに少し時間がかかった。

ぐらついていたやつが、錆びて落ちた・・なるほど、納得。

根元から水は出るが、これじゃ皿も洗えない。

周囲に飛び散って、えらいことになる。

実に困った、何となく、ホームセンターで蛇口だけ
手に入れたら自力で修理はできそうだが・・

週末仕事の類だ、これは。

それにしても今の時代、なかなかないと思うなこの状況。

3人家族で壊れかけの独り用冷蔵庫を使い、蛇口がない台所。

そして寝室にはクーラーがないという・・・

さすがに今年こそはまともな冷蔵庫を調達しないと、その前に
今週中に蛇口修理だ。

いや、そのついでに網戸の張替えも。

のついでに、部屋の隙間をウレタンで塞がないと。

冷蔵庫は腐敗対策

網戸は虫対策

隙間はゴキ対策

我家にとっては、夏は戦場なんですよ、マジ(笑)
  1. 2019/06/21(金) 12:19:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

令和の牛若丸

友人から小兵力士「炎鵬」について書いてほしいと
依頼?がきた。

令和初の優勝力士が平幕だったこともあり、世代交代を
感じさせるとか、その流れで炎鵬の記事をとのこと。

間違いなく世代交代は始まっている、もう一目瞭然だ。

炎鵬、令和の舞の海だよね(笑)

舞の海が平成の牛若丸だから、令和の牛若丸だよ。

体型もあのポーカーフェイスぶりも、よく似てる。

同じ小兵でも、照強、石浦、宇良などとはタイプが違う。

一番舞の海に近いとことにいると思う。

炎鵬は、宮城野部屋であるが、横綱白鵬の内弟子であり、白鵬が入門前から
その才能に目をつけていたらしい逸材。

入門前の学生時代にすでに多くのタイトルを取得しているが、
付出し資格は得られず、前相撲から相撲を取っている。

ここからが凄い、入門して序の口、序二段、3段目で連続優勝!
つまり、3場所連続優勝!しかも3場所全勝で!

あの体型で、あり得ないよね、この時点で化け物だよ。

ちなみに身長は僕より低い。僕が172センチだから、考えたら凄いことだ。

舞の海は新弟子検査でシリコンぶち込んで確か170数センチだから、
おそらく今の炎鵬くらいだったのだろうと思う。

いずれにせよ、僕より低い。

舞の海は、学生時代の全日本ベスト32が認められ幕下付出60枚目資格
を得て入門。

その後、最高位は、三役の小結にまで上り詰め、三賞は技能賞5回

まさに技のデパートの名を欲しいままにした。

炎鵬が今後、どんな活躍を見せるかは期待しかないが、取り口から
二人を比較してみるのもおもしろい。

決まり手を比較すれば、おのずとその勝ちパターンが見えてくる
ものだが、注目すべきは決まり手以前の攻め方にある。

舞の海の相撲は、あくまでも奇襲、一方で炎鵬はある意味で正攻法。

つまりお互い、相手の中に潜る訳だけど、その潜り方が全然違う。

そしてさらにおもしろいのは、潜ってからの身体の寄せ方。

舞の海は切り返しや下手投げなど、できるだけ相手に密着した形で
技を繰り出すのに対し、炎鵬の投げや捻りは、潜ってはいるものの
タイ(身体)が離れていることが多い。

共通して言えることは、どちらも運動神経が半端ねぇ。

とまぁ、これだけでも随分と長くなってしまった。

次回の取組みを観戦する際に、何かのお役に立てば。

それでは、ごっつぁんです。

  1. 2019/06/20(木) 06:52:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

6/19ライン@掲載記事「騒音苦情」

ついに苦情が出た。

早朝に何処からかドコドコ音が聞こえる、と。

うちは赤ちゃんがいるのに、ホント困るわ、なんて。

確かにエレドラと言えど、すげぇ響くからなぁ・・

騒音苦情の犯人は確実に僕だ。

ここは生まれ育った土地じゃない、僕が折れるしかない。

これで、朝錬はもうできない、困った、実に困った。

そうこう言っているとまた風邪をひいてしまった。

熱も出るわで、これまた別の理由で練習できない。

まったく、音楽辞めろってことか、なんて半分本気で考えながら、

熱が下がるのをやり過す。

あぁ~また仕切り直しか・・

諦めた時点で試合終了なんで。

しばらくしてなかったが、イメージトレーニングってのもあった。

これはうまくやれば、かなりの効果が期待できる。

軌道修正のタイミングだったのかもしれない。

まぁ、そう熱くなるな、落ち着け、力を抜けと。

プロセスも含め、人生そのものを血肉とした作品を残す。

そう思えば、朝錬の苦情も鼻くそみたいなもんだ。
  1. 2019/06/19(水) 06:19:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad